OTHER

HEADLINE

オリラジ中田に干され疑惑!?テレビ番組次々と降板で…破れかぶれ!?たけし 岡村を名指しで批判w

「今年3月に『ビビット』(TBS系)、9月には『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)と、次々と番組から卒業。これは、あの事件で干されたんじゃないかというウワサで持ち切りですよ」(スポーツ紙記者)

“武勇伝”や“パーフェクトヒューマン”など、沈んでは何度もはい上がってきたお笑いコンビのオリエンタルラジオ。その勢いを牽引してきたのが、“あっちゃん”こと中田敦彦だ。

「相方の藤森慎吾さんの“チャラ男”キャラを確立させたのも彼のアドバイスだと言われています。藤森さんはブレイクのきっかけを作ってくれた中田さんに感謝していますが、最近はふたりの間にはすきま風が吹いているようですよ」(ワイドショー関係者)

松本人志に謝罪拒否

’07年には生放送中のラジオで取っ組み合いのケンカをし7分間、放送を中断させたことも。当時は若気の至りですんだが、今回は事情が事情だけに、深刻だという。

「’17年2月に脳科学者の茂木健一郎氏とダウンタウンの松本人志さんが“笑い”で衝突し、茂木氏が生放送で松本さんに謝罪したんです。

それに対し中田さんは4月のブログで、茂木さん支持であることを表明したうえで、 《大御所の番組に出演して大御所に面白くないと言われ公開処刑をされてしまいました》と、名前は出さないものの、松本さんのことを批判したのです」(前出・スポーツ紙記者)

吉本興業内では“絶対的地位”にあり、同じ事務所の大先輩にケンカを売ったことで、社内は大騒動になった。

「中田さんは昨年5月のラジオで“幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている”と明かしました。でも、彼はガンとして謝罪を拒否し続けたそうです。

そんな頑なな態度に藤森さんは、“なにやってくれてるんだ”という気持ちでしょう。相方と違い、彼はすぐに松本さんへ謝りに行ったそうですよ」(構成作家)

そんなことがあったせいか、長くやってきた2本のレギュラー番組からの卒業は、何らかの圧力で“干された”という印象を持たれたのだろう。

「松本さんが直接言うことはないでしょうが、周りのスタッフなどが忖度する可能性は十分あるでしょう。

中田さんはお笑い芸人としてだけでなく、音楽やファッションのプロデュース業にも力を入れていることをブログやラジオで明かしています。

となれば、芸人として活躍したい藤森さんとは方向性の違いが決定的で、コンビ解散もあるかも」(芸能レポーター)

そこで、生放送のラジオに出演前の中田に話を聞いた。

─オリラジ解散という話も出ているようですが?

「全然、全然」

─プロデュース業のほうに専念するつもりですか?

「専念でなく、両方しますよ」

─番組卒業が続いたのは、松本さんの一件で干されたわけじゃないと?

「干されたってことじゃない。仕事を整理したんです」

─ブログで藤森さんがRADIOFISHの活動を負担に感じていることを明かしていますが、これはコンビ不仲が原因なのでは?

「(笑顔で)また取材をしに来てください」

お笑いだけでなく、音楽やファッションもプロデュースする中田。彼にはどんな未来が見えているのだろうか─。

[via:週刊女性PRIME]
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1010/sjo_181010_8155082650.html

妻の福田萌がコメント

中田敦彦(36)の妻で、タレントの福田萌(33)が10日、自身のツイッターで夫の“テレビ干され疑惑”について言及した。

「夫の中田敦彦がテレビ干されたとお騒がせしていますが、もし仮に彼を干した人物がいるのなら、それは紛れもなく“私”です」と切り出した福田。

“疑惑”について「『ワークライフバランスは!?』『子育て手伝え!!』と言い続けた結果、このようになってしまいました。そのことについてお詫び申し上げます」と明かした。

[via:スポーツ報知]
http://news.livedoor.com/article/detail/15425423/

破れかぶれ!?たけし 岡村を名指し批判

10月1日、「オールナイトニッポンPremium」(ニッポン放送)がスタートした。

プロ野球のオフシーズン(10月~2019年3月)の期間限定放送で、日替わりパーソナリティーをココリコ、中川家、オリエンタルラジオ・中田敦彦、よゐこ、Kis-My-Ft2らが務める。

2006年4~2009年3月までコンビで「オールナイトニッポン2部」を担当した中田は、今回はピンで受け持っている。「まったく新しい武勇伝を作るために、パーフェクトなラジオをお届けします」と抜擢時にコメントを発表した中田。

初回(10月3日)放送回では、「はがきもメールもいらない、#中田敦彦ANNP をつけて3行以上のツイートを!」と事前告知したおかげで、〈#中田敦彦ANNP〉はその日のトレンド6位まで上昇したという。

