TROUBLE

HEADLINE

オフィス北野 内紛激化で解散も…森社長vsたけし軍団の対立は「もう収まりがつかない」


たけし軍団が、師匠のビートたけし(71)が1日にオフィス北野から独立したことの“真相”とする声明文を発表。

一夜明けた2日は意思を表明していなかったガダルカナル・タカ(61)が日本テレビ系「ミヤネ屋」にVTR出演した。

会社を私物化したとする森昌行社長(65)に対して「師匠に謝罪してほしい」と求めたが、行動に移したと説明。森氏が「不本意」と表明したことに「不本意と言っていることが逆に不本意」と不満を爆発させた。

オフィス北野の内紛が表面化したことを受け、業界関係者からは“事務所解散”という厳しい見方も飛び出した。

関係者は、過去にオフィス北野と仕事した経験を持ち、内情を知る人物。

「森社長に対するこのような告発が所属タレントから出て、それが大きく報道されている。この状況ではもう収まりがつかないでしょう。

マネジャーらスタッフもやめており、事務所としても成り立たなくなっている。このままでは“解散”でしょう」と指摘した。

実際に、騒動が表面化して以降、多くのスタッフが退社しているという。

現時点で、たけし軍団は師匠の意向に従い、オフィス北野に残留する方針だが、森社長との溝は深刻で、別の関係者は「修復できるとは思えない」とも。

今回、ブログなどで声明を発表しなかった軍団のメンバー関係者も「残る方向で静観しています」と今後の離脱の可能性には完全否定しなかった。この日、お笑いコンビ・マッハスピード豪速球が退社しフリーになることを発表した。

[via:デイリースポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/14523081/

森社長を“追放”も!?

タカによると、軍団はたけしの独立が表面化した3月中旬以降、「フェイク情報が流れ、師匠が(洗脳などと)言われるままで、軍団もモヤモヤしていた」と真実ではない情報が流布したことを問題視。頻繁に会合を開いていたという。

軍団は約1週間前、、森社長に対し「きちんと(真実を)発表して、師匠に謝罪してもらえないか?」と迫ったが「なしのつぶてで、みんなのイライラが募っていた。全員一致で『師匠に叱られてもいいからやってしまえ』」と声明文発表に至ったと説明した。

森社長は声明文を受け、この日までに「私としては極めて不本意であるので、改めて対応したいと思います」とコメントした。

しかしタカは「不本意と言っていることが逆に不本意」とバッサリ。森社長や数名の幹部マネジャーの給与体系が異常に高額だったと批判した。

たけしは「森が問題だな」と指摘しつつも「ちゃんと(森に続けて)やらせろ」と社長存命を指示していた。しかしタカは造反行為に「ただ、ここまでやっちゃってるので(森社長が)『もう無理です』と言われたら、しょうがない」。

最悪の場合は「きちんと会社の経営・運営をできる人を見つけないと」と森社長を“追放”する可能性にも言及した。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/03/0011128308.shtml

森社長 反論の機会を模索

「たけし軍団」が1日にブログなどで出した声明文の内容に対し「不本意」とコメントした森氏が2日、「近々、動きたい」と反論の機会を模索していることを明かした。たけし城ではないが、事態は風雲急を告げている。

声明文では「会社の役員報酬が師匠(たけし)にとっては容認できない水準になっていた」など、たけしが退社を決めた引き金の一つとして森氏との金銭トラブルがあったと主張。

これに対し森氏は本紙の取材に「軍団の言っていることを丸々うのみにして、一部メディアではまるで(私が)横領、泥棒のようなことをしているような取られ方をしているので、これについてはきちんと反論したい」と強調した。

[via:Sponichi Annex]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/03/kiji/20180403s00041000045000c.html

井手らっきょ
森社長は冷たい

地元の熊本に活動拠点を移した「たけし軍団」の井出らっきょ(58)が、3日放送のフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜・前8時)にVTR出演。《中略》

