TROUBLE

HEADLINE

西の女帝・上沼恵美子の逆鱗に?キンコン梶原を公開処刑 イジリ!?パワハラ!?降板騒動の舞台裏

YouTuber・カジサックとしても活躍しているキングコング・梶原雄太(39才)が、レギュラー出演していた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と、隔週レギュラーだった『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)から降板することとなった。

梶原といえば、上沼恵美子(65才)の寵愛を受けており、だからこそ両番組に出演していたはず。それなのに急な降板の裏に、何があったのだろうか?

6月26日放送の『快傑えみちゃんねる』に、梶原降板の理由が隠されていた。

この日の放送で、梶原が話した時間は、1時間のうち、わずか70秒。梶原が2か月ぶりにスタジオに登場したことに触れるわけでもなく番組は進んでいく。あまりにも短すぎるのではないか。

「実は話していないわけじゃないんですよ」とは、在阪テレビ局関係者。

「それなりに上沼さんと梶原さんのやり取りもあったのですが、放送に耐えられない空気になってしまい、お蔵入りになったんです。上沼さんも調子が狂っていたのか、歯止めがきかなくなっていて、聞いていてしんどかったですね」

寵愛から一転、苛烈批判

お蔵入りになったシーンでは何が起きていたのか。

「序盤は上沼さんお得意の毒舌トークで緊張をさせてから、フッと気の抜けた発言をして緩和させる、さすがのトーク術で場を回していたんです。

しかし、『ごちそうになるときの作法』について話が及んだとき、スタジオの空気が変わっていったんです」(前出・在阪テレビ局関係者)

以下は放送されなかった、いや、できなかったお蔵入りシーンの話である。

「これまで何度もおごってきた自分に対しての義理を欠いている。だから一度私にごちそうしなさい、と上沼さんが言ったのです。ここまでは、いつも通りの愛のあるいじりでした。

しかし、『あんたこの番組に途中から来た子やんか。最初からブッキングされた出演者ちゃうやん』と表情を変えて批判し始めたあたりから、空気が変わりました。

共演者が一度止めに入るも、それを制止して梶原さんへの口撃を強めていったのです。彼が笑いに変えようとしても、思うようにいかない。

梶原さんは明らかに動揺し、笑いも消え、涙目になっているのが見て取れました。それでもスタッフは上沼さんが怖くて途中で収録を止めることなんてできません」(前出・在阪テレビ局関係者)

1人10万円の高級料亭でスタッフ含め200万円ぶんをおごれと詰め寄る一幕も。

「『おごれ』と言ったと思ったら、『おごられたら次の日病気になるからいいわ』と言ったり、梶原さん抜きでスタッフ全員で食事会をしようと提案したり…。

現場のスタッフも共演者もいつもの空気と違うのは感じていました。

スタジオ内には盛り上げ用のスタッフの笑い声だけが響き、それが一層、雰囲気を恐ろしいものにしていた。そんななか、梶原さんが『なんでこんなに嫌われたんやろ』って絞り出すように話したのが印象的でした」

それに対する上沼の返しで、ついに現場の空気が凍った。

「『ほんまに怒ってんねんで。コロナでみんながイライラしてんねん。バラエティーやから笑わそう思って、って思ってるやろ?』と聞いた後、少し間を置いて、憤怒の表情で梶原さんの方を向きながら一言、『ちゃうで』と言い放ち、『イラついてんねん。キミに!』と続けたんです」(前出・在阪テレビ局関係者)

「ちゃうで」ではなく、「そやで」と言えば緩和だったが、スタジオに緊張を走らせ続ける上沼。その間、ゲストは言葉を挟むことができず、ずっと苦笑いをするのみだったという。

「その後は、聞きたくもなく、耳をふさいでしまったのであまり覚えていませんが、コロナが終息した頃にいなくなる芸人の代表として梶原さんを名指ししたりしていました。どう見てもパワハラです。

