TROUBLE

HEADLINE

要らぬ火種を撒き散らす西川史子「犬のゲロ」発言で甘酒大使クビ騒動

女医でタレントの西川史子(43)の”失言”が、スポンサーから契約解除される事態を招いてしまった。

1月20日に原宿のカフェで行われた『森永甘酒ビューティーメニュー発表会』に”甘酒ビューティー大使”として登場した西川だが、発表されたオリジナルメニューについて「犬のゲーみたい」と笑い飛ばし、PRキャラクターを即日クビになっていたと、3月12日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が伝えている。



西川史子 甘酒ビューティー大使即日クビに



同誌によると、イベントの序盤で甘酒の健康的効果や食物繊維の解説を行った西川は「オナラ」や「ウンチ」などシモの話を乱発し、会場の雰囲気を悪くしていたという。

さらに、カフェとのコラボメニュー『みかんと皮ごとキウイの甘酒スムージー』が登場すると、

「なんか汚い色ですね」

「まずくはない」

と感想を述べ、続けて運ばれてきた『甘酒エッグスラット』と『甘酒チャイ風』を見るや、爆笑しながら、

甘酒チャイ風
「うちの犬のゲーみたい」

 と言い放ったという。

このため当初は「今年から西川さんを起用する」としていた主催者が、イベント終了後「西川さんは今回だけの起用です」と伝えてきた、というのだ。

芸能界追放寸前に追い込まれた過去も

西川といえばタレント活動をスタートした当初は、セレブで毒舌なキャラを演じていたものだった。しかし、2009年に元議会議員で会社員の男性と婚約・翌10年に挙式した頃から少しずつ大人しくなり、ネット上でも「キャラ作りで無理していたのでは」と指摘されるように。

ところが2014年に離婚が成立した頃には、テレビで突然目に涙を浮かべるといった、情緒不安定な様子に心配の声が出るようになっていた。

そして今回は”スポンサー軽視”というあってはならない大失言だが、西川の発言によるトラブルは今回が初ではない。一時期はそのイザコザから、”芸能界追放”寸前だったとか。

「大騒動に発展した芸能人のペニーオークション事件の際に、西川は有名モデル・Kに対して、テレビの生放送で『やってることに品がありませんよね。顔も見たくないくらい嫌です!』と切り捨て、その後Kは一時期芸能活動を休止するハメになりました。



西川史子 小森純



その一端を担うこととなった西川の発言に、Kの所属事務所は大激怒。かつて西川が『絶対に痩せるサプリ』といった”詐欺広告”のキャラクターを務めていた過去を、複数メディアに情報提供して、一部スポーツ紙が『各事務所が西川を”共演NG”に指定した』と報じることとなったんです。

今回の『犬のゲー』発言にしても、自身の面白キャラを成立させるためのリップ・サービスだったのかも知れませんが、西川の毒舌は少々危うすぎるところがありますね」(週刊誌記者)

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9879496/]

□ 「今夜くらべてみました」で、西川史子が爆弾発言の過去

「西川は突然、『紳助さんと手つなぎながら(スタジオに)入って行ったりするじゃん。見たもん』と事前打ち合わせになかったお題を話し始めた。



西川史子 小林麻耶



元TBSの小林麻耶は真っ赤になって完全否定していたが、あまりの慌てぶりに司会の後藤輝基もびっくりしていた。これで再び『紳助の女』というイメージが呼び起こされ、今後は彼女をバラエティでは起用しづらくなった」(テレビ関係者)

[引用/参照:http://www.asagei.com/29431]

□ 好感度が一転 セレブ発言に反発相次ぐ

『解決! ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に出演した西川は、離婚の一因として「生活費でもめた」と告白。

西川は結婚後、夫が支払っていた家賃とは別に、生活費として60万円を渡されていたが、「そんなにいらないんじゃない?」と言われ、10万円ずつ減らされていったという。

西川といえば、もともと性悪な高慢キャラでブレークしたタレント。整形外科医の父を持ち、裕福な家庭で育った彼女は、結婚前にたびたび「年収4,000万円以上の男としか結婚しない」などと発言。

さらに、離婚後の1人暮らし用に総額2億数千万円のマンションを購入したことを明かしており、一般的な視聴者と生活水準が異なることは明らか。

端からセレブキャラを隠していない西川が、なぜ今回、この程度の発言で反感を買ってしまったのだろうか?



西川史子 豪邸マンション



「好感度の代償でしょう。かつては、業界タブーである芸能人の整形を暴露するなど、毒舌をまき散らしていた西川ですが、婚約発表と同時にキャラを封印。

その後は、ご意見番としてスキャンダルに真っ当な発言をしたり、自身の寂しい生活を自虐的にネタにするなどし、主に女性視聴者の共感を得ていた。

そんな好感度を獲得した今の彼女が、『生活費に60万円』と生々しい数字を明かしたことで、一部視聴者が『感覚が違う……』と引いてしまったようです」(芸能ライター)

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9724647/]

【関連商品】



関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事