TROUBLE

HEADLINE

伊藤詩織「枕営業大失敗」風刺イラストはアウト!?漫画家とリツイートした人を名誉毀損で提訴

ジャーナリストの伊藤詩織さんは6月8日、Twitterに投稿されたイラストなどが名誉毀損に当たるとして、漫画家のはすみとしこさんら3人に計770万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。

訴状によると、はすみさんは2017年6月~2019年12月、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたと訴えていた伊藤さんを「枕営業」などと揶揄したり、被害経験などを綴った著書『BLACK BOX』について「デッチあげ」と侮辱したりする内容のイラスト作品など、5本の画像やテキストをTwitterに投稿。伊藤さんの名誉を傷つけたとして、慰謝料など550万円と投稿の削除、謝罪の掲出を求めている。

また、はすみさんとともに訴えた都内在住の医師ら2人に対しては、はすみさんの投稿をリツイートすることで伊藤さんの名誉を傷つけたとして、「リツイートの行為主体としての責任を負うべき」だと指摘。それぞれ慰謝料など110万円と投稿の削除を求めている。

「風刺画はフィクション」と主張

元TBS記者の山口敬之さんからの性暴力被害を訴えていた伊藤さんは、2019年12月に東京地裁で開かれた民事裁判で勝訴した。山口さんは控訴している。

判決後の記者会見で、自身への中傷やセカンドレイプについて「法的措置を考えている」と明言。「性暴力サバイバーに向かうネガティブな声をウェブに残してしまうこと自体が、いろんな人を沈黙させてしまう理由になる」と理由を説明していた。

一方、はすみさんは一連のイラストについて、自身のTwitterやYouTubeなどで「風刺画はフィクション」「伊藤さんとは無関係」と主張している。

判決があった2019年12月には、「『山ロ(ヤマロ)沙織~オシリちゃんシリーズ(計5作品)』の風刺画はフィクションであり、実際の人物や団体とは関係がありません」として、イラストなどの投稿を削除する意思がないことをTwitterで表明していた。(この投稿も伊藤さんは今回の提訴で削除を要求している)

『山ロ(ヤマロ)沙織~オシリちゃんシリーズ』




訴状では、イラストの女性の顔立ちや髪型が伊藤さんに酷似していると指摘。女性が手にしている本の装丁や「CLAP BOX」というタイトルが伊藤さんの著書を連想させるなどとして、「(イラストの)女性と伊藤さんを同定することは容易に可能」と主張している。

SNSでの誹謗中傷

ネットの中傷に詳しい清水陽平弁護士は、過去のハフポスト日本版の取材に対して「社会的に見て許容範囲を超えるといえるか否か」が民事訴訟のポイントになると指摘している。行為の反復性や、言葉の悪質性なども考慮されるという。

伊藤さんが性被害について世の中に訴えてから3年。Twitter上などでは、今回提訴した3人だけでなく、現時点でもなお、多くの人から伊藤さんに対する中傷コメントが投稿され続けている。

伊藤さんは記者会見で、オンラインでの中傷を受け続けた自分の体験についても語った。そして「傍観者にならない、アクションを」と訴えた。

これまでの経緯

2015年4月3日 伊藤詩織さんと元TBS記者・山口敬之さんが恵比寿で食事後、港区内のホテルへ行く

2015年4月30日 警視庁高輪署が準強姦容疑(当時)で告訴状を受理

2016年7月22日 東京地検が嫌疑不十分で不起訴決定

2017年5月18日 「週刊新潮」で記事化

2017年5月29日 伊藤さんが検察審査会に不服申し立て。同日、司法記者クラブで「詩織」の実名で記者会見

2017年9月22日 検察審査会は「不起訴を覆すだけの理由がない」として「不起訴相当」と議決

2017年9月28日 「望まない性行為で精神的苦痛を受けた」として、伊藤さんが山口さんを相手に1100万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こす

2017年10月18日 伊藤さんが著書「Black Box」を出版

2017年10月24日 伊藤さんが日本外国特派員協会で会見

2019年2月 山口さんが伊藤さんを相手に慰謝料1億3000万円と謝罪広告の掲載を求めて反訴

2019年7月8日 口頭弁論(伊藤さん、山口さんが出廷)

2019年10月7日 結審

2019年12月18日 判決言い渡し。東京地裁の鈴木昭洋裁判長は山口さんに慰謝料など約330万円の支払いを命じ、山口さん側の請求は棄却した。同日、山口さんが記者会見し、控訴する意向を表明した。

2020年1月6日 山口さんが東京地裁の判決を不服として控訴

[via:ハフポスト日本版]
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ed9cfb2c5b6f4e9bed78b71