意地悪いのが、最後に『コロナうつだからごめんな。ほんまはちゃうねん』と言っていたこと。あの一言で、“パワハラ”が“いじり”に変わるのでしょうか。正面から受け取って傷つく方が馬鹿を見る空気感でしたね」(前出・在阪テレビ局関係者)

その後、梶原は上沼とのラジオ収録もあったが、「急性胃腸炎」という理由で出演を取りやめた。

「梶原さんが精神的にかなり繊細なのは上沼さんがいちばんわかっているはず。毒舌キャラが暴走するのを止められないわれわれスタッフの責任もあるとは思うのですが…口出しなんてできなくて」(前出・在阪テレビ局関係者)

結局、梶原は自ら降板を申し出たという。

社会心理学が専門の新潟青陵大学大学院教授・碓井真史さんはこう解説する。

「上沼さんの発言は、広義のパワハラに相当するでしょう。

社会的に優越的な立場からの圧力や、人格を否定するような発言は悪であるという認識が広まったいま、芸能界の古い常識にとらわれていると、名誉毀損や侮辱罪が成立する可能性もあります」

[via:女性セブン]
https://www.news-postseven.com/archives/20200702_1574892.html

上沼の次男の告げ口?

6月29日、梶原が隔週レギュラーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」で、上沼は梶原の降板を本人不在の場でいきなり発表。その理由を「東京から行ったり来たりがしんどいということで」と説明した。

別のスタッフによると、「梶原は“そんな理由ではない。事実ではないので修正したい”とすぐに周囲に相談したそうです」。その後、梶原はSNSに上沼の発言を否定する書き込みをした。

実はこの騒動「快傑…」の構成作家を務める上沼の次男が、上沼に「梶原はYouTubeでもうかって番組を適当にやっている。本気で向き合ってない」などと進言したことが引き金だったとみられる。

別のスタッフは「次男は、上沼さんが梶原さんを可愛がるあまり嫉妬もあってそんな行動に出てしまったのでは」と指摘した。

[via:スポニチ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/04/kiji/20200703s00041000460000c.html


上沼恵美子の次男ゆじぇーろは『快傑えみちゃんねる』の構成作家

「梶原がユーチューバーとして成功を収めるにしたがい、関係が冷え込むことに。

とくに『快傑~』の構成作家を務める上沼の次男が『コロナ自粛期間中に自分たちの番組には出ないでユーチューブで活動しては大金を稼いでいて、その連絡も一切ない。義理を欠いていないか』と、梶原の活動を問題視したことが今回の降板騒動のきっかけだと報じています。

スタッフや共演者からも“西の女帝”として恐れられる上沼ですが、今回の梶原への仕打ちはあまりにも厳しすぎるのではないかとの声も上がっているようです」(芸能記者)

[via:アサジョ]
https://asajo.jp/excerpt/93181

イジリ!?パワハラ!?

愛あるイジリなのか、それともパワハラなのか。〝関西お笑い界の女帝〟こと上沼恵美子にパワハラ騒動が勃発している。《中略》

上沼は、『女性セブン』の直撃に対し「本番中にきついこと言うのは愛です」と持論を展開している。

在阪テレビ関係者は「もともと好き嫌いの激しい人やし、年齢もあって、まったく怖いものがない。番組内ではイニシャルトークにしとるけど、嫌いな人はボロクソ。

若手に限らず、大御所でも気に入らんことがあればはっきり言う。良くも悪くも、それが上沼さんだし、だからこそ人気にもなっている」と話す。

一方で、度が過ぎた発言が受け入れられない時代になっていることを指摘する声もある。

「今年6月には、パワハラ防止法が施行され、芸能界もコンプライアンス順守が叫ばれるようになってきた。上沼さんにすれば当たり前のことも、時代感覚とズレてきているのかもしれない」とは芸能関係者。

さらに〝上沼一強体制〟が加速したのは、2018年に起きた芸人暴言問題ではないかという。M-1グランプリに出演した吉本芸人が、酔った勢いで審査員の上沼に辞めるように促したことで騒動に発展。