活動拠点の変更について、「震災が起きてから、熊本の番組に出ていた。ほかの番組にもとの話があったので、熊本に住んじゃおうかな」と経緯を明かした井手。

事務所の対応については「仕事を取れなかったのは、芸人は自分の力がなかったことなので、誰を責めることはいけない」と前置きした上で「事務所がもうちょっと僕だけでなく、ほかのタレントもプロモーションをしてくれれば、それで熊本で、頑張ろうという気持ちになった」と語った。

熊本に戻ることを師匠のたけしに報告した際の反応について「『レギュラーをもらうことはうれしいことだけど非常に悲しい。でも、お前が熊本に行ったら俺ら全員で番組を盛り上げに行く。ギャラなんかいらないから』と言って頂いて、うれしかった」。さらに「一部報道では、僕を叱ったとなっていますけど、逆です。励まされました」と否定した。

一方、森社長については、相談があり電話をしたところ「そういう立場にないと電話を切られた。それがもう冷たいなと思った。30年一緒にやってきて、その事に関しても(たけし軍団の)みんなは怒っている」と不信感をあらわにした。

[via:スポーツ報知]
https://news.infoseek.co.jp/article/20180403hochi097/

スタッフの高額給与に不信感

事務所に反旗を翻した要因の一つでもある事務所社員の給料についても暴露。

「マネジャーの給料は普通の会社と変わらないんでしょうけど、ボーナスとか年収とか1年間の額が『は?』っていうような。なんで20歳代で一千何百万ももらえるのっていうことに(驚いた)」と、20代社員で年収1000万円を超える人がいたことを明かした。

さらに、年収1000万円超の社員は「何人もいる」といい、「そのうち1人か2人ぐらいは、何もしてないだろうこいつっていう、誰が見ても、こいつは何のために事務所にいるんだっていうマネジャーやスタッフがいたもんですから」と納得がいかない様子。

その中の「なんでこいつに何千万も渡すの?」と疑問を持つ事務的な仕事をするマネジャーは「あいつ、どこいったの?と聞いたら『ジムです』と。『事務やってるの?』と聞いたら『(体を動かす)ジムです』って。ふざけんな、仕事中だろうって。それで何千万ももらってるってありえない」と、仕事中にも関わらずジムに行ってしまうスタッフがいることも明かし、怒りをにじませていた。

VTR終了後の番組パネルでは、らっきょの証言として、オフィス北野の20代従業員で年収1800万円ももらっていると記されていた。

[via:デイリースポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/14524151/

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2018/04/05 0:54

    >>③
    それはたけしがお人好しだっただけ。
    株式会社のルール的に何も問題ない。
    たけしが文句を言っても後の祭りだし、それを軍団がたけしの代わりにグダグダ恨み節を喚いてるだけ。
    軍団がグダグダ言うのは筋違いなんだよ。

  2. 3
    名無しさん 2018/04/03 23:23

    >>2
    しらない内に森社長が筆頭株主になってたとか重要な要素あるだろ

  3. 2
    名無しさん 2018/04/03 23:08

    企業から見れば人件費=経費であり、税金で国に持って行かれるくらいなら従業員に還元したいと考えてもおかしくない。
    だから収入が多い少ないかは他人が一概には言えない。
    あくまでも経営内容で株主や役員が判断する事。
    当時株式の30%を持っていたたけしだけは文句を言う権利はあるが、それでも60%の株式を保持している森社長のが立場は上。
    だから結局は売り込んでも売れない芸人が一方に存在して、もう一方の事務所の社員が高給なのは納得いかないという感情論に終始しているだけ。
    特にこの場合はたけしとたけし軍団の為に誕生した事務所だから軍団をもっと特別扱いしろというだけの揉め事。
    人件費が高いかどうかは余計なお世話。
    奴隷のように働かされて報酬が少ないブラック企業より遥かに優良企業とも言える。
    それで赤字を出して経営が傾いたら社長自らだって職を失う事になって困る。
    軍団のやってる事は結局は越権行為のようなもん。
    経営に口出し出来る立場にない者が感情論で文句を言っている。

  4. 1
    名無しさん 2018/04/03 21:37

    20代で毎年1800万もパクってて、騒がれたら速攻で
    トンズラするっておかしいだろ

    泥棒みたいなもんだ
    法的に制裁できないのか?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事