TROUBLE

HEADLINE

泰葉がブログで小朝を告発 20年にわたる暴行や異常性行為…坂口杏里救済計画も!?

タレント・泰葉(56)が24日、ブログを更新し、元夫の春風亭小朝(62)を告発することを表明した。

ブログでは「私、泰葉事 海老名泰葉は 元夫、春風亭小朝事 花岡宏行を20年にわたる暴行(Domestic violence)いじめ(Power hrunsement)異常性行為(Sexcial hrunsement)全てを網羅した虐待をここに告発します」(原文ママ)としている。

「私の双極性障害の原因はこの虐待によるものでした

しかし私も悪いのです

階段から突き落とされ肋骨にヒビが入る怪我をしたり

生命の危険を感じる暴行を加えられた時に通報する勇気があればよかったのです

本当に長い長い苦しみでした

よく耐え忍んだと思います

この告発にはどれほどの葛藤と勇気が必要で

どれほど悩み抜いたかどうかご理解ください」

と訴えている。なお、具体的に行動しているかどうかは明らかにしていない。

泰葉は、初代・林家三平とエッセイスト・海老名香葉子さん(83)の次女で、1988年に小朝と結婚。2007年11月に都内のホテルで金びょうぶの前で小朝同席で離婚会見を開いていた。

その後、小朝に対して「金髪豚野郎」と語るなど、波紋を呼んでいた。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000120-sph-ent]


離婚会見時

坂口杏里救済計画も!?

泰葉はブログで「私の告発と同時に 坂口杏里救済計画を発足します まず母坂口良子様とは旧知の仲でした 素晴らしい女優でした でも 男運最悪でした 彼女のためにも杏里をなんとかしましょう」と救済プランをぶちあげた。

しかし、実行は泰葉のブレーンとファンの対応次第とした上で、「私はもっとひどい女を 救済し幸せにした実績があります 杏里がバカのままでは仕方ありません その時は見放します 私はそういうことにとても厳しい人間です」としている。

泰葉は21日のブログで「最低、最悪です 何ですか 坂口杏里 二世タレント 笑わせます 一緒にしないでください」とコメントし嫌悪感を示していた。

一方で、告発については22日のブログで

「坂口杏里が たった三万円で逮捕されちゃうって報道みて じゃあ私がされた事を通報しちゃったら 相手は完全に監獄行きだなって ハット気がつきました しかしもう時効 でもここでみんなに告発することにしました」

と告発をにおわせていた。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-01812659-nksports-ent]

泰葉が離婚の真相を語る[2017.1.13]

泰葉が12日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」に出演。元夫の春風亭小朝との結婚式や離婚にいたった理由まで赤裸々に語った。

金銭的にも恵まれ、充実していたと結婚生活について語る泰葉に、番組MCのネプチューン・名倉潤が「なんで離婚するんですか?」と質問すると、「やっぱり歌いたくなっちゃった」と返答。

「小さい頃から三味線、ピアノ、長唄全部やらされて」と、幼少期から芸事の厳しさを教え込まれて育ち、歌手として活躍していたが、結婚を機にすべて夫に尽くす裏方から表舞台に出たくなった理由を語った。

名倉が「それはそれでいいじゃないですか、(結婚生活続けながら、歌手も)やれば。離婚する必要はないですよね?」と、さらに核心に迫ると、泰葉は「1つだけね…」と困惑気味に「私ね、太った人が嫌いだったの~!」と衝撃の告白。予想外の離婚理由の真相に、共演者一同、あぜんとしていた。

[via:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/13/0009825723.shtml]

泰葉“うつ闘病”を告白[2016年10月30日]

芸能活動を本格的に再開することを発表したシンガー・ソングライターでタレントの泰葉。会見では、2007年に春風亭小朝と離婚した後、双極性障害によるうつ状態と闘っていたことも明かした。

「結婚以来20年近くおかみさん業に徹していたため、その反動でロケットが噴射したようにものすごく気分がハイになってしまったんです。仕事が楽しくて楽しくて仕方がない。