それに対し、松本人志が「吉本ではない芸人で、女性目線で、自分より先輩で、あのポジションに座れるのは上沼さんしかない」と上沼にリスペクトの意を示し、暴言を吐いた芸人を「勉強不足」とバッサリと斬り捨てたからだ。

「結局、松本が上沼に謝罪に出向き、騒動は収まりました。ところが、松本でさえも頭を下げた上沼の存在が一層高まってしまったのも事実。もう誰も何も言えなくなってしまったんです」(同関係者)

梶原と同様に、上沼から寵愛を受けているお笑い芸人の狩野英孝は、5日放送の読売テレビのバラエティー番組「上沼・高田のクギズケ!」に出演。

上沼から〝ボロクソ〟に言われていることについて「〝公開処刑〟だと思うくらい、めちゃめちゃ言ってくださる。すると、世間の人が『えみちゃんがあそこまで言うと、ウチ言うことあらへん』って許してくれるんです」と笑顔で感謝してみせた。

愛の名のものとに、苛烈なパワハラが横行しているのなら問題だが、果たして…。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1955388/

本番中は無礼講

タレントの上沼恵美子が6日、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」に出演。6月いっぱいで番組を降板した「キングコング」梶原雄太の話題に触れず〝スルー〟した。

番組には梶原に代わり、上沼がかわいがっているお笑いコンビ「祗園」が出演。

上沼は「(ラジオは)アットホームな感じになるでしょ。だから、いらんことしゃべってしまうから気をつけてね」とアドバイスしつつ、「自分に言い聞かせてる」と付け加えて笑わせるなど、軽妙なトークで番組を進行した。

番組終了間際には

「私、本番中って芝居ですから。本番に入ると無礼講だと思うんです。例えば、祗園が私に『おばはん』って言っても構わない。そういう姿勢で四十何年仕事やってます。

私は一生懸命、全力投球しているので、それに対してむかついたりとかはない。テレビでむちゃくちゃ言うて悪いなとは思いますけど、これは芸でございます。皆さん、そこは勘弁してください」

と番組に対する持論を展開。

テングになったらアカン

続けて、

「でもね、こんな時代になると、人柄みたいなものは絶対に伝わる。ごまかしは利かない。祇園も今は低姿勢で謙虚。これは絶対に守らなアカン。裏切っちゃダメですよ。

偉くなって売れるようになって、年収が上がったとしても、テングになったらアカン」

と優しくアドバイスした。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1957251/

女帝陥落する日も近い?

上沼は6月8日放送の『こころ晴天』の中で、リモート収録に対し、「(リモート収録が定着したら)私は引退する」と発言。

これを受け、7月3日の『グッとラック!』(TBS系)に出演した東野幸治(52)は「上沼さんが引退するとなったら喜んでる芸人もいらっしゃるんじゃないですか」と切り出し、「梶原くん喜んでるでしょ」と笑いを誘った。

「上沼さんはかつて自身の引き際について“ちゃんと人を見て、的を射ることが言えなくなったら、そこが引退だと思っている”と話しています。

上沼さんにひれ伏すだけだった関西のテレビ局の態度も変わってきた今、その日が刻々と近づいてきているのかもしれないですね……」(前出の制作会社関係者)

西の女帝が、その座から陥落する日も近いのだろうか――?

[via:日刊大衆]
https://taishu.jp/articles/-/76040?page=4

これだけを見ると“西の女帝”上沼が権利を濫用した、と見えなくもないのだが、そう簡単な話でもないようだ。

2003年に失踪事件を起こし、その後梶原を気に入って起用し続けたのが上沼だった。冠番組に多く出演させ、現在のYouTuber「カジサック」への後押しもしたという。

そんなまさしく「大恩人」だけに「裏切りではないか」という声が多いのも必然か。

ただ一方、梶原が「なぜそんなに重宝されていたのかも謎」という見解も多い。

いなくなってうれしい?

