TROUBLE

HEADLINE

オフィス北野 内紛終結!?森社長だけが悪者か…株問題の真相と「たけし軍団」という不良債権

これで騒動は終結なのだろうか。

ビートたけし(71)の独立に端を発した「オフィス北野」の森昌行社長(65)と「たけし軍団」メンバーの壮絶なバトル。

森社長は9日、マスコミ向けに「責任者としてたけしさんに謝罪すると同時に、そこから得た教訓をバネとして、真摯に諸問題に向き合って行きたい。今回の騒動で大きな不安を与え、迷惑をおかけした業界関係者の皆様、当社所属タレントの皆様にお詫びいたします」と、週刊誌で反論した勢いは完全に消え失せ、白旗コメントを発表するに至った。

たけしは同日、都内で開催されたDMM.com証券のPRイベントに出席。森社長が軍団との和解を表明したことについて報道陣から「森社長にひとこと」と問われると、「えっ、何だって?」と一瞬聞こえないふりをした後、「ひとこと!」とオウム返しでけむに巻いた。

軍団メンバーであるつまみ枝豆(59)は同日夜にブログを更新。

森社長が謝罪したことを受け入れた上で、「事務所には80人以上の芸人、タレント、役者がいます ここからが大事! これからが大変!! みんなで頑張って盛り上げて行きます!」とコメント。

同じく柳憂怜(55)も10日、ブログで「今言えることは我々にはこれから先 早急に成さねばならぬことがあるということ。たけし軍団として、師匠の命を受けて。道程は長く険しくとも只々実行していくのみ粛々と」と意気込みを語っている。

「たけし軍団だから心配」の声

つまり、たけし軍団は一部を除いて森社長の下、オフィス北野で心機一転、再出発というわけだ。古参の枝豆は「大丈夫! たけし軍団ですから」と意気軒高。

鉄の結束を誇る軍団の巻き返しに期待する声もあるのだろうが、業界内では「たけし軍団だから心配」という声の方がより説得力を持つはずだ。

そもそも、オフィス北野は大黒柱であるたけしの離脱とともに、30余人いた社員を全員解雇して規模を縮小して再起を図ることを明らかにしている。

しかしながら「これまでが好待遇だった反動で給与など条件面が下がりすぎて、残る社員は5人もいないのでは」(芸能関係者)とも。これでは適切なマネジメントなど不可能に近い。

更にいえば、一連の騒動でたけし軍団がかつてないほど注目されはしたが、軍団メンバー自体のタレント性が増したわけでも仕事が増えたわけでもない。

だいたい軍団がたけしに頼らずとも自前でカネを稼げる売れっ子集団ならば、こんな騒動にはなっていないのである。つまり、問題は何も解決していないどころか、状況は悪化。いや、お先真っ暗なのである。

ひとつだけ確かなことは、新事務所「T.Nゴン」へ移籍したたけしの悠々セカンドライフだ。

今後は稼いだカネを軍団のために使ったり、家族や事務所に抜かれることもなく、18歳下の“愛人”と創作活動に没頭できる環境が整ったからだ。

哀れ、オフィス北野に残されたのは売るに売れない“不良債権”の山といったら言い過ぎか。

[via:日刊ゲンダイDIGITAL]
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/226883

ネットの反応

・あ~言っちゃったw 誰もがそう思ってることを
・不良債権wwまさにその通りww直球過ぎワロタw
・まぁ。。 返す言葉はないよね
・いや、吉本の方が・・・
・中小企業でバカ軍団のパワハラに耐えるには給料もらわんとな
 世間知らずの芸NO人が経営に口を出して壊した
・柳憂怜ってwww
・こんな記事書いたらまた襲撃されるぞw
・知名度だけは有るけど何をしているのかはさっぱり分からないのが多いもんな
・上手いことたけしに押し付けられたなw
・たけし軍団は、自分たちで火を付けておいて、慌てて鎮静化を図る、『ひけし軍団』
・オフィス北野がこれから軌道にのって大丈夫だってなったら新事務所に合流するって約束だってたけしが言ってなかった?
・本来は、最初から軍団に一定の株を渡して配当を支払う。
 それで終わりにすればよかったんだよ。
・株を渡して、もし金に困って株を売り払ったら、そこで縁が切れるぐらいが正常なやり方
・たけし軍団は、歩合制で、井手らっきょの年収は100万円
 なにが不良債権なのかさっぱりわからん 派遣のアルバイトみたいなもんだぞ
 >それに文句を言い始めたところから話がおかしくなっている。
・結局、たけしから森と軍団が切られただけだな
・たけしの言動は、愛人に依る。
 別れたら明日にもオフィス北野に戻るかもしれないw
・愛人の影響で、たけしの人格が豹変したなら、それはそれで見物だが(笑)

“株問題”の真相とたけしのタブー

《前略》たけし軍団の声明文は〈まず一つ目は、師匠が知らない間に、森社長が、何時の間にか、オフィス北野の筆頭株主になっていた、ということ。〉として、こう書いている。

〈オフィス北野の大株主グループ(東通関係 弊社株式の55%を所有)から、会社更生法を申し立てることが、急遽に決まり、大至急弊社で株式を買い取れないかとの打診がありました。〉

〈森社長の一存でオフィス北野から森社長がお金を借り、そのお金で森社長が株式を買い取りました。(その結果、森社長の株式所有率は師匠の30%を抜いて65%となり、森社長が経営支配株主となりました。)〉

そして、声明文は、筆頭株主となった森社長が、会社を私物化してきたと告発している。

筆頭株主だった東通とは?