提訴に対しのはすみ氏のツイート



はすみとしこ プロフィール
本名:見都志子
職業:漫画家
ジャンル:風刺漫画(時事風刺)
Twitter:はすみとしこ @hasumi29430098

「カリカリ企画ホワイトプロパガンダ漫画家」と称する。

政治観は保守、あるいは、愛国。「国の利益の為なら、右も左も関係ないじゃないか」と自己紹介。

自身の風刺漫画(風刺イラスト)について、私自身の(好き嫌いの)感性ではなく、第三者から見たらどうなのかを描くとする。基本的に取材拒否。

2015年9月10日、はすみは、写真家ジョナサン・ハイアムが撮影した、シリア難民である6歳の少女の写真を無断でトレースした上、少女に笑みを浮かべさせて「他人の金で、何の苦労もなく、生きたいように生きていきたい」「そうだ、難民しよう!」と主張しているイラストを制作し、「シリア難民は、ほとんど移民である」とのコメントを添えて、自身のFacebook上に掲載した。その結果、イラストが差別的であると、多くの批判を受けた。

10月4日、イラストの元となった写真の撮影者ジョナサン・ハイアムは「このような偏見を表現するために、無垢な子供の写真が使われることに対して衝撃を受け、深く悲しんでいる。シリアの人々の苦境をゆがめて伝えており、恥を知るべきだ」と批判した。

10月7日、はすみは、撮影者への配慮を理由にイラストを削除した。

10月8日、はすみは、自身のFacebook上で「イラストは全ての難民を否定するものではない。本当に救われるべき難民に紛れてやってくる偽装難民を揶揄したものである」「私が感じる多くの日本人は、戦争難民や経済難民の受け入れには反対している。何故なら、日本には既に65年も前に大量の戦争難民を受け入れており、彼らが理由で、日本に住む日本人が冷遇を受けているからだ。」とする趣旨のコメントを述べた。

12月19日、デビュー作となる風刺イラスト集『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』は、青林堂から初版3万部、増刷5千部で発行された。

販売前からアマゾンジャパンの売れ筋ランキングのうち、日本の政治の部門で第1位(書籍全体でも第4位)となった。このデビュー作に対しては、出版反対運動が行われた。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/はすみとしこ]


誹謗中傷など70万件を分析

折しも、5月23日に死去したプロレスラーの木村花さんが、出演していた番組「テラスハウス」を巡り、Twitter上で激しい誹謗中傷を受けていたことが明らかになり、SNS上での誹謗中傷を巡って、ルールや規制を導入する議論が始まっている。

Business Insider Japanでは今回の提訴に先立ち、 伊藤さんやデータ整理を請け負うリサーチャーを務めた、評論家の荻上チキさんらにインタビューし、提訴に至った経緯やその困難さなどを聞いた。

ハニートラップと言われて

「米国じゃキャバ嬢だけど、私、ジャーナリストになりたいの!試しに大物記者と寝てみたわ。だけどあれから音沙汰なし 私にただ乗りして、これってレイプでしょ?」

「『事実を書いたら売れないでしょう?だから私はこれを書きました』 マスコミの皆さんもやるでしょう? そうだ デッチあげよう!」

これらはいずれも、今回の提訴の被告となったはすみ氏が投稿したイラストに書かれた言葉だ。イラストは、はすみ氏によって「山ロ(ヤマロ)沙織〜オシリちゃんシリーズ(計5作品)」と名付けられて、Twitterに投稿されている。

在日、売名、ハニートラップ……。2017年5月東京地裁内の司法記者クラブで山口氏から受けた被害について顔と名前を明かして会見を行った時から、伊藤さんはこうしたデマや誹謗中傷の言葉を浴びせられ続けてきた。その舞台は主に、Twitterやまとめサイト、YouTubeといったSNSだ。《中略》

訴訟リサーチは荻上チキ氏ら5人

対象者の絞り込みに協力したのが、普段は評論家として活動する荻上チキさんらのチームだった。

荻上さんはまず、プログラマー・エディター・リサーチャーなどによるチームを作った。

そしてTwitter、ヤフーコメント、YouTube動画とそのコメント、Naver、まとめサイト、ニュースサイト、個人ブログ、Facebook、トレンドブログ、Yahoo!知恵袋、2ちゃんねる(5ちゃんねる)、はてなブックマーク、Togetter(トゥギャッター)など、ウェブサービスを横断的にチェック。伊藤さんの誹謗中傷をリサーチした。

リツイートの責任も問いたい

「伊藤詩織」「I.Shiori」、さらには隠語として使われた「オシリちゃん」「伊●詩織」「尹詩織」など、数十以上のワードを見つけ、問題投稿を収集。特に投稿を繰り返し、その投稿が多くの人に拡散されている「オピニオンリーダー」を突き止めていった 。

対象となった投稿全体数は、70万件を超える膨大な量だった。この中には、伊藤さんを支援するポジティブな内容も含まれるため、そこから内容を精査し、絞り込む。特に問題となる投稿については、「リツイート」「いいね」「シェア」した人も収集したという。

