OTHER

HEADLINE

【たけし独立問題】たけし軍団から新事務所に初移籍、退社する芸人が判明

所属事務所「オフィス北野」から独立し、自ら設立した新事務所で4月1日から活動するタレント・ビートたけし(71)の新事務所「T.Nゴン」に、たけし軍団のメンバーが加わることが30日、分かった。

軍団メンバーの追随が明らかになるのは初めて。

関係者によると、たけしの後を追うのは、〆さばアタル(49)とアル北郷(46)。

芸人としての活動とともに、近年は構成作家として才能を発揮し、2014年から今年1月まで5回にわたって開催された「ビートたけし ほぼ単独ライブ」シリーズでも企画・構成を担当した2人。

たけしにとって欠かせない存在ということもあり、移籍することになった模様だ。


左から、〆さばアタル、アル北郷

〆さばアタルは1989年に軍団入り。〆さばヒカルさん(故人)と漫才コンビを組んで活動してきたが、2006年にヒカルさんが亡くなってからは主にピン芸人として活動。

アル北郷は1995年に軍団入り。長年にわたってたけしの付き人を務めた経歴がある。たけしは独立に際し、軍団メンバーに「オフィス北野」に残って再出発することを進言し、旗印として旧事務所名を「オフィスたけし軍団」とすることを提案していた。

さらに、軍団メンバーらの今後の活動資金のために、株を処理したり3億円にも及ぶ退職金を残すなど「殿」としての親心を見せていた。

軍団メンバーでは、たけしの思いを受け取ったガダルカナル・タカ(61)らが残留を明言する一方、態度を保留しているメンバーもいる。

しかし、たけしは「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」との意向で独立しているだけに、他のメンバーも受け入れるかどうかは不明だ。

[via:スポーツ報知]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000001-sph-ent

なべやかん、ビートきよし退社

たけし軍団のなべやかん(47)が31日、ツイッターを更新し同日付でオフィス北野を退社することを明かした。「たけし軍団を辞めるというわけではございません」とつづった。

ビートきよし(68)もこの日で退社した。1日に新事務所「T・Nゴン」に移籍するビートたけし(71)は31日は仕事がオフだった。

オフィス北野の森昌行社長(65)は、たけしが去った後について本紙の取材に「新会社の体制は流動的です。まだ時間がかかりそうです」と話した。

たけしは3日に都内で行われる缶コーヒー「WONDA」の会見に出席が予定されている。

[via:スポニチ]
https://mainichi.jp/articles/20180401/spn/00m/200/007000c

ネットの反応

・2人とも知らないな
 あまり表には出てこない人なのか
・構成作家と付き人を引き取っただけの話
 流石に付き人無しじゃ私生活もままならない
・真っ先に切らなければならないのは、この人達でしょ
 若い世代がたけしにつまらない印象を持っているのは老いもあるが、この構成作家が酷いってのもある
・芸名持ってるけど実質スタッフか
・まさかこいつらがフリップ芸のネタ考えてるんじゃないだろうな
 >何から何までやってるよ‥。 いいともの最終回の挨拶も
・水道橋「殿の表彰状のネタを書いているのが〆さばアタル」
・たけしの腰巾着
・たけしの世話してる人間なんだから当たり前だな
・扶養家族だろ
・軍団というよりはサポートメンバーって感じの人材か
・たけしに媚び売りまくってるコイツらのこと、タカなんかはよく思ってないだろうな
・アル北郷はアサヒ芸能でたけしのエピソードを連載してる ネットでも読めるよ
・結局たけし頼りの仕事しかないのか
・この人らが10年後に愛人を批判してるとこまでは見えた

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事