OTHER

HEADLINE

やりたい邦題!?洋画の邦題の思惑とは…

『First Blood』って、ある有名なアメリカ映画の原題なんですが、邦題をご存知でしょうか?

実はこれ、シルヴェスター・スタローン主演の名作『ランボー』の原題なんです。
原題と邦題が全く異なるケースは他にもまだまだ沢山ありますが、中には「なんで、そうなっちゃったの!?」とツッコまずにはいられない、 変な邦題もあるんです!


First Blood邦題『ランボー』


たとえ素晴らしい内容の作品であっても、タイトル次第ではコケてしまうこともあれば、またその逆も然り。海外作品の邦題をつけるのは通常、配給会社の宣伝部だそうですが、興行が成功するか否かを大きく左右すると言われるだけに、邦題を付ける側も責任重大。センスが問われるところでしょう。

付けるタイトルの方針は興行の戦略もあり作品によって様々なようです。

例えば『ティファニーで朝食を』(原題:Breakfast at Tiffany’s)や、『美女と野獣』(原題:Beauty and the Beast)のように、原題を和訳しただけのものもあれば、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(原題:Dancer in the Dark)や『イル・ポスティーノ』(原題:Il Postino)のように、原題をそのままカタカナ表記したものも多々あります。

このあたりは、原題自体が秀逸ということもありますが、まあ、無難といえば無難な邦題の付け方と言えるでしょう。

博士の異常な愛情
中には『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(原題:Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)のように、「そこまで忠実に直訳するか!」とツッコみたくなるような、こだわりを強く感じられるタイトルもありますが……。

しかし、より邦題の“味”が出るのは何と言っても、原題とは大きくかけ離れた独自路線のタイトルではないでしょうか。

先出の『ランボー』は、原題とは異なる“独自路線もの”ですが、これは特に成功したケースと言ってよいでしょう。

配給元の東宝東和がつけたという邦題ですが、ご存知のとおり同作は日本で大ヒット。以降のシリーズでは原題にも“RAMBO”が使われるようになりましたが、これをは日本でのヒットを受けてのことなのだとか。

『ランボー』のような“独自路線もの”の成功例を(独断と偏見で)ほかにあげてみると、

『さらば青春の光』
(原題:QUADOROPHENIA)
『さらば青春の光』
『明日に向かって撃て!」
(原題:Butch Cassidy and the Sundance Kid)
『俺たちに明日はない』
(原題:Bonnie and Clyde)
『ニューヨークの恋人』
(原題:Kate & Leopold)
『天使にラブ・ソングを…』
(原題:Sister Act)
『星の王子ニューヨークへ行く』
(原題:Coming to America)
『愛と青春の旅だち』
(原題:An Officer and a Gentleman)
『リトル・ダンサー』
(原題:Billy Elliot)

などなどでしょうか。
いずれも、原題より邦題の方が映画の内容をよりよく表しているだけでなく、タイトル自体に趣も感じられる秀逸な邦題と言ってよいでしょう。

これよりもう少し肩の力を抜いた感じの“脱力系”では、

『死霊の盆踊り』
(原題:Orgy of the Dead)
死霊の盆踊り
『プリティ・リーグ』
(原題:A League of Their Own)
『恋はハッケヨイ!』
(原題:Secret Society)
『あきれたあきれた大作戦』
(原題:The In-Laws)
『ハットしてキャット』
(原題:The Cat in the Hat)

このカテゴリーは挙げ出したらキリがないほど、まだまだ沢山あることでしょう。これまた秀作タイトルぞろい。
まあ、中にはこのように、

『ミニミニ大作戦』
(原題:The Italian Job)
『恋はデジャ・ヴ』
(原題:Groundhog Day)
『ロイヤル・セブンティーン』
(原題:What a Girl Wants)
『あなたは私の婿になる』
(原題:The Proposal)
『恋する遺伝子』
(原題:Someone Like You)

と、なんとなく妙な“オシャレ感”も感じられ、首を傾げたくなるものもありますが(いずれも、良い作品なんですが……)。とはいえ、このあたりまでのセンス、そしてチャレンジ精神(!?)は、個人的には大絶賛したいところです。

ただ、ここまで行くと……。

『男と女の不都合な真実』
(原題:The Ugly Truth)
『ギリーは首ったけ』
(原題:Say It isn’t so)
『バス男』
(原題:Napoleon Dynamite)
バス男
『26世紀青年』
(原題:Idiocracy)
26世紀青年
『わるわる探犬隊』
(原題:THE SANDLOT 2)

いずれのタイトルも、どこかで見たような……。

このあたりになると、さすがに邦題付けた側の“狙った感”が透けて見えてきて、やや食傷気味か。とはいえ、ビデオ店で見つけて思わず頬が緩んでしまった時点で、付けた側の思惑に見事にハマっているのでしょうね……。[ネタりか]

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 9
    名無しさん 2011/04/25 21:44

    邦題をつけた奴らのネーミング・センスのなさがうかがいしれるな(笑)

  2. 8
    名無しさん 2011/04/24 7:13

    B級でも内容がしっかりしてるだけパイパニックやエロマゲドンよりはマシだろ?

  3. 7
    名無しさん 2011/04/20 13:55

    スペルもだよね!

  4. 6
    名無しさん 2011/04/20 6:37

    管理人どっちも邦題に変えてる!!∑(゜ロ゜;

  5. 5
    名無しさん 2011/04/20 1:30

    バス男面白いよね

  6. 4
    名無しさん 2011/04/19 23:03

    いいじゃんB級だもん

  7. 3
    名無しさん 2011/04/19 20:45

    やりたい放題じゃなくて
    やりたい邦題!?にして
    洋画の邦題を
    洋画の放題にしてるのは!?

  8. 2
    名無しさん 2011/04/19 19:49

    放題

  9. 1
    名無しさん 2011/04/19 14:28

    んだ~!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事