TROUBLE

HEADLINE

『クレイジージャーニー』ヤラセで放送休止 生物を準備 爬虫類ハンター加藤氏は被害者!?それとも・・・

TBSは11日、バラエティー番組『クレイジージャーニー』(毎週水曜 後11:56)の8月14日放送回で「生息域を捜索したものの発見できなかったことから、事前に準備していた生物を放ち、撮影しました」と報告し、調査が完了するまで放送休止することを発表した。

調査により、過去11回の放送で事前に準備していた生物は、合計15種類にのぼることも明らかになった。

問題となったのは、爬虫類ハンターの加藤英明氏がメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画。

放送では6種類の生物が紹介されたが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していた。

番組公式サイトでは「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています」とし、視聴者をはじめ加藤氏や関係者に謝罪した。

[via:オリコン]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000356-oric-ent

「クレイジージャーニー」からのご報告とお詫び
2019年9月11日

8月14日放送の「クレイジージャーニー」2時間スペシャルと、その日の深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送しました。

放送で紹介した生物は6種類ですが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していたことが放送後の調査でわかりました。

準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています。

視聴者の皆様、当企画にご出演いただいた加藤英明さん、また、番組にご出演いただいた方々および関係者の方々に深くお詫び申し上げます。

メキシコロケは7月2日から5日にかけて4日間行われました。現場ロケを担当した番組スタッフは、狙った生物を捜索しても発見できない場合を想定して、あらかじめ狙った生物を準備しておこうと考え、現地の協力者に依頼していました。

そしてロケでは、放送で紹介した6種類のうち4種類について、生息域を捜索したものの発見できなかったことから、事前に準備していた生物を放ち、撮影しました。

メキシコロケで事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況は以下の通りです。

1.メキシコサラマンダー
現地協力者が湖で事前に捕獲した個体をネットの籠に入れ、同じ湖に放ちました。

2.アリゲータートカゲ
地面に数センチの穴を掘って、事前に捕獲した個体を放ちました。

3.メキシコドクトカゲ
現地協力者が個体を岩の下に放ちました。

4.ヘルメットイグアナ
取材した大学にお借りし、大学施設内の生息可能性のある場所に放ちました。

この爬虫類ハンター企画について過去にも同様の手法がなかったかどうか調査をすすめております。

過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したものですが、11種類は事前に準備していたものであることが現時点で判明しています。

過去10回の放送分は全て、今回のメキシコロケを担当した番組スタッフとは別のスタッフが担当していました。このスタッフによりますと、加藤さんには事前に準備していたことをお伝えしていなかったということです。

また番組スタッフは、現地の協力者が個体を捕まえた場所に、ロケ当日か前日に個体を戻してもらうことを依頼し、ロケ本番時その場所で捜索、捕獲していたということです。

今回の事態を私どもは重く受け止め、当番組は調査が完了するまで休止します。

番組を御覧いただいている視聴者の皆様に重ねてお詫び申し上げます。
過去10回の放送で、事前に準備した11種類の生物は以下の通りです。

2017年 2月9日 マダガスカル前半
・ヘサキリクガメ

2017年 2月16日 マダガスカル後半
・ラボードカメレオン

2017年 8月16日 カメルーン(ゴールデンSP)
・ゴライアスガエル

・ニシアフリカコビトワニ

2018年8月8日 キューバ
(ゴールデンSP/同日レギュラー枠)
・ヒメボア
・キューバボア

・フトヒゲカメレオンモドキ

2019年2月6日 南アフリカ前半
・アフリカウシガエル

・タマゴヘビ
・パフアダー

2019年2月13日 南アフリカ後半
・ノドジロオオトカゲ

計11種類

[via:クレイジージャーニー公式サイト]
https://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

サイトでは事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況も詳細に説明。

さらに、爬虫類ハンター企画の過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したが、11種類は事前に準備していたものであったことも判明。

なお、スタッフによると加藤氏に事前に準備していたことは伝えていなかった。

2015年4月スタートの同番組は、独自の視点やこだわりを持って世界&日本を巡る“クレイジージャーニー”たちが、その人だから話せる特異な体験を語る、伝聞型紀行バラエティー。

スタジオではMCのダウンタウン・松本人志、バナナマン・設楽統、女優の小池栄子の3人が話を聞く。今日11日には「日本最速パイロット!世界一の座へ!」を放送予定だった。

番組公式サイトには謝罪説明文が掲載され、9月18日発売予定だった『クレイジージャーニー VOL.8』をはじめとする番組DVD紹介ページは、現在「指定されたページが見つかりません」と表示されている。

同番組については、先月29日発売の『週刊文春』が演出を担当するディレクターのパワハラ騒動を報じていた。

同局は5日、先月11日放送の『消えた天才』において、当時12歳の少年の野球の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで、実際の投球よりもストレートの球速が速く見える“加工”を行っていたことを報告し、調査完了まで放送を休止することを発表していた。