「『単純に梶原がつまらないからでしょ』『嫌いだからいなくなってうれしい』『上沼さんも本性に気づいただけでしょ』と、梶原さんに対し冷たい意見が大多数。実はかなり嫌われていたんですね……。

もともと『トークがおもしろい』タイプでもなく、相方の西野亮廣さんの力で持っていた、といわれています。上沼さんという恩人がいたから上がっただけで『実力はない』という声はすごく多いんです。

今回の件も、世間からは上沼さんを支持する声のほうが多いですね」(メディア記者)

残念ながら梶原の“実力”を考えれば、とうの昔に降板でもおかしくないだろう、という見解が多いようだ。

現在はYouTubeで年間数億円ともいわれるほどの儲けがある、ともいわれる梶原。当面生活は安泰だろうが、少なくても関西のテレビで活躍できる可能性は大いに目減りしたようだ。

[via:Social-Fill]
https://social-fill.com/archives/2251

ネットの反応

・次男が梶原に嫉妬って…マザコンかよw
・パワハラ受けた方を辞めさせたらあかんやん
・むしろ梶原をここまでかわいがってたのが異常でしょ。
・自分のガキをスタッフにしてるとか見る目変わったわ
・秀吉が突然利休にキレた感じか
・なんだその部分を放送した方が面白かったのに放送しなかったのかよ
・こんなパワハラ女を使ってる関西テレビ局
・ペットだと思ってたのが逆らったから放逐か
・解決えみチャンネル見てるけど毎回上沼にお膳仕立てする出演者は大変だなといつも思う
 >サブローが一番見ててしんどい オウム返ししかせえへんし
 >梶原はいつも口撃されててよく耐えてるよと思ってたわ
・えみちゃん好きのおかんが最近のえみちゃんは暴走気味で不安定さが怖いと言うてた
・怒ってみせる芸風というか半分遊びで若手の芸人に怒ったりするんだけど普通に怒ってるだけのことが結構ある
・タレントも局もなんで気を使ってるのかわからん
 >当人よりもこういうのを許す周りの態度こそが問題だよな。
・めんどくさい暴君に縋って媚び売ったのが悪い
・つーか梶原ももうテレビに固執する理由ないやろ
・むしろテレビにしがみついてる老害と縁を切れてよかったよ
・梶原はめんどうな大阪行きが無くなってウインウインやろ
・とろサーモン久保田が慰めてくれるぞ
・梶原にイラついてる理由を知りたいんだがな
・ほんとに更年期やん
・元々梶原は性格悪いとよく聞く。上沼次男からというより、関係者全員から嫌われてるイメージ。
・梶原の態度がどこかぞんざいになってたんだろうな 本人が知らず知らずのうちに
・梶原天狗になりすぎたな
・レギュラー番組のリモート断ってwYouTubeは配信できるんだからそうなるわw
・飼い犬に手をかまれたみたいな感じなんだろう
・中途入社社員に対するお局様の公開イジメじゃん
・で ユーチューバー梶原は今回の件について動画上げないんか?
・まとめ
上沼の次男 (構成作家)は梶原が母から溺愛されててユーチューバーとして何億も稼いでるのが元から気に入らなかった

緊急事態宣言で大阪への移動ができなくなり梶原は収録に不参加

次男は更にムカついて番組プロデューサーや母親にも「あいつは番組に来ないくせに自分の動画では稼ぎまくってる」と吹聴し梶原への心象悪化

何週もリモート収録に参加せず (梶原側の希望なのか理由は不明)

久々の収録で上沼が梶原へスタッフに稼いだ金奢れとか執拗に責め立てて笑いにも変えられず大幅カット

上沼とのラジオは仮病で欠席し吉本を通じて両番組降板を申し出る

上沼が公式発表前に先走って次週から移動が厳しいから梶原は降板と発表するも梶原は少し理由が違うと反論

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2020/07/22 1:21

    言えないこともあるんだろうな

  2. 3
    名無しさん 2020/07/07 7:51

    はねとびでも天狗になって全員から嫌われてたよな

  3. 2
    名無しさん 2020/07/07 1:56

    サイコ若林、お前まだおったんか

  4. 1
    サイコ若林 2020/07/06 20:01

    上沼のパワハラな肛門をクンカクンカしたい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事