OTHER

HEADLINE

ピコ太郎ビルボードにチャートランクインも・・・面白いのか?史上最速の一発屋の声

o20161020-1

謎の中年歌手、ピコ太郎(53)が世界134カ国・地域に配信した話題のデビュー曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が、19日付全米チャートで77位にランクインした。

日本人のトップ100入りは松田聖子(54)以来、26年ぶり7人目。歴史的快挙にピコ太郎は「あまりの驚きで水道が止まりました!!」と大感激。世界に認められ、NHK紅白歌合戦も当確間違いなし!?

まさかの偉業だ! タレント、古坂大魔王(43)が“プロデュース”するピコ太郎が、米国で最も権威のあるビルボードチャートにその名を刻んだ。

「驚きまピコ! なんということでしょう?と、言わざるを得ませんピ。本当にうれピコ」

7日に配信された「PPAP」が、シングルランキングにあたる「ソングチャートホット100」で77位に入り、喜びを爆発させた。

日本人のトップ100入りは、1990年に「THE RIGHT COMBINATION」で54位に入った聖子以来、実に26年ぶり。

63年に「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」で日本人唯一の1位を獲得した故坂本九さんをはじめ、ピンク・レディー、YMOらに続く7組目が、パンチパーマにヒョウ柄衣装がトレードマークの中年歌手となった。

「PPAP」は、8月に動画をYouTubeに投稿したところ、一度耳にしたら頭から離れないビートや、くだらない歌詞がウケて人気に。

9月28日にカナダ人歌手、ジャスティン・ビーバー(22)が拡散したことで再生回数が一挙に増え、世界同時配信された。

全世界を対象にしたYouTubeの公式再生回数音楽ランキングでは2週連続で1位を獲得し、関連動画も含めると累計3億3000万回を突破している。

[via:http://www.sanspo.com/geino/news/20161020/owa16102005050002-n1.html]

Billboard Hot 100にチャートインした日本人
※動画再生が加算されるシングルチャート

1位 坂本九 「SUKIYAKI(上を向いて歩こう)」(1963年)
37位 ピンク・レディー 「Kiss in The Dark」(1979年)
54位 松田聖子 「The Right Combination」(1990年)
58位 坂本九 「China Nights(支那の夜)」(1964年)
58位 オノ・ヨーコ 「Walking On Thin Ice」(1981年)
60位 YMO 「Computer Game」(1980年)
77位 ピコ太郎 「PPAP (Pen-Pineapple-Apple-Pen)」(2016年)
81位 横倉裕 「Love Light」(1981年)

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/Billboard_Hot_100]

Billboard 200 にチャートインした日本人
※動画再生は加算されないアルバムチャート

14位 坂本九 「Sukiyaki and Other Japanese Hits」(1963)
39位 BABYMETAL 「METAL RESISTANCE」(2016)
49位 冨田勲 「Moussorgsky:Pictures At An Exhibition」(1975)
49位 オノ・ヨーコ 「Season Of Glass」(1981)
57位 冨田勲 「Snowflakes Are Dancing」(1974)
60位 ツトム・ヤマシタ 「Go」(1976)
64位 LOUDNESS 「Lightning Strikes」(1986)
67位 冨田勲 「Holst:The Planets」(1977)
69位 Utada 「This Is The One」(2009)
71位 冨田勲 「Firebird」(1976)
74位 LOUDNESS 「Thunder In The East」(1985)
81位 YMO 「Yellow Magic Orchestra」(1980)
98位 オノ・ヨーコ 「It’s Alright (I See Rainbows)」(1982)
114位 DIR EN GREY 「Uroboros」(2008)

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/Billboard_200]

史上最速の一発屋!?

10月7日に配信を開始したピコ太郎の『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』が早くも失速している。配信初日には多くの配信サイトで1位を記録したものの、5日目にはiTunesで20位に下落するなど軒並みランクダウン。

わずか数日しか人気が持続しなかったことで、史上最速の一発屋という評価も出始めている。

[via:http://www.sanspo.com/geino/news/20161020/owa16102005050002-n1.html]

o20161020-2

「なにが面白いの」と酷評

世界的な人気とは裏腹に、日本でのピコ太郎の評判はあまり芳しいものではなく「キッツいな、これ」「なにが面白いの」と動画を見たものから酷評されている。

「ピコ太郎の動画は、YouTubeでは週間ランキングで日本人初の1位に立ち、累計再生回数も1億回を突破した人気者とされています。ですが、この人気もジャスティン・ビーバーがシェアしたことがきっかけ。

そうなると、再生したものの多くは日本人以外だったの可能性が大きい。おおまかに分類すればありきたりな歌ネタのひとつですし、不評というよりももともと日本で流行っていないように見受けられます」(芸能ライター)

ピコ太郎は世界的な人気を受け「NEO SUNGLASSES」を配信したものの、こちらは「PPAP」と比べると、あまり評価されていない。

この人気は一過性のものと見るものも多く、すでに「最速の一発屋」と嬉しくない称号を得たと報じているメディアもあるくらいだ。

[via:http://biz-journal.jp/gj/2016/10/post_1567.html]

ネットの反応

・ビーバップの菊ちゃん?
・早くも視聴回数伸びがとまってきたw
・面白い言葉遊びだけど、一度見ればあとはいいかなーという・・・。
・恥ずかしいわ やめれ
・尺1分でこんだけ話題になれば楽なもんだな
・5000万再生×0.2=1000万円 いいボーナスだ
・悪いけどこれの何が面白いのかさっぱり理解不能なんだが
・ベビメタだ宇多田だとよくわからんランキングでチャートイン詐欺してるのにまともなランキングに入るのはこれかよ
・背筋がゾクゾクするほどつまらない
・一生全米チャートに名前すら乗らないミュージシャンがどんだけいると思ってんだ それを踏まえてからdisるように
・フジモンのPPPPも笑ったな


・お笑い芸人としては最高の結果じゃないか
・ジャスティンビーバーの影響力すげえ
・うちの高校生の娘はバカ受けしてた
・面白さは全く分からんけど、素直に凄いな
・来年忘れられてるNo.1
・鼠先輩
・ラッスンなんとかよりは面白い 最初見たときクスッとはした
・まあ日本人より外国人が楽しいんだろうな
・アメリカ人のツボほどわからないものはねえな
・英語圏の人にはハマる何かがあるのかもしれない
・ジャスティンに大金はらって、宣伝して貰うのが売れる一番の近道。
・ま、アメリカの音楽マーケットもこの程度って事だわな。
・イケメンがバラード風に歌うペンパイナッポーアッポーペン

コメント

  1. 5
    2016/10/25 16:54

    史上最速の一発屋なんてのは非リア充の妬みでしょ。
    すごい昔からお笑いやってて、音楽にも真剣に取り組んでて形はどうあれ、やっとこさ評価されてんだから、よかったねで良いじゃん。

  2. 4
    名無しさん 2016/10/21 8:26

    フジモンってコンビの時は原西ありき
    パクリ芸の時はザキヤマありきでウケてるだけでピンだと全然面白いと思わない。

  3. 3
    名無しさん 2016/10/21 1:27

    やっぱフジモンがやると違うな

  4. 2
    名無しさん 2016/10/20 18:24

    テイストとしてはカンナムスタイルと一緒でしょ

  5. 1
    名無しさん 2016/10/20 17:17

    まさにコロンブスの卵なんだよな。あっぱれ!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事