OTHER

HEADLINE

児童ポルノ禁止法の施行で宮沢りえ『Santa Fe』がAmazonから消えた・・・

 ついに本日から始まった、児童ポルノの所持禁止。罰則の適用には「自己の性的好奇心を満たす目的での所持」という制限があるにもかかわらず、すでに“自主規制”が始まっている。

 性的好奇心目的での児童ポルノ所持罪の罰則適用が始まる前日、今月14日時点で、ECサイト最大手「Amazon」からは早くも、宮沢りえのヘアヌード写真集『Santa Fe』(朝日出版社)が削除されていた。

1991年に出版された本書は、1999年に再編集された「NEW EDITION」版を刊行しているが、いずれも削除済み。「Amazon」以外にも、ネット書店「honto」や「e-hon」などでは書誌データ自体は残っているものの、購入不可となっている。

 出版元である朝日出版社のサイトでは、1991年版は「品切・重版未定」。1999年版のほうは、検索しても表示されない状況だ。もはや、『Santa Fe』を購入することは不可能なのか……?

o20150715-1

1、2冊くらいなら在庫があるかもしれないと、朝日出版社の代表電話に問い合わせてみたところ、この電話に対応してくれた人物は驚くべき返答をした。

「今日(2015年7月15日)から法律で販売したら捕まっちゃいますから……社内にも在庫は一切ありません」

 なんと、版元の朝日出版社が『Santa Fe』を“児童ポルノ”と認識しているのだ。

児童ポルノ法第三条に「学術研究、文化芸術活動、報道等に関する国民の権利及び自由を不当に侵害しないように留意」と記され、罰則適用には「自己の性的好奇心を満たす目的」という条件があるにもかかわらず、明らかな“萎縮効果”が及んでいたのである。

 昨年、法改定により所持禁止が導入される過程で、さまざまな声を聞いた。“二次元”に対する規制が除外されたことを喜ぶ人々がいる一方で、多くの出版人は「これは負けだよ」と話しているのを聞いた。

その言葉の意味が、今回の例のように怒濤のごとく押し寄せる“萎縮効果”によって明らかになりつつある。

 もはや『Santa Fe』を入手できるルートはオークションか古書店ぐらいか。15日現在も、オークションサイトには『Santa Fe』は多数出品されている。

新品での購入は難しいとはいえ、ベストセラーになった写真集のためか、値段は2000~5000円程度で高騰はしていない。

……しかし、『Santa Fe』が児童ポルノだとしたら、出品者及び落札者が児童ポルノ所持の罪に問われる可能性も否定できないのだ。

[引用/参照:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150715-00010003-otapol]

『Santa Fe』撮影当時はまだ17歳だった!?

7月15日、改正児童ポルノ禁止法の猶予期間が過ぎ、児童ポルノの単純所持が処罰の対象になる。

簡単に言えば、この日から、18歳未満の「児童」の裸などを写したエロ本や写真集、DVDなどを「ただ持っているだけ」で逮捕されてしまうのだ。被写体が女の子だろうと男の子だろうと関係ない。

児童ポルノと聞いて、大半の読者は「なんだ、自分には関係ないや。そんなロリコン趣味なんてないし」と思うかもしれない。だが残念ながら、その考えは大甘だ。

’91年に発売され、累計155万部を売り上げた宮沢りえのヌード写真集『Santa Fe』。「撮影当時、彼女はまだ17歳だった」という「伝説」は今も根強い。

宮沢や、撮影した写真家の篠山紀信氏らは、正確な撮影時期を明かしていない。

しかし、児童ポルノ禁止法改正案の国会審議でも同書は激しい議論を呼び、複数の議員が「(出版社や書店が)廃棄するのは当然」「有名な女優だろうが関係ない」「篠山さんにもネガごと捨ててもらう」と断じている。

あまりに多くの人の手に渡った『Santa Fe』の場合、155万冊の持ち主をしらみ潰しに調べて回ることは、いくら警察といえども労力が大きいだろう。

しかし、その気になれば捜査にはいつでも着手できる。この写真集が手元にある人は全員、潜在的なターゲットとなるのだ。

それだけではない。ポルノに対する規制が緩かった’70~’90年代には、「少女写真集」などと銘打たれた事実上のエロ本が数多く出回った。その中には、例えば「女子高生 みさき」「めぐみ 17歳」などと題されたものもある。

これらのモデルが実際は何歳だったのか、今となっては分からない。

中には19歳や20歳のモデルもいたかもしれない。しかし「女子高生」「17歳」とタイトルにある以上、「18歳未満の裸ですよ」という触れ込みこそが、写真集の売りである点は否めないだろう。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/10349233/]

o20150715-2

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2015/07/18 18:26

    売買はもっと前から禁止されてたんじゃないの?
    知らんけど

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事