TROUBLE

HEADLINE

繋がれるアイドルNGT48w解散の動きも!?犯人と繋がっていたメンバーを運営側が「不問」にしたワケ

犯人と会っているメンバーはいた

今月21日、NGT48・山口真帆の暴行事件に対しての第三者委員会調査報告書が公開された。運営は「今後は健全な運営に取り組んでいく」とコメントしたが、それとは裏腹に “NGT48解散”とも取れる動きを見せている。

第三者委員会は、山口真帆に直接事情をきくとともに、メンバー42名とAKS役職員24名と他に14名、計80名に聴取、資料の提出も求めた。

またメンバーのうち38名に記名任意の書面回答による調査を実施。記名回答24人、無記名14人の回答を得た。その結果、12名がファンとの“つながり”を持っているとして名前が上がったという。

一方で、事件に関与したメンバーはおらず、処分は不問とした。

ごく一部のファンとの“つながり”(私的領域における接触)は、具体的には、「(事件の犯人3名のうち1名と)複数回個別に会っていたメンバーがいること」「(犯人3名のうち別の1名が)以前より、当該マンション内で、他のメンバーと会うなどしていたこと」などが事実だとして報告されている。

AKSのNGT48運営部は、“つながり”を黙認していた。積極的に調査や対応をしなかった理由として、具体的な規程がないためだと報告書では説明されている。

不倫など不適切な男女交際が判明した場合は処分対象だが、ファンとの私的領域での接触は「不適切な男女交際」に該当するかどうかが曖昧だということだ。

山口真帆の事件告発以降、ネット上では数名のメンバーのファンとの“つながり”や事件関与が噂されてきたが、実に12名ものメンバーが“つながり”を持っていたと発覚したことは大きい。

あらためて「犯行を唆したメンバーはいない」と明示されたものの、アイドルグループとしての存在意義を揺るがす事態であることに変わりないだろう。

果たしてNGT48は今後も前向きに活動を継続できるのだろうか。運営はすでに解散・撤退も視野に入れている可能性がある。第三者委員会調査報告書を公開した同日に発表された劇場スケジュールは、白紙だった。

NGT48解散の動きも

山口真帆の事件告発以降、ネット上では数名のメンバーのファンとの“つながり”や事件関与が噂されてきたが、実に12名ものメンバーが“つながり”を持っていたと発覚したことは大きい。

あらためて「犯行を唆したメンバーはいない」と明示されたものの、アイドルグループとしての存在意義を揺るがす事態であることに変わりないだろう。

果たしてNGT48は今後も前向きに活動を継続できるのだろうか。運営はすでに解散・撤退も視野に入れている可能性がある。第三者委員会調査報告書を公開した同日に発表された劇場スケジュールは、白紙だった。

NGT48の劇場スケジュールは白紙で、冠番組も終了

今月は週3~4回程度のペースで劇場公演を開催してきたNGTだったが、発表された今月23日~31日までのスケジュールはすべて“休館日”、つまり、コンサートを開催しないという報告だった。

NGTの冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(TeNY新潟テレビ)は今月末で終了することがわかっており、ネット上では「NGTが解散のための準備に入ったのでは」という意見が飛び交っている。

なお、4月27日に横浜スタジアムで開催される「AKBグループ 春のLIVEフェス」へのNGTの出演は、取り消しにはなっていないが出演メンバーは調整中だ。

握手会を再開しても払拭できない“不信感”

一方で、NGT48は今月16日と17日にパシフィコ横浜で行われたイベント「NO WAY MAN」で、暴行事件以降初の握手会を再開させている。

この握手会にはAKB48などNGT以外のグループも参加したが、NGTメンバーのレーンにだけ防犯カメラが設置されるなど厳戒態勢。

何とかしてNGTを通常運転に戻したいという運営側の思惑が窺えるが、何事もなかったかのように活動を再開させることに嫌悪感を持つファンも多い。

一部ではNGTの活動再開を喜び、グループが崩壊した原因を山口真帆に押し付ける声も聞こえるが、冷静なファンであれば発表内容を二転三転させる運営側に不信感を抱いて当然だ。

また、事件に関わったとネット上で噂される複数のメンバーのSNSには、今なお多くの誹謗中傷が書き込まれ続けている。暴行事件やファンとのつながりですっかり悪化したイメージを改善することは相当難しいだろう。《中略》

報告書はAKSスタッフの職務範囲や権限の明確化、およびメンバー規程の整備を要すると結ばれている。新潟で健全運営を目指すか、解散か。NGT48は岐路に立たされている。