で、中田の話した内容はというと、一般のリスナー向けというより、かなり同業者への個人「口撃」が占めていた。

「最近、ファッションブランドを立ち上げたこと、『幸福洗脳』と胸に書かれたTシャツを1万円で販売していること、今はネタもコントもやっていないことなど近況を紹介した後は、悪口に終始。

『ヒルナンデス!』を見ていて眠くなっただの、賞レースに参加し続ける芸人を批判。

ネタもコントもやらない芸人、ビートたけしの映画監督業を否定しないのは、偉いからだとぶった切り、『オールナイトニッポン』出演中のナインティナイン・岡村隆史に卒業を迫るなど言いたい放題だった」(芸能ライター)

中田はこれまでにも松本人志に噛みついた過去がある。今回は岡村を血祭りにあげた形だ。

「岡村さん、そろそろどいてくんないですか?っていう。勘弁してくださいよ。矢部さんがどいたんだから、もう岡村さんもどいてほしいんだけどな」とまくし立て、「岡村さんから中田の流れって、スムーズに行けそうな気がするから」と後釜を虎視眈々と狙っていることまで明かしてみせた。

「中田は米大統領の任期まで持ち出して長寿番組の是非を問い、先輩芸人に直球で降板勧告をやってのけた。芸風とはいえ、身の程知らずにも程がある、という気にもなってしまいますよ。

相方の藤森慎吾が出演しなかったのは、中田の口撃は誰にも止められず、降りかかる火の粉を受け止める気ゼロということなのかも…」(スポーツ紙記者)

あるいは、中田はもう、先輩芸人にも煙たがられて破れかぶれになっているのか。ともあれ、そんな“悪口三昧”の中田発言、第一回は完全にスルーされた。10日放送の2回目はどうなる?

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/113735

ネットでは賛否

今回の報道を受け、『Yahoo! ニュース』では、様々な声があがっている。

「松本人志を批判するのは別にいいと思う。ただ残念なのが、この人全然面白いことを言わない。お笑い芸人の仕事である、笑いを取るということをしない仕事をしてる」

「この人の生意気な態度が鼻につきやすいので、きっとコメント欄でも叩かれるんだろう。でも、大御所に忖度せず、思ったことを発言する人が少しくらいいてても良いと思う」

「松本に干されたとか、完全に周りが勝手なこと言ってるだけやん。松本に対しても失礼な話やで」

[via:しらべぇ]
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161830419/

ネットの反応

・当たり屋芸人やんけ(^^♪
・中田よ 実在の人物はわら人形じゃないぞ
・常に何かに噛み付いて批判ばっかりしてる芸人
・卒業って便利な言葉だよな
・質の悪いプロレス。
・元気があってよろし!
・こいつじゃ岡村の代わりは務まらんなあ
・西野といい村本といい中田といい岡村に噛みついても仕方ないと思うけどな
・岡村がANN辞めても代わりにそのポジションに座るのはオリラジじゃない
・ANNはレーティングがダメならさっさと番組終わる
・岡村さん優しいからな 分かった上で噛みついてる
・致命的につまらない
・本当に面白く笑いを取れるタレントなら毒づいたり態度悪くても番組持てると思うよ
 昔のとんねるずやダウンタウンみたいに
・起業家の方が向いてそう
・こいつも留学か?
・しくじり先生のあっちゃんのコーナー面白かったのになぁ~
・一番可哀想なのは飛び火受けた藤森だな
・この人、勉強はできても世渡り下手だよね。
・なんかカルト臭が漂ってきたよ中田師匠
・ダンスはいいから真面目に花月で漫才やれよ
・中田が狙うのは太田か上田だろ
・福田萌は、超優良物件を手に入れたと思ったら、とんだ誤算だったな。
・たけしさんなんてフガフガ言ってるだけじゃないですか
 せめてこれくらい言えばいいよ

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/10/11 19:46

    脳科学者の茂木の件は単純にアンチ安倍である茂木が倒閣運動としてお笑い芸人に政権批判して欲しくて言ってるだけの話。
    自分のイデオロギーにお笑い芸人を利用して大衆に反安倍の考えを広めて選挙で負かせようという魂胆。
    その魂胆を含めて松本人志に「ツマラナイ」と指摘されただけ。
    ツマラナイという理屈で言えば中田敦彦も同様。
    毒舌として活躍してたビートたけしや、自身も生意気だったと認めている松本人志の若い頃も今の中田のように目上のタレントを弄っていたものだが、そこには面白さがあった。
    中田敦彦のそれには笑えるものがない。
    つまりネタになっていない。
    だから周りに認められない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事