[via:オリコン]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000356-oric-ent

ネットの反応

・まじかよ!がっかりだわ
・やっぱりやってたかw
・ガチ感で勝負してた番組だけに痛すぎるな
・あーあ。やらせかまっつん。
・松本の番組こんなのばっかだな はよ動けよ
・ん?車の中から見つけて飛び出していって捕獲するハンター能力ももしかして。。。
・だろうね あんな都合よく爬虫類が登場するわけねーもんな
・あーあの回か。バンバン手掴みで捕獲とかおかしいと思ったわ
・この番組の時の加藤先生、目がいっちゃってて面白かったのにな ヤラセだったんか
・うわー加藤さんかわいそう
 >加藤さんが認識してなかったとでも?
 >奴も共犯じゃね?
・加藤は被害者なのか、それならまだマシだったけど一番最初に売り出してくれた番組だしショックだろうなぁ
 >ほんとに知らなかったのかなー?
 >しらんわけない
・加藤に知らせてないって絶対嘘だわ ばれないように自然の中にちっこいトカゲ配置して逃げられないうちにそれとなく見つけさせるとかできっこない
・あの捜索スタイルの撮影で事前に準備してるのを加藤が気が付かないって無理だろw
・爬虫類ハンターTVのお仕事終わったな 本業に専念してください
・この程度のヤラセで自粛してモニタリングを放送し続けるって何のギャグだよ
 >加藤さんの偶然見つけるハンティング能力が醍醐味だったんだからモニタリングとは比べ物にならん
 >モニタリングはあれ川口浩探検隊みたいなもんだからなぁwこれはガチ感装ってたから悪質
・ゆけーゆけー♪川口浩♪
・他局でもやってるやろ 東京の川魚とか
・池の水も芋づるきそうだな
・こういうの無くならないね
・イッテQよりマシ
・消えた天才といいどっから漏れてるんだ 自浄作用とは思えないがTBS内でなにかあるのだろうか
・バラエティ番組だから演出でいいんじゃね ドキュメンタリーなら問題になるの分かるが
・ネタ切れ番組を引き延ばした結果ってゆーか、他にもやってたんだろうね
・これやっちゃったらぜんぜんクレイジーじゃねーよなぁ。打ち切りだよまっつん。
・このあいだ久しぶりに見たら日本のラッパーがどうのこうのってやってたけど完全にネタ切れしてたっぽいね
・そろそろ終わって良い頃合いだな
・加藤の回だけやめればいいだけだなこれ ゴンザレスとかやってくれ
・本当に知らなかったとしたら加藤さんが受けるショックは計り知れないね。
・知ってて飛びついて捕まえてたとかだと、まじでドン引きだもんなー。
・加藤先生の子供のような目に噓はなかったと信じたいが・・・。
・多少のシコミは問題無い気もするけどなぁー。
・ディレクターがジャーニーたちに失礼な態度だから嫌い
・オッパイ出してるのも偽乳かよ
・あーあ、せっかく面白い番組だったのに 他のクレイジーたちも嫌なきもちになるわな

関連商品

コメント

  1. 10
    名無しさん 2019/09/16 0:55

    もし本当に専門家なら簡単にみつかっておかしいと思ってたはず よって知らなかったとしても未必の故意

  2. 9
    名無しさん 2019/09/14 9:19

    だいたい完全に樹上性のアオキノボリアリゲータートカゲが地面の浅い穴の中にいて捕獲とか、爬虫類の知識がある研究者(加藤先生とやら海外で最終繰り返している割に学術論文ほとんど書いてないけど)がおかしいと思わないわけないでしょ。本人も承知だよ。どうせ、現地の動物用意している人は勝とう背隠棲の紹介でしょ。

  3. 8
    名無しさん 2019/09/12 19:09

    グルだったら切ないなあ。。。。
    そんなことしない人だと思ってたのになあ 本当に糞テレビ オウムTBS だないつまでたっても変わらない

  4. 7
    名無しさん 2019/09/12 14:46

    放送免許取り消せよ

  5. 6
    名無しさん 2019/09/12 8:42

    バラエティ番組がオールガチなわけないだろうに•••
    何故令和になってもオールガチ説を信じ切っている輩多い?
    如何にガチ感を出すのか?の演出番組でしかない

  6. 5
    名無しさん 2019/09/11 22:34

    こう言う番組、外注で作ってるから局の目が行き届かない事も多いみたい
    ナスDとかいかにもいかがわしいのは笑って見逃してたんだろうけど
    囲碁の藤沢秀行という昭和の巨匠の話やってたのなんか良かったけどな

  7. 4
    名無しさん 2019/09/11 22:25

    クレイジーなんだからディレクターもクレイジーでいいんじゃない?

  8. 3
    名無しさん 2019/09/11 21:11

    丸山ゴンザレスの回とかもそういう目で見てしまうやん…

  9. 2
    名無しさん 2019/09/11 20:11

    最初はガチだったんだろうが、人気出てきてヤラセをするようになったんだろうな。
    イッテQとかは大丈夫なの?

  10. 1
    名無しさん 2019/09/11 18:44

    スタッフ、もしくは現地の業者が爬虫類を用意して横で待機してるのに、加藤さんは知らなかったんだ。凄いなーっ。何も見えてなかったんだ。
    じゃあ、自分は天才ハンターだと勘違いさせちゃいましたね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事