[via:wezzy]
http://dailynewsonline.jp/article/1743357/

ネットの反応

・繋がれるアイドルw
・恵比寿マスカッツですらこんなにオタと繋がってないんじゃねえか?
・ファンとつながりって何だよw 素直に肉体関係とか書くべきだろ
 >業界人側と繋がるパターンもあるので書けないそうです
・辞めさせるともっとヤバい事を暴露されるんだろうな
・NGT自体もう死んだようなものだから NGT以外に守りたいものがあるとしか思えん
・犯人と会ってたけど事件と無関係?バカなの?
・山口の言う通りじゃん。こいつら解雇しろって要求するのは当然。
・NGTでまだ稼ぎたいという動きじゃないよな
・恋愛禁止を謳ってるグループが規定が曖昧ってw
・問題のある人間切ったら中井とか荻野まで影響が出そうだから、その辺の事務所に気を使って不問とか言ってんだろな。
・NGTだけの問題として終わらせたいだろうね
・ここまで醜態さらしたら再起不能・もう一緒に笑顔で仕事やるなんて無理でしょ 解散とか、撤退でいいと思うよ
・とりあえずあの松村って人気持ち悪いね
・秋元康がだんまりなのも気持ち悪いわ
・これで終息とは行かない雰囲気でつね運営たん

疑惑メンバー「不問」のワケ

新潟を拠点に活動する「NGT48」のメンバー・山口真帆(23)に対する暴行事件をめぐって、運営会社のAKSが22日、新潟市内で記者会見を開いた。

しかし、山口がツイッターで会見内容にリアルタイムで反論するという、前代未聞の異常事態となった。

第三者委員会は、ファンとのつながりがあった12人のメンバーを“不適切”と認定。まずは「そのメンバーを処分すべき」との声もあるが、それができない裏事情があるという。

AKSは22日、男性2人による山口への暴行事件の第三者委員会による調査結果に関する説明会見を行った。AKSの運営責任者兼取締役・松村匠氏、NGT48劇場支配人・早川麻依子氏、同副支配人の岡田剛氏が出席。

会見は予定された2時間を大幅に超え、3時間弱にわたった。その理由は、被害者である山口のツイッターだ。

報告書では、今回の事件には直接の関係はないものの、12人のメンバーが「つながり」と呼ばれるファンとの私的接触があったことが明らかになった。しかしAKSは、これについて不適切としながらも「不問に付す」とした。

松村氏は「証拠がある話ではない。範ちゅうがあいまいで、ファンと道ばたであいさつすることも範ちゅうに含まれている」と説明したが、報告書に「あいさつ」という単語は存在しない。

山口はツイッターで「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と非難した。

当該ツイートを元に報道陣からの指摘で、松村氏らは報告書を確認。記載がなかったことに松村氏は「私的領域でつながることの中に『あいさつ』があると解釈していた。それは訂正させていただく」と述べた。

また犯人グループとの交際を認めたメンバーについて松村氏は「本人と今一度話さないといけないのかな、というのが正直なところ」と述べるにとどめた。

さらに山口はツイートで「松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました」と、一向に処分をしない姿勢を批判。

他にも1月10日の公演でファンなどに謝罪したことについて「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」「なんで嘘ばかりつくんでしょうか」などともツイート。これに松村氏が「謝罪の要求はしていない」と否定するなど、運営会社と山口の深い溝を感じさせた。

山口真帆の名前も!?

山口がこだわる処分を運営サイドはなぜ決断できないのか?

その複雑な事情について、関係者はこう打ち明ける。

「第三者委員会の調査で、ファンとの“つながり”を指摘された12人の具体的なメンバーの名前が挙がった。実はその中に山口本人の名前もあるんです。

確たる証拠がある話ではないだけに、名前の挙がったメンバーを全員処分しようとするならば、公平性を保つために被害者である山口を調査せざるを得なくなってしまう。しかし、当然ながらそんなことはできない。それが今回はメンバーを“不問”と判断した要因にもなっている」

この12人は、メンバーを事情聴取した結果、挙がってきた名前だが、勘違いや山口のことを快く思っていないメンバーがうそを言っている可能性もないとは言い切れない。

山口が言うように、暴行事件を起こした犯行グループとの交際を認めたメンバーがいるなら、AKSが暴行事件への関与を調査するべきだろう。

「事件前からグループ内でできていた、特定のグループ間の対立関係が想像以上に悪化していたことも真相解明を複雑にさせている。運営サイドが何度となく強調したコミュニケーションを少しでも改善させなければ、グループは前進できない」(芸能プロ関係者)

会見中に被害者が反論のツイートをするなど、騒動は泥仕合の様相を見せているが、こんな状況で果たして解決に向かうことができるのか?

【事件の経緯】
2018年12月8日午後9時ごろ、山口の自宅玄関前に男2人が押し掛け、山口の手や顔を押さえ込むなど暴行。2人は翌9日に新潟県警に逮捕されるも同28日に不起訴処分となった。

山口が2019年1月9日にSNSで男2人に襲われたことや、メンバーの関与を投稿。運営側は10日に「あるメンバーが山口さんの自宅を知らないものの、推測できる帰宅時間を伝えた」と関与を認めるコメントを発表していたが、14日には「メンバーの中に違法な行為をした者はいない」と関与を否定していた。

3月21日に「メンバーが関与した事実はなかった」という第三者委員会の調査結果を運営側は発表し、暴行に及んだ男2人に対しては「民事上の法的措置を検討」するとした。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1320100/

ネットの反応

・メンバーの聞き取りは 無記名回答OK 嘘を書いても処罰無し 嫌いなやつを貶める為に色々書いてもいいというユルユル状態
・そりゃ山口と敵対するメンバーはそう証言するだろ
・アホかいな 犯人もメンバーやで そいつらが山口も!て嘘ついたらそうなるやん
 >そうなったら山口も正直に反論するでしょ
・どう考えても犯人側のメンバーが腹いせに山口の名前出したんだろ
・主犯のゴミが「あの子だってやってるし」とか適当なこと吹いてるんだろ
 >これを永久追放して二度と足腰立てなくすればいいだけの話
・被害者も一緒になってやってたとかいう いじめやるやつがよくいう言い訳
・言い訳いいいから山口も調査すればいいだろ。無能かよ
・西潟大野中井はもうダメだと思って山口を道連れにしたのか
・荻野!おまえが山口真帆ちゃんの名前書いたのバレてるから
・ファンと繋がりがあったとしてもそれはあくまでグループのローカルルール違反 事件の焦点はそこじゃない
・暴行事件をただの繋がりの問題に矮小化しようとしてるな
・これは話をすり替えようとしてるようにしか聞こえないな
・しかしこういうの見ると告発することがどれだけ大変なことかよく分かるな。そりゃ泣き寝入りする奴も多くなるわ。
・スッキリで、加藤がキレてたなw 犯人グループと私的に繋がっていたメンバーは、共謀してたかどうかに関わらず、もう解雇するしかないでしょうって
・他の11人の名前は出せないのに山口の名前だけは出せるんだ?本当にいるか知らない関係者
・また「関係者」ね 騒動当初もこの関係者とやらが登場して火消ししてたねえ
・こうやって山口の名を出したなら他のメンバーの名前も出さなきゃフェアじゃないだろ
・じゃあ山口も処分でいいんじゃないの?
・疑ってる側が全然証拠を出さないんだよな(笑)
・証拠を出さないで解雇しろの一点張り
・山口ってそもそもかなりのメンヘラ女だからね NGTの前にも他のアイドルグループにいたけど、色々あって辞めたし
・コミュニケーションという名の恫喝ほど見苦しいものはない
・もう運営もどうすればいいか分からなくなって被害者巻き込んで草
・なんだ東スポか

関連商品

コメント

  1. 6
    名無しさん 2019/03/28 14:36

    (´゚∀゚)・:.・:∵ブハッ

  2. 5
    名無しさん 2019/03/26 9:06

    この瞬間のネタで切れない奴って大概肉親もしくは親戚筋に面倒な組織が加わっている場合が多い。
    ガールズバンドのGに居る元グラビアブスもそうだからね。
    色々と問題を起こしながらも潰れないバンド•••
    後先考えたら、繋がりがある奴を優先にするだろう。
    山口とかいう奴も、そこまで言うのなら口約束ネタばかり出さないで確たる証拠を掲示しないとしんどいだけ。
    いつまでも被害者面している痛い子

  3. 4
    名無しさん 2019/03/26 8:34

    ハメ録り生配信のせいで完全な被害者認定できない

  4. 3
    名無しさん 2019/03/25 23:19

    どーでもいい。

  5. 2
    名無しさん 2019/03/25 18:44

    東スポの記事はまとめないで欲しかったな..

  6. 1
    名無しさん 2019/03/25 18:07

    ヤレるアイドルに成り下がってる。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事