OTHER

HEADLINE

芸人からは絶賛もザコシショウ優勝への批判が止まらない!R-1ぐらんぷりに漂うオワコン感・・・

お笑い界の“ひとり芸日本一”を決める「R‐1ぐらんぷり2016」決勝戦が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、芸歴24年目のハリウッドザコシショウが王者を勝ち取った。

o20160311-1

今大会は過去最多3786人のピン芸人がエントリー。

その頂点に立ったザコシショウは、ハイテンションでオーバーアクションのものまね芸などを武器に勝ち進み、優勝賞金500万円が手渡されると「よっしゃー」と雄叫び。まさに勢いに乗ったステージを魅せ、番組は締められたのだった。

だが、あれほど会場を沸かせたにも関わらず、ザコシショウ優勝に対して

「レベル低すぎ!」
「まるで社員旅行の宴会芸」
「会場だけの内輪ウケ」

と、視聴者の反応は冷ややか。それどころかザコシショウを優勝させた審査員にまで批判の矛先は向けられ、ネット上は一時騒然となったのだった。

「これほど優勝を祝福されなかった芸人は、『R‐1ぐらんぷり』史上初めてでしょう。

松本人志もツイッターで指摘したとおり、今大会はネタの出来不出来ではなくキャラクターの押しの強さで勝敗が決まってしまった。スタジオ観覧者とテレビ視聴者との温度差が乖離してしまったのもこれが原因です」(エンタメ誌ライター)

ネット上でマツモトクラブやおいでやす小田の評価が高い理由もここにある。視聴者は新キャラの登場を期待していたのではなく、完成度の高いネタを見たかっただけなのだ。

o20160311-3

「新キャラの発掘なら深夜のネタ番組で十分。ピン芸人の“頂点”を決める唯一の番組を謳うならば、それにふさわしい技量を持った芸人たちの真っ向勝負の“ネタ合戦”を見せてもらいたかった。このままでは“R‐1不要論”の声はますます拡大し、番組の存続に関わる事態になりかねません」(テレビウォッチャー)

今大会で14回を迎えた歴史ある「R‐1ぐらんぷり」。ザコシショウ優勝の波紋で番組自体が消滅してしまえば、歴代王者も悲しむことになりかねない。

現在、ザコシショウの元には仕事の依頼が殺到しているというが、これだけ視聴者から総スカンをくらったなかで「R‐1特需」はいつまで続くのだろうか。

[引用/参照/全文:http://news.infoseek.co.jp/topics/asageiplus_54182/]

ハリウッドザコシショウとは?

ザコシショウさんは大阪NSCに11期生として入学し、1993年にデビュー。当初は「G★MENS」(ジーメンス)という漫才コンビを組んでいたが、02年に解散してピン芸人になった。

TBSで07年から4年間放送されていたお笑いネタ番組「あらびき団」には初回から出演し、「キング・オブ・あらびき」とも称されたものの、深夜の番組ということもあって知名度はさほど上がらず。

NSC同期の陣内智則さんやケンドーコバヤシさんがバラエティー番組で活躍する中、ザコシショウさんは芸歴24年でありながら、アルバイトで生計を立ててきた。「R-1」決勝進出は、12回目の挑戦にして初の快挙だった。

3月6日の決勝戦では「2兆個」あると自称するレパートリーの中から「やりつくされた森進一のものまねをあえてやる」「誇張しすぎた野々村元議員」(編注:野々村竜太郎元兵庫県議)といったネタを次々と披露した。

o20160311-4

狂気すら感じられるハイテンションな芸は会場の爆笑をかっさらい、ネタ中には司会の「雨上がり決死隊」宮迫博之さんが笑いすぎて出た涙をぬぐう場面も。

ファーストステージ後には、審査員からも「この後できへんで!」(間寛平さん)「ちょっと(続きは)来週にせえへん?」(板尾創路さん)との訴えが上がった。

清水ミチコさんも「似てないのに、なお破壊するというのは、誰もやったことないと思うんですよね。よく今まで売れなかったなと思って」と率直な驚きを口にしていた。

ファイナルステージでは小島よしおさん、ゆりやんレトリィバァさんを大きく引き離し、圧倒的大差で優勝。ピン芸人3786人の頂点に立った。

o20160311-2

優勝を受け、ザコシショウさんの実力を信じてきたお笑い界からはお祝いのコメントが続々と寄せられた。

陣内さんは「お笑いを心から愛する人には笑いの神様は微笑む。。 俺もまだまだまだまだ頑張ろう! 同期ザコシショウおめでとう!」とツイート。

同じく同期のたむらけんじさんも「お笑いの神様はやっぱりおるんやな!いや、ただの奴の実力か! ザコシおめでちゃー!」と優勝をたたえた。

なだぎ武さん、「南海キャンディーズ」山里亮太さん、「アジアン」馬場園梓さん、星田英利さん(元ほっしゃん。)らも相次ぎツイッター上でコメントしたほか、有吉弘行さんも同時間帯に放送されたラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、直前に見たザコシショウのネタに触れて「全部知ってるネタでしたけど、めちゃくちゃ面白かった」と絶賛した。