しかし、この声明文にはわざと書いていないことがいくつもある。そのひとつが、森社長がオフィス北野の最大株主から株式を買い取った時期だ。

声明文では“時期”が〈何時の間にか〉とボカされ、マスコミも、時期については突っ込んでいないので、まるで「ここ数年のこと」のように受け止められている。

しかし、これ、実はいまから26年前、1992年のことなのだ。つい最近ならともかく、26年もの間、自分が筆頭株主でないことを知らなかったなんてことがありうるのか。

しかも、たけしが知らないはずはない決定的な理由がもうひとつある。それは、森社長に株を売った最大株主が「東通」だったという事実だ。

「東通」というのは、かつて存在していたテレビ制作会社だが、この会社をオフィス北野の最大株主にしたのは、ほかでもないたけしだった。

周知のように、オフィス北野は「フライデー」襲撃事件後、テレビに復帰したたけしが右翼団体から街宣車などで大々的な抗議行動を受けたことをきっかけに、1988年に設立された。

そして事務所設立をめぐっては当初からバーニング関係者や暴力団関係者の影がつきまとっていた。

オフィス北野の設立経緯、そして暴力団との関係については、2004年に休刊したスキャンダル雑誌「噂の真相」1994年10月号がその詳細を報じている。

当時、たけしへの抗議行動を行っていたのは大手右翼団体だったが、「噂の真相」にはこんなコメントが掲載されている。

「当時、街宣車が局や所属の太田プロ、撮影現場にまでつめかけ、たけしは復帰どころではなくなってしまっていたんですね。

ところが、肝心の太田プロは警察頼みでまったく動こうとはせず、一方で右翼や暴力団に人脈を持つ様々な人間が仲介に乗り出したんです」(テレビ関係者)

そして最終的に手打ちをまとめたのが、暴力団や右翼団体と極めて太いパイプがあると言われたライジングプロダクションの平哲夫社長と、テレビ制作会社・東通の舘幸雄社長だった。

そうした関係から設立時のオフィス北野の代表取締役には舘氏が、そして取締役として平氏が就任した。前掲「噂の真相」には続いて、こんなコメントが出てくる。

「ようするに、たけしは右翼問題を仲介した連中へのお礼奉公のために無理やり、独立させられたんですよ。そしてオフィス北野は、連中に利権を配分するために作られた会社なんです。実際、株も当初は、舘と平で5分の3以上を所有していたようですしね」(芸能プロオーナー)

東通の株を取得も“たけしの尻拭い”

今回、明らかになった株の比率をみると、この指摘は概ね正しく、舘社長率いる東通がオフィス北野の55%の大株主となっていた。

一方、森氏はオフィス北野設立と同時にたけしからスタッフとしてスカウトされ、取締役制作部長に抜擢されただけで、このスキームとはまったく関係がなかった。

ようするに、最大株主の東通は完全にたけしの人脈であり、たけし独立とセットで経営に入り込んできた会社なのだ。その株式譲渡をたけしが知らないはずはないだろう。

しかも、株の売買は軍団の声明文にあったように、東通がいまから26年前の1992年、会社更生法を申し立て事実上の倒産状態に陥ったためだった。

この倒産直前、舘氏は資金調達のために森氏に株買い取りをもちかけ、オフィス北野はそのかわりに、舘氏が経営陣から外れることで手打ちをしたのだ。

前掲「噂の真相」は「舘がオフィス北野の代表を降りることと引き換えに、たけしがその尻拭いをやらされた」と書いていたが、この尻拭いというのが、舘氏らの株を森氏が取得するということだったのではないのか。

実際、そのまま舘氏が社長を務めていれば、債権者がオフィス北野に押し寄せてきただろう。それを回避するために、森氏は株を買い、代表を降りた舘氏に代わり自分が社長を引き受けた。

こうした経緯をみれば、当時、森氏がたけしに内緒で55%もの株を東通・舘氏から“勝手に”譲渡されることなどありえない(万が一、森社長がたけしに知らせずに処理をしていたとしても、この事実は前述したようにその後「噂の真相」などが書いているため、たけしがずっと知らないままだったというのはやはりありえない)。

それどころか、森社長の株取得の行為はすべて、たけしを矢面に立たせないためだったのではないか。それを「裏切り」などといって26年前のことをもち出し、糾弾するのは、言いがかりとしかいいようがない。

オフィス北野の株絡みで言えば、たけしが“軍団のために億単位の金をオフィス北野に残した”という美談も大嘘だった。

これは3月16日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演したガダルカナル・タカが、「(たけしが株を処分して)びっくりするくらいのお金を残してくれている」と告白したのを皮切りに、水道橋博士も「殿が抜けられて、たけし軍団の方に株を分けられて」「殿に株を分けていただいたのは8人」など美談として流布していた。

ところが、先週発売の「週刊新潮」(新潮社)3月29日号によると、話は逆で、たけしは自分の株をオフィス北野に買わせていたのだという。

しかも、その金を軍団に分配したわけではない。声明文や昨日の『バイキング』のダンカンの説明でもわかったが、軍団の主要メンバーに分配される株はそもそもたけしの持ち分ではなく、森社長のものだった。

「(たけしは)社長の分をみんな均等にして、おまえらに株を全部渡すからと言ってくれた」

つまり、たけし自身は一切自分の懐を痛めず、たんに、森社長の持ち株を軍団にただで譲渡しろ、と命じただけなのだ。これのどこが美談なのか。《後略》

[via:Litera]
http://lite-ra.com/2018/04/post-3928.html

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事