そのいっぽうで、人と衝突したり、スタッフにダメ出ししたりすることが増えてきて。自分でも『ちょっと尋常じゃないな』とは思いましたが、そのときは毎日が楽しすぎたため、まさか病気だなんて気づきもしませんでした」

だが、それから3年が過ぎたころ、今度は体に異変が起こり始めた。

「疲れやすくなったり、起きられなくなったり。おなかの調子もとても悪くなりましたね。あんなに楽しかった仕事もあまりしたくなくなって、人と話すことも苦痛になってきた。ハイだったときの反動が、じわじわ襲ってくるような感じでした」

離婚翌年の08年にブログで、元夫のことを「金髪豚野郎」と非難したが、その発言に対するバッシングもあった。徐々に気落ちしていく泰葉は「何であんなひどいことを書いてしまったんだろう」と、今度は自分を責めるようになったという。

「薄紙が一枚一枚重なっていくように、どんどん気持ちがなえてきて、『どうして生まれてきたんだろう』『何で結婚したんだろう』と、自分を責め抜くようになってしまったんです。

そうしたら最終的に、死にたくなってしまいました。当時の記憶は割とぼんやりしているんですけど、このときに『このままじゃ死ぬ。何か治療をしないとダメだ』と、気づいたことは確かです」

受診した大学病院の精神神経科で、「双極性障害によるうつ状態です」と告げられた泰葉。ショックを受けるよりも、「むしろ安堵した」という。

「離婚したのは、自分の音楽を取り戻したかったからなのに、レッスンもままならない……。そんな葛藤に苦しめられました。音楽どころか、『死にたい』と、そればかり思ってしまうんです。

この死にたいという感情を、誰か消し去って!という叫びで心の中はいっぱいでした。うつ病のいちばんのつらさは、生きる自信がなくなることですね。

頭痛がするなら痛み止めを飲めばいいかもしれませんが、心の痛みはどうやっても取れないんです。これは経験した人にしかわからない。本当に“地獄”でした」

[via:女性自身]
http://news.livedoor.com/article/detail/12216321/

【関連リンク】
泰葉オフィシャルブログ「Yasuha Style」

ネットの反応

・三平なんとかしろ
・坂口杏里話題に便乗して、まーた始まったなw
・メンヘラvsサイコパス?
・異常性行為をもっと詳細に書いてくれ(;´Д`)ハァハァ
・かまってちゃん
・離婚したの何年前よ(´・ω・`)
・だったら弁護士つれてとっとと訴えろっての
・離婚会見のときに、ヤスハは「好きです、けど分かれます」みたいなニュアンスで言ってなかったっけ
・いまさら無慈悲な爆撃とかw
・小朝ネタでしか食ってけないんだからしょうがない
・薬足りてないぞ
・春になると悪化するんだよな
・暴力なんかあれば、海老名家が大騒ぎになってるだろ。
・全く治ってない
・もうワイドショーも食いつかないだろ
・小朝はネチネチ陰湿な事を言いそうだなあ
・今すぐ入院させろ
・時々噴出するけど間欠泉かよ
・フライデイ・チャイナタウンは今聞いても名曲
・藤谷美和子、石原真理子、泰葉で対談をして欲しい
・有吉って泰葉のネタぱくってたんだな 今気づいた
・その内、小朝師匠が名誉棄損で訴えるんじゃないか?海老名一族に遠慮して堪えるのにも限界がありそう
・泰葉ってひとプロレスデビューとかしてたのか。。

桂三木助の自殺は小朝のいじめ[追記]

24日夕に「告発2」のタイトルで更新したブログでは「春風亭小朝に被害を受けたのは私だけではありませんでした」と切り出し、「故四代目桂三木助の自殺は小朝のいじめによるものでした これは落語界の中では周知の事実です」とつづった。

さらにブログでは「命まで奪った小朝は心から三木助に謝罪してほしいと思います そして私も謝ります 三木助 ごめんね 助けてあげられなくて」などと記述している。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000095-dal-ent]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事