OTHER

HEADLINE

コロナの女王岡田晴恵教授 ヤフコメに見るネット世論の変化 化粧もケバく色気づいた教授に辛辣な声

連日、新型コロナのニュースが報じられている。ワイドショーはスタジオで、専門家の解説を生放送することが多い。様々なコメンテーターが知名度をアップさせているが、トップクラスは元国立感染症研究所研究員の岡田晴恵・白鴎大教授だろう。

2ショットの波紋

2月17日、岡田教授への関心が高まりだしたタイミングで、デイリー新潮は「『新型コロナ』でテレビに出ずっぱりの『岡田晴恵さん』 1日5番組、驚異的な出演回数」の記事を配信した。

転載されたYAHOO!ニュースのコメント欄を見ると、当時は視聴者の大半が岡田教授に好感を持っていたようだ。

YAHOO!ニュースで記事の配信元は、コメント欄の有無を選択できる。デイリー新潮はコメント欄を設定している。

その場合、記事の下には読者からの評価が高いコメントが3つ表示される。

この岡田教授について報じたデイリー新潮の記事は、どんな内容だったのか。一部をご紹介しよう(註:この記事の引用に際しては、改行を省略したり、句読点を補ったり、デイリー新潮の表記法に合わせた)。

【1番目】
《今朝の番組で春休みだから出演できてるってことは言ってましたね。また現在は全ての講演をキャンセルしたそうです。人が集まる状況を作らないようにするためだと言ってました》

【2番目】
《本当にどこを見ても岡田先生が出てますね。無理をして体調を崩して弱ったところに、新型コロナウィルスで亡くなったなんてならない