今回提訴するのは、はすみ氏に加え、はすみ氏の投稿を繰り返しシェアしていたユーザー2人も含まれる。《中略》
「シェアしたり、いいね!することも誹謗中傷に加担していることになる、その責任はあるんだと、今回示したかったんです」(伊藤さん)

さらに今回の分析を活かして、これから他のプラットフォームでの各投稿に対しても情報開示請求を行った上で、同様の法的措置を行っていくと伊藤さんは話す。

[via:Business Insider]
https://www.businessinsider.jp/post-214220

ネットの反応

・元特捜部主任検事 前田恒彦
「たとえ情報の発信者が『これはフィクションだ』と主張していても、その内容によっては、刑事・民事を問わず、名誉毀損が成立します。」「ポイントは、フィクションとして描かれているキャラクターについて、その属性や示された事実などを見聞きした不特定多数の人が、作者の創作による虚構ではなく、ある実在の人物のことを指していると受け止める内容か否かという点になります。」「単なる民事紛争で終わらせないためにも、併せて検察に刑事告訴しておくほうがいいかもしれません。」

・この訴訟の結果がどうなるかは分からないが、人を攻撃する内容を書いておいて「二次創作です」とか「フィクションです」なんて文句が免罪符になると思ってるのはクリエイターとして恥を知れ。

・匿名で浅はかな考えでホイホイ投稿する大衆も怖いけど、自分の作品で被害者を積極的に攻撃するなんて本当に恐ろしい。この漫画家だって女性である以上、いつ同じ被害に合うかわからないのに。

・風刺画と言ってる時点でフィクションにはならない。

・風刺画って事は元ネタがあってそれを皮肉ったって事のはずなんだが。で、その「元ネタって何?」ってなったらこの漫画家はなんと答える気なんだ?

・中傷画家

・民事の名誉毀損に事実か虚偽なのかはある意味関係ないからな

・リツイートで訴えられるとかツイッターってシステム自体に欠陥があるな

・「リツイートは同意ではない」という連中がいるけれど拡散したことは事実であり、その責任はとる必要がある。

 >リツイートした人が他にどんな発言してるかを見て、悪質なものを訴えていくと動画の中でも触れてる。だから批判目的でリツイートした人とかはまあ大丈夫じゃね

・ネットでも自由なこと言えなくなる世の中がすぐそこまで来てるやな。

・法改正でこれからどんどん訴訟が増えて誰もネットで意見を言えなくなる

・表現の自由は「何を言っても訴えられない権利」ではありません

・表現の不自由展の開催意義理解した。

・はすみが負けたらトリエンナーレの表現の不自由も負ける。トリエンナーレの表現の不自由が訴訟に勝つならはすみも勝つ。

・令和2年、空前の訴訟ブーム到来

・はすみとしこは本当にヤバいタイプだから潰されてほしいけど、これで左翼が勢いづくのはムカつくよね

・ジャーナリストとして公人なら、批判や風刺画など当たり前。これがダメなら、政治家の風刺画とか全てダメ。ワイドショーでの似顔絵もNGだろw

・一般人ならともかく、”ジャーナリスト”を名乗るのであれば、基本はカウンタースピーチ。安易に訴訟に頼るってのはちょいと違うような。

 >ほんとな。刑事案件でもなければ言論で迎え撃つべき。ジャーナリストが弱者とかいう都合のいい自画像に甘えすぎだろ。

・ちなみにこの伊藤詩織さん、山口敬之氏からは逆に虚偽による名誉棄損で「刑事告発」され受理されている一応「容疑者」なんだけど、それはどこも報じないよね。

・誹謗中傷を片っ端から全否定する最近の動き、マジヤバい。伊藤さんの味方をする事が多かった俺だけど、これもヤバく感じる。

・誹謗中傷や攻撃的言動、他者を傷つける行為を全否定するのは、悪代官を悪代官だと言う事も出来なくなるという事だ。それがどんな事か判らんのか。誹謗中傷や悪口を全否定する考え自体が大きな間違いだ。誹謗中傷を無くせばみんな穏やかでハッピーな世界になるとでも思ってるのなら、相当なお花畑だ。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2020/06/11 12:41

    室井佑月は中傷しないでください

  2. 2
    よのすけ 2020/06/11 23:11

    難しい問題だけど、結果暴走した漫画家とリツイートした右好き医者、賠償高くつきましたな…

  3. 3
    名無しさん 2020/06/29 7:26

    有罪でもない山口をレイプ犯と決めつけて報じたりするのはいいのか?
    伊藤側にも問題が多いと思うが

  4. 4
    名無しさん 2020/09/24 16:47

    しかしこの一連のグダグダ事件、枕営業失敗から売名に転じてウマー状態じゃないの?って思われて仕方ない気がするのは私だけでしょうか?
    大学出て2、3年のフリーの小娘がこの時間に飯驕られて終電間際に酒までホイホイ付いて行って致された、ってアホですか。いい歳して小娘に手を出す地位妻子持ちのオヤジ共々良識無くてほっとけって感じしか私はしません。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事