ADULT

HEADLINE

裏稼業のなれの果ては・・・安住の地!?彼女たちが裏風俗を選んだそれぞれの裏事情

違法な裏風俗店で女性たちはなぜ働くのか。ウリである本番行為により、働く女性たちはさまざまなリスクと隣り合わせだ。リスクや仕事内容を覚悟の上で裏風俗に身をやつした女性たちのホンネとは……

お金のためだけじゃない。
裏風俗を選んだ理由

現在、営業許可を取り、届け出済みの“表風俗”は3万1000軒あるといわれ、1年に約1000軒のペースで増加中だ。

一方、許可のない“裏風俗”は、街ぐるみでの浄化作戦や徹底した取り締まりによって反比例するように減少の一途をたどっている。

しかし、それでも逮捕される危険や本番行為で病気をもらうリスクを背負ってまで裏風俗で働く女性たちがいる。なぜ、彼女たちはそこまでして裏風俗にこだわるのか。

ミカさん(仮名・29歳)は3年前から北関東の本サロで働いている。自宅は都内にあり、週に3~4日出勤する“出稼ぎ嬢”だ。彼女が裏風俗を選んだ理由は、身元バレ防止と融通が利く勤務時間だ。

「前に働いていたお店に同級生が来て、風俗やってるって地元の友達にバレちゃったんです。まぁ、私も脇が甘くて近場で働いてたのが悪かったんですけど……。

それで、ちょっと離れた千葉のデリヘルに移ったんですが、通うのも大変だし、そんなに稼げない。そのくせ出勤の縛りとかうるさくて、やめちゃいました」

その後、東北地方への出稼ぎなど紆余曲折を経て、今の本サロに辿り着いた。だが、裏風俗に抵抗はなかったのだろうか?

「私、フツーに本番してたから、『まぁ、いっか』って感じ(笑)。違法とか本番ありとか、そんなに気にならなかった。それより一本30分で回転がいいから、表よりも稼げるかなって」

30分1万1000円の料金のうち、ミカさんには5000円。日当の平均は3万~4万円だという。

「それに私、バンドの追っかけしていて、ライブに合わせてシフトを入れてもらってる。そういうワガママも聞いてくれるから、都合がいいんです。

ライブが多い月は出勤日数も少ないから、結局、収入は前と変わらないけど、今のほうが私生活は充実してますね」

ホームページもないので身元バレの心配がなく、趣味を楽しみながら稼げる裏風俗から「しばらくは抜けられない」という。

裏稼業のなれの果て
新地の熟女風俗事情

日本最大の裏風俗街ともいわれる大阪・飛田新地で働く女性は、ちょんの間で働くことをどのように考えているのだろうか。話を聞いたのは40歳で風俗デビューし、2年半ちょんの間で働いてからホテヘルに戻ったというケイコさん(仮名・44歳)だ。

「最初のデリヘルで『ウチは(本番を)やってもらわんとあかんから』と言われてたので、風俗ってそもそもそういうものだと思ってた。風俗入りするきっかけが夫とのセックスレスだったので、本番に抵抗はなかったですね」

しかし、なぜそこから飛田に。

「大阪で育てば、新地が特別なところだと知っているので、逆に興味が湧いちゃって。でも、実際に働いてみると結構しんどかったですね。

熟女は飛田の裏通りのお店になるんですが、一見さんが少ないから、いかに常連をつかまえられるかが勝負。表風俗みたいにネット指名とかないので、新参者は大変ですよ。

収入もデリヘル時代の40万円(週5日)から20万円(週3日)に下がりました。そんなんだから、金銭的に切羽詰まって働きに来たのに、あてが外れてやめてしまう人も多かった」

それでも新地にしがみつくしかない女性たちもいる。

「表風俗で働く熟女って、だいたいダブルワークだったり、シングルマザーで子供が大きくなるまでと決めていたり、あくまで腰かけの人が多いんです。

でも、飛田で会った人たちは若いときからどっぷり風俗に浸かっていて、どんどん悪い条件でしか働けなくなって、新地に流れ着いたという女性ばかりでしたね」

ちょんの間嬢時代のケイコさんは出勤確認の電話が入るほど人気があったというが、結局、そんな雰囲気に嫌気が差してケイコさんは“表の世界”に舞い戻ったという。今では、飛田時代のことを「いい経験」だったと懐かしんでいる。

裏風俗を選ぶのは楽をしたい女たち!?

ただ、今回取材していて、もっともよく聞かれたのは、次のような意見だ。

「デリヘルやとキスして、乳首舐めて、フェラして……って、やること多すぎ! でも、ちょんの間は軽くフェラしたら、すぐに挿入だから楽やなぁって」

大阪・松島新地のちょんの間嬢がそう語るように、裏風俗にこだわるのは、ずばり「本番のほうが楽」という驚きの理由だ。全国の裏風俗を訪ね歩くライターの松本雷太氏に裏風俗へと流れていく風俗嬢について話を聞いた。

「本番なしで客を満足させるのって、実は難しいんですよ。素股でイカせるにしても、きちんと講習を受けて技術を身につけなきゃいけない。

じゃあ、本番ありのソープはというと、もっとプレイの質や技術を求められる。一方、裏風俗の場合、ぶっちゃけて言えば寝ているだけで客が勝手に腰を振って終わり。裏の本番ほど、楽な仕事はありません」

特に、最近の表風俗ではプレイ以外の部分でも風俗嬢の負担が増しており、それが相対的に裏風俗への誘因となっているとも。

「最近のソープやデリヘルは、客を獲得するために写メ日記を毎日あげなさいとか、プレイ時間外のノルマが厳しいんです。これが意外と手間で、面倒くさがるコが多いんですよね」

さらに、仕事内容の手軽さに加えて、アットホームで緩い職場環境も裏風俗にハマる一因だと松本氏は続ける。

「ほとんどの裏風俗は予約がないので、私生活のスケジュールが立てやすいって話をよく聞きます。表風俗の場合、予約が入っていると休めない上に、その予約が変な時間帯だと丸一日つぶれちゃうこともありますからね。

プラスして居心地のよさも魅力のひとつという話も聞きます。地方のちょんの間旅館だと、女将さんと家族づきあい同様の親密な関係になって、結局、そこに居ついちゃったというコも少なくありません」

どうやらお金のためだけ……というワケではなさそうである。

「実際、しっかり稼げる裏風俗って飛田、松島、信太山、今里、滝井といった大阪の五大新地くらい。それ以外の土地は、そんなに稼げないですよ」

裏風俗に自分の居場所を見つけた女性たち。その“安住の地”は、これからも平穏なのだろうか。

「今後もやっていけるかどうかは、土地によりますね。大阪は条例でソープがダメだから、その代わりに新地を認めている部分があるともいわれています。群馬や青森もソープがないから裏風俗が根づいている。

で、そういうところで育った男は『風俗=ちょんの間』というイメージだから、需要が減ることもない。逆に、表風俗が充実した街ほど、裏風俗は衰退するでしょう」

まさに表裏一体、光の届かぬ陰で、今日も裏風俗嬢の上で男たちが腰を振り続けるのだろう。

[via:日刊SPA!]
https://nikkan-spa.jp/1454000

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/03/15 23:03

    皆さん、安倍内閣って実態はこれなんです

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事