今回のグランプリでは、「裸芸人」の多さを指摘する声もネット上で目立った。ファイナルステージに進んだ小島よしおさんとザコシショウさんはともにパンツ一丁。ゆりやんレトリィバァさんもファーストステージでは、ぽっちゃりとしたお腹を披露していた。

そのためツイッター上には、視聴者から「裸芸人は安村でもう十分だよ」「勢いと裸芸 これしか印象に残らんかった」「R-1グランプリ、また裸芸か」といった声が寄せられていた。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/2016/03/07260625.html]

R‐1ぐらんぷり歴代優勝者

第一回 だいたひかる 
第二回 浅越ゴエ 
第三回 ほっしゃん 
第四回 博多華丸 
第五回 なだぎ武 
第六回 なだぎ武 
第七回 中山功太 
第八回 あべこうじ 
第九回 佐久間一行 
第十回 COWCOW多田 
第十一回 三浦マイルド 
第十二回 やまもとまさみ 
第十三回 じゅんいちダビッドソン
第十四回 ハリウッドザコシショウ new

ネットの反応

・歴代王者も似たようなもんだし・・・
・ご祝儀グランプリ
・これだけすぐ消えることがわかりきった人はいないよ。
・R-1潰すまでがザコシの芸w
・正直、M1より個性が出てて面白かった
・三浦マイルドの芸人も視聴者も望まない優勝の時の方が空気悪かったろう
・審査員の中に贔屓の奴2人いたら勝つやん
・テレビウォッチャーって何?w
・こんなの芸と呼べるのかぃ、寒気を覚える
・すぐ消えるって、若手じゃないぞ?このネタだけを20年近くやり続けている底辺の芸人だぞ?優勝しようが元の場所からピクリとも動かず、なにも変わらないだけだろう。
・芸能ライターが気に入らないことを証拠のない「ネットで批判殺到」という嘘事実を盾に悪口いいたいだけ
・ウジのデキレース
・大手事務所所属でもない芸人を「出来レース」で優勝させるメリットって?妄想拗らせてるキチ多すぎだろ
・そんなに世間の評価は厳しいのか 俺は腹筋つるぐらい爆笑したけど
・ザコシショウ面白かった 感慨深いわ
・まず服を着ろ 話はそれからだ

関連商品

コメント

  1. 9
    名無しさん 2016/03/21 15:04

    関西で毎年年末やってるオールザッツ漫才と同じレベル インパクト残したもん勝ち

  2. 8
    名無しさん 2016/03/13 3:53

    同業者からの絶賛のされ方があきらかに胡散臭い。ただ甘く見られがちなキャラなだけじゃん

  3. 7
    名無しさん 2016/03/12 20:45


    テレビの上の人間が面白い芸人を潰してるんだよ

  4. 6
    名無しさん 2016/03/12 20:41

    内輪の笑いだよな
    いい大人が勝手にやってろよ
    しょーもな

  5. 5
    名無しさん 2016/03/12 7:42

    昔深夜番組で松本人志、千原Jr.、ケンコバらに絶賛されてたし、伊集院もソニーのライブを見に行って一番面白かった芸人として昔ラジオで話してたし、プロから見るとなんかあるのかね。俺は最初に見た時も今回の大会も全然面白くなかったんだけど優勝されると、自分は笑いを理解するセンスないのかなと不安になった。

  6. 4
    名無しさん 2016/03/12 7:24

    審査員もネタの面白さで評価しろよ。ハリウッドザゴ師匠なんか賞を取るタイプの芸人じゃないだろ。

    まあデキレースだろうけど

  7. 3
    名無しさん 2016/03/12 0:35

    わからん

  8. 2
    2016/03/11 19:00

    なんというか、もう面白い芸人は出尽くしてるんじゃないの?

  9. 1
    名無しさん 2016/03/11 16:34

    最後しか見てないけど無表情&無言で見れたわ!
    こういう、芸人が贔屓する芸人ってほんと安っぽい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事