ADULT

HEADLINE

まゆゆと一緒にレッスン受けてた元AKBがパパ活で荒稼ぎ中!?握手会の裏舞台も暴露w

指切りからハグ、肩組みまで。世にスキンシップは多々あれど、握手から一足飛びにベッドインへと移ってしまうケースもある。

かつてAKB48メンバーとして舞台に立っていた女性が、いま会員制の「交際クラブ」で大暴れだというのだ。

時代を遡れば「愛人バンク」が世を賑わせたのは1980年代前半。以後デートクラブは、さまざま形を変えて生き長らえてきた。業界の事情通が言う。

「現在ではどこも軒並み“大人の男女の出会いをプロデュース”などと謳っています。あくまで交際の仲介という建前で、ただちに法には触れない。女性からすれば水商売より手っ取り早く稼げるので、希望者は後を絶ちません」

こうした業界ではしばしば“元芸能人も在籍”といった触れ込みが宣伝に用いられる。その真贋は往々にして定かでないのだが、先の事情通いわく、

「半年ほど前にオープンした『セーシェル銀座』というクラブは、提携店と合わせて2000人の女性が在籍。タレントの卵やAV女優などに交じって、AKB48のメンバーだった女性もいます」

同クラブは、男性が会員登録時、紹介可能な女性に応じて5万~20万円の入会金を支払う。

女性は上からSV、V、S、A、Bとランク分けされ、対面するには別途「セッティング料」と「お手当」が必要。SVクラスの女性となればそれぞれ10万円が相場で、この元AKBも同格の扱いだという。

で、現在20代半ばだという当の本人に尋ねると、

「1カ月前にスカウトされて入りました。15人くらいと会って、月に100万は稼いだかな。金持ちって変な人が多いよ。

この前は地方に呼ばれて、デパートで高級ブランドのアイフォーンケースと巾着袋を買ってくれたんだけど、ホテルに行っても何もしない。で、『仕事があるから帰る』って最後に交通費で10万くれたからラッキーだった。

結局、4時間で私に30万くらい使ったのかな」

10代の頃、AKBの初期メンバーとして数カ月活動した彼女は、その後フリーターで生計を立て、1年ほど前からラウンジで働いている。こちらの稼ぎも、

「時給6000円だけど、エッチなしで飲みに来るお客さんばかりで、『カードの請求がやばい』『引っ越し費用が』とか相談すると、ポンと10万くれたり……。だから、こっちでも月100万になると思う」

自身のアイドル時代といえば、

「まゆゆと一緒にレッスン受けたこともあります。劇場には数回立ったけど、音が被るからって基本は口パク。

踊りも歌もみんな下手だし、もういいやって冷めちゃった。

握手会の時なんか、終わった瞬間みんな『きたなーい』って、洗面所に並んでいましたよ」

これまでもAKBグループ出身のAV女優が話題となったことはあったが、

「当時の私の収入は月5万くらい。今、ちょっと売れている子でもOLレベルでしょ。だからAVに流れるんです。この仕事始めたのはとにかくカネで、芸能界に全く未練はない。

今後は、人数を絞って太い客を見つけていきたいですね」

札束次第で“会いに行ける”というわけだ。

[via:「週刊新潮」2017年4月13日号]
http://news.livedoor.com/article/detail/12944930/

ネットの反応

・意外性が全くないのが笑える
・AV行った子がすでにこういうのやらなかったっけ?枕が常態化してる事までバラしててすげーなと思った記憶あるけど
・握手会終わったら、洗面所行かない方が不潔だと思うがw
・だれかが握手会終わると手のひらから手首までが痛くなるから用意されたバケツに手突っ込んでそのあとケア受けてるとか言ってたよな
・まさか米沢瑠美じゃねえだろうな
・これ慶應大学生とヤリコンしてることがバレてクビにされた平嶋夏海とかいうデブス女のことじゃね?昔、渡辺麻友とユニット組んでたし
・乃木坂路チューは出会い交際クラブだったのか
・出会い交際クラブってなんだよ、おっかねぇ
・乃木坂の川村真洋の彼氏がこれのスカウトマンだしなw
・出会い系交際クラブというものが何なのかよくわからない
 >単に枕営業斡旋所のことだ
・出会い交際クラブは売春だってわかるけど「飲食店でも100万円を稼ぐ凄腕」ってどういう飲食店でどういう仕事してんの?
 >高級クラブで客と寝る 売春クラブと掛け持ちしてる奴結構いる やる事一緒だし
 >交際クラブは最初から外でデートしてホテルに行く、「飲食店」は店で会って話がついたら個室か外に行くということね。
・これって宣伝では?
 >交際クラブの経営陣と繋がってるだけだろうね この記事で、アイドルと会えるように思いこませたり その交際クラブはどこだ??ってことになってもらい 売上を伸ばしたいって意図だろうな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事