OTHER

HEADLINE

『PON!』9月打ち切りは岡田圭右の異変が原因!?情報番組改革の第1章!?日テレの思惑とは・・・


『PON!』㊧岡田圭右 ㊨青木源太アナ

日本テレビ系朝の情報番組「PON!」(月~木、午前10時25分)が9月いっぱいで打ち切られ、新番組「BLOOD(ブラッド)」(仮題)がスタートすることが本紙の取材で分かった。

月間視聴率55か月連続「3冠王」を誇る日テレだが、午前の情報番組は意外に弱い。そこで数字が伸び悩んでいた同番組にまずは“メス”が入ったという。

新番組はかなり刷新された内容になる方向。そんな中、舞台裏では、未成年飲酒騒動の“戦犯”の一人・ラルフ鈴木アナ(44)が自ら売り込みにきたという仰天情報も飛び出した。

2010年3月にスタートした「PON!」は生放送ならではの臨場感と、出演者たちの小気味良いトークで人気を博したものの、最近の視聴率は2%程度で裏番組の後塵を拝していた。

日テレ関係者が語る。

「(午前~昼の時間帯で)トップをひた走っていた『ZIP!』『スッキリ』『PON!』『ヒルナンデス!』が、軒並み視聴率が落ち込んでいるのです。とりわけ『PON!』が低迷しているので、打ち切ることが決まりました。

最後の放送は9月27日です。同枠の『ワイド!スクランブル』(テレ朝系)、『ノンストップ!』(フジテレビ系)、『ひるおび』(TBS系)に続く4位が定位置ですからね。むしろ今回の打ち切りは遅かったくらいですよ」

「PON!」打ち切りは日テレの情報番組改革の第1章にすぎないという。「このあとは『スッキリ』『ZIP!』にメスを入れることになります」と同関係者。

気になるのは後継番組だが、こちらもほぼ固まっており、かなりフレッシュな装いになるようだ。

事情を知る関係者が声を潜めて明かす。

「まずは『PON!』でサブMCをしていた青木源太アナがメインになります。そこに元乃木坂46の市來玲奈アナと岩田絵里奈アナの新人コンビがワキを固める。

番組名は『BLOOD』。スタッフの熱血、血潮、さらには生命といった意味が込められています。スタートは10月1日月曜日。熱量の高い情報番組になるのではないでしょうか」

慶応大学出身の青木アナは、さわやかなルックスと身長181センチのスタイルで女性視聴者に大人気。入社以来、情報番組のほかスポーツやバラエティーなど幅広く担当し、現在は「皇室日記」にも出演している。

来年は天皇陛下退位と皇太子さまの新天皇即位など皇室行事が控えているだけに適任だろう。それでいてジャニーズオタクという憎めないキャラでもある。

同関係者は「2006年入社の同期には枡太一アナ(「ZIP!」総合司会)がいます。人気面では枡アナに軍配が上がりますが、枡アナばかりに人気が集中するのは良くない。


『ZIP!』枡太一アナ

いずれフリーになりますからね。そうなれば羽鳥慎一アナのケースように、元局アナに高いギャラを払って雇用しなければならなくなる。枡アナがフリーになったときの保険が青木アナというわけ。

彼は偉ぶったところがないし、制作陣に絶対NOと言わないところも好感が持たれているのです」と語る。

それに、今春に入社したばかりの元乃木坂の市來アナが加われば注目度は抜群。同期の岩田アナと良いライバル関係となりお互い切磋琢磨することも期待できよう。

ところが、この新番組編成にあたっては、こんな仰天情報もある。

「(アイドルグループ「NEWS」の)手越祐也と未成年者の飲酒が疑われる場に同席したラルフ鈴木アナが自ら売り込んできたんですよ。もちろん、制作陣は即却下(笑い)。騒動の渦中の人物じゃないですか。


ラルフ鈴木アナ

ただでさえ、何らかの処分があってしかるべきなのに、新番組のメインなんて任せられるわけがありません。もともと性格も横柄で、スタッフ受けも悪く周囲から『自意識過剰だ』と言われていますよ」(同関係者)

青木アナは“第2の枡アナ”としてブレークするのか。そして新情報番組は巻き返すことができるのか。日テレ午前の真価が問われそうだ。

[via:東スポWeb]
http://news.livedoor.com/article/detail/15077587/

MC岡田圭右の異変

9月での“打ち切り”が決定したと言われているが、関係者によると「局が番組終了を決めた一因には、圭右の異変も関係している」という。

「日テレが番組自体を消滅させる形を取った裏には、岡田圭右の不調も関係していたんです。

圭右といえば、娘の結実が2016年にブレークを果たしたこと、そして17年末に元お笑いタレントの妻・祐佳と離婚したことでも話題に。

もともと圭右は我が子の芸能活動に後ろ向きで、一昨年9月に出演した『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)でも『心底は芸能界に入ってほしくない』と、漏らしていました」(週刊誌記者)

そんななか、子育て中は家庭に入っていた祐佳まで昨年、結実に便乗するように芸能活動を再開。圭右はこのことで祐佳とのすれ違いを感じ、離婚を選択したとみられている。

「その圭右が最近、明らかに様子がおかしいといいます。『PON!』の生放送中こそ普段通りのキャラクターで頑張っていますが、仕事を終えて楽屋に戻ると、真っ白に燃え尽きたかのように伏せってしまっているとか。

家庭内トラブルがメンタルに影響しているのかもしれませんが、あまりの状態に周囲も困惑。これが、番組リニューアルではなく、打ち切りとする方向の後押しとなったそうです」(テレビ局関係者)

番組が終わってしまうこともまた、圭右の心に暗い影を落とすかもしれないが、これを機にゆっくりと心身を休めてもらいたい。

[via:cyzo woman]
http://www.cyzowoman.com/2018/07/post_194894_1.html

ネットの反応

・弱いも何も、関東ローカルだからな
・ラルフが来るならPON潰しちゃえってとこか。
・あの気持ちの悪いスタジオレイアウトがやっと消えるんだ
・また、お笑い芸人使ったお手軽、手抜き番組の予感。
・中京テレビは引き続きネットするかどうか
・青木が司会ってことはまたジャニのごり押し番組に
・芸人メインからジャニーズメインの番組にリニューアルで中身は大して変わらないのだろ
・ZIPの枡も水トとイチャイチャして気持ち悪いし、あの二人居なくならねーかな
・いくらなんでも「BLOOD」はないだろ
 外人が見たら気が狂ってると思うわ
・PONはナベプロの圧力でなかなか打ち切りできなかったんだろうな
・日テレってほんと朝から晩まであらゆる情報番組にジャニをぶちこむよな

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/07/29 1:27

    パブロフの犬みたいにテレビ点ければ思考停止で漫然と日本テレビにチャンネル合わせる年寄りが多いから視聴率高いだけ。
    バラエティー番組も型にハマった生ヌルイ造りだからお年寄りとか感性の老いた中年層が日本テレビを視聴するカラクリなだけ。
    少子高齢化社会に日本テレビの社風がハマっただけ。
    昔から日本テレビは退屈で刺激の無いバラエティー番組ばかりだった。
    それが今の高齢者のテンポに丁度良い。
    芸人のシャベクリで観てる側のイマジネーションをかき立てるアメトークでクスリとも笑わない年寄りも映像的な見た目重視のドタバタ劇という分かりやすいリアクション芸ばかりのイッテQではゲラゲラ笑う。

  2. 1
    名無しさん 2018/07/28 20:42

    圭佑圭佑うるせーよ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事