TROUBLE

HEADLINE

【たけし独立の真相】たけし軍団が声明 森社長の“カネと裏切り”暴露「明らかな違法行為」

浅草キッドの水道橋博士(55)が1日、ブログを更新。師匠のビートたけし(71)が所属事務所「オフィス北野」から退社、独立した経緯を説明した。

同時間につまみ枝豆(59)らほかのたけし軍団メンバーもブログで声明文を発表した。

「オフィス北野は1988年、たけし&たけし軍団の新会社として設立されました。芸能事務所ではありますが、師匠は芸に徹するため、経営、財務については森昌行社長を信用され、全面的に任せておりました」と所属事務所、オフィス北野の経営体制について説明。

続けて「が、数年前、師匠が保有する別会社の株式に関する疑義が発生した際に、師匠が不審に思い、事情を調査したところ、明らかな違法行為があり、この出来事をきっかけにして、オフィス北野の経営も、改めて確認されたいと申し出たところ、その結果は思わぬ方向に波及してしまったことが、今回の騒動の引き金になっております」と明らかにした。

ブログではオフィス北野で発覚した事案として

(1)たけしが知らない間に森社長がいつの間にかオフィス北野の筆頭株主になっていた

(2)森社長はじめ会社の役員報酬がたけしにとっては容認できない水準になっていたと2点挙げた。

問題発覚後、オフィス北野が赤字に転落。たけし本人が経営の問題点を指摘し、改善を迫ったが是正されなかったという。

「今年3月に入り、師匠がしびれを切らして独立する旨、及び、これに伴いオフィス北野の役員及び株主から退きたい旨の意向を受け、森社長は、師匠の意思を尊重し、またオフィス北野とは袂(たもと)を分かち、別会社として独立後、協力していくことが確認されました。これが、世を騒がした、ビートたけし独立の経緯です」と説明した。

[via:スポニチアネックス]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00000206-spnannex-ent

水道橋博士「追撃」におわせ

たけしは1日から新会社「T.Nゴン」に拠点を移した。同社は愛人とされるビジネスパートナーの女性と3年前に設立。

一部週刊誌の「たけしが女性に洗脳された」との報道に、軍団は「独立に女性が影響を及ぼす余地があったとは、到底思えません」とした。

“たけし独立記念日”の声明文。関係者は「たけしさんの意をくんだものでしょう。タイミングを見計らって発表したのでは」とみる。

一方、森社長はスポニチ本紙の取材に「このような文書がインターネット等を通して一方的に流されたことに驚きを禁じ得ません。内容についても極めて不本意であります」とコメントし後日改めて対応する意向だ。

水道橋はツイッターで「まだまだ、何発も残っているがよぉ」と追撃をにおわせた。

【騒動経過】

▼3月14日 ビートたけしの「オフィス北野」退社、独立をスポニチ本紙がスクープ。それを受け、ガダルカナル・タカがテレビ番組で「我々は残る」と事務所残留を表明

▼16日 タカが「どこかで森社長と方向性が違ってきてることを感じてたんで、そういうことも(独立の理由に)あったんじゃないかと思います」と番組で発言

▼17日 たけしが騒動に初言及。生放送に出演し「オフィス北野って俺の事務所だよ?俺の事務所を俺がやめて誰に文句言われんのよ」などと発言。新事務所「T.Nゴン」の名前の由来などを説明

▼31日 たけしがオフィス北野を退社

[via:スポニチアネックス]
http://news.livedoor.com/article/detail/14518140/

たけし「あまり、きつくやりすぎるな」

軍団は1~2週間前から、たけしの指示ではなく自発的に弁護士と相談しながら文面の作成に着手。公表前にたけしに報告すると「あまり、きつくやりすぎるな」といわれたという。森昌行社長(65)には事前報告せず、たけし軍団一同の名前で実行した。

ダンカンは、森社長との関係について「仲が悪いわけではない。映画に重点が置かれていた状況でも、『お笑いのこともやってよ』といえるぐらい気をつかわない間柄」と説明。

声明によって「森さんが悪者に見えちゃうかもしれないけれど、会社を始めた30年前を思い出し、殿と軍団、会社と膿を出し切ってもう1回、一枚岩でゼロから出直そうということです」と熱弁。改めてオフィス北野に残留することを宣言した。

同社の役員だったたけしは、その株を処分して事務所の運営資金として渡しており、テレビで「お金を何億もあげた」と明かしていた。

ダンカンは殿の独立を受け、「退社も考えた」と本音ものぞかせたが、「たけしさんが軍団のために株を分配してくれたから、そこを守っていこうと」と師匠への恩義が大きな残留理由だとした。

師匠とは今月から別の事務所に分かれたが、「関係は変わらない。3、4日前にも飲んだんです」と絆を強調。たけしの残してくれた会社をしっかり再建していく。

[via:サンケイスポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/14518224/

「ズバリ、カネと裏切りです」

ビートたけしの事務所からの独立問題が騒ぎになっているが、フライデーによれば、何で飛び出したのかといえば、「ズバリ、カネと裏切りです」と元たけし軍団のメンバーA氏がいっている。

たけしは、テレビやCM、映画などで年間20億円近く稼いでいるというが、それなのに「オフィス北野」は赤字だったそうだ。そこでたけしは「社員と芸人の収入の資料を出せ」と迫ったという。

するとマネージャーは新人でも年収500万円。2~3年で800万円になり、10年を越えれば1000万円。主任ともなると2300万円で、森昌行社長にいたっては1億円近いというので、たけし殿様はビックリ。

それなのに、井手らっきょの年収は100万円くらい。井手が可愛そうじゃねぇかと殿が切れたそうだ。

週刊ポスト連載で、たけしは今度の騒動について、こうしゃべっている。

「正直なところ、スタッフやら軍団以外のタレントも増えて、そっちがブクブク膨らんでいって、一方で肝心の軍団のメンバーが食えなくてヒーヒー言ってる状況があった。結局、オイラがジャンジャン稼いできても、そういう本来大事にしたいところが上手くいってない感じが続いていたんだよ。

本当ならマネージャーやらスタッフはそういうタレントたちに仕事を持ってきて、それぞれが自立していかなきゃいけない。それがスジだろう。なのに結局オイラに依存したままで、売れっ子をほとんど作れなかった。

そういう地道な仕事をしないで遊んでるヤツラを食わせるためにオイラが70過ぎてガンガン働いてる状態ってのは、とても健全な組織とはいえねェよ」

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/tv/2018/03/31325045.html?p=all

もう映画は撮らねーよと啖呵

オフィス北野には、芸能マネージャー以外にも“北野組”と呼ばれる、たけしが映画を撮影する際のスタッフが在籍している。

たけしの独立で、オフィス北野が軍団だけの会社になった場合、映画専門の社員は不要となる。「たけしさんは、“もう映画は撮らねーよ”と啖呵を切ったようです」(民放局関係者)

では、もう北野映画は見られないのだろうか?

「北野作品は世界的な評価も高く、『アウトレイジ』シリーズのように興行的に成功を収めている映画も多いため、絶対にまた映画を撮るはずです。

たけしさんなら、製作委員会を作って資金調達できますし、北野組で仕事をしてみたいスタッフも大勢いますから、北野映画が見られなくなることはないでしょうね」(同)

[via:日刊大衆]
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12205-32410/

【関連リンク】
水道橋博士の「博士の悪童日記」 : 「報道されている、師匠・北野武氏の独立について」

ネットの反応

・森社長が悪さしてたってことか?
・何で一々炎上させるんだろうな
 たけしが自分から言うならまだしもこんな小物が口を出すな
・もう映画撮れないな
・なんか昔の格闘技団体PRIDEを思い出すわ
・違法行為なら逮捕しないと
・当初の「愛人の事務所に移籍するため」って報道は誰が流したの?
・めちゃいけで会社が乗っ取られたって言ったのはこのことか
・オフィス北野の社員が2300万円、森社長1億円、そして井出らっきょの年収100万円には笑った
・森におこってるなら軍団なんで引き連れてかないの?
・元から、タケシ個人の会社ではないってのがミソなんだよね 制作会社 東通の会社だった
 その東通が潰れる事になって緊急でオフィス北野の株式を森に売却した その手続が合法か否ってのがポイント
・今のたけしの行動から察するに法的には不利なんだろう だから独立という荒業を使った
・永ちゃんといい金持ちは側近にやられるパターンが多いな。
・森社長自身が、不本意とだけ言っていて事実関係について何も反論していないのが今
・全幅の信頼が仇になり、ノーチェックで脇が甘かったってこと。
・なんか最初は円満な雰囲気だったのに 間際で色々出てきたな
・第二ラウンド開始って事だろうな。森と一緒にやって行くと書いておきながら間逆の行為をしてるし
・たけしはどう思ってるか知らないけど、軍団は森達を許すつもりがないって事じゃないかな。
・もうこれ軍団も事務所辞めそうだな。
 ここまで明確に社長を避難しちゃったら社長も引き下がれないでしょ。

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2018/04/06 1:33

    そのそもたけし軍団は不良債権だから、親分のたけしも、愛人と二人で軍団を切り離して、楽な生活をしようと、画策、愛人の言いなりで、給料を事務所1:9の取り分にすれば、事務所は立ちいかない、自然倒産をたけしと愛人が画策したが、軍団がまんまと、社長との不仲と文句は持ち出して、たけしに逃げられないようした。感じに見える、しらんけど。

  2. 3
    名無しさん 2018/04/04 18:15

    バーニングの傘下だったけど
    それも外れるのか

    息子への財産譲与の為の茶番だと言う説も

  3. 2
    名無しさん 2018/04/03 0:20

    >>1
    歩合制か給料制かにもよるだろ
    軍団員を食べさせる為ってニュアンスだから給料制なんじゃね?

  4. 1
    名無しさん 2018/04/02 23:20

    たけしの発言を盲信する風潮がある。
    たけしの言うことは正論だと盲目的に信じてしまう世の中では森社長が一方的に悪者になるのだろう。
    確かに法律的には業務上横領の可能性はあるし、社員の高給で赤字になるのは経営の失敗の責めを負われるのは必至。
    でも今の時代に井手らっきょがどれほど売れるのか?食えなくてヒーヒー言ってるのは事務所の売り込みが足りないからか?
    売れない芸人の給料が少ないのは当たり前だろう。
    たけしの発言で「遊んでる奴等を食わせる為にオイラが働いてる状態ってのは健全とは言えない」というのは売れない弟子達に対しても言える事。
    マネージャー達は長時間勤務で地道にコツコツ売り込みをしてるのかもしれない。
    それでも売れない井手らっきょやつまみ枝豆を働いてないのに高給を出せと言うのか?
    その方が健全とは言えない。
    たけしが軍団を食わせる為の事務所なのだろうが、結局は働かない子供達を親であるたけしが甘やかしているというのが現状だろうが。
    “芸は教えるものじゃない”が信条のたけしが芸を何も教えず、売れない弟子をたくさん採ってしまうのが悪いとも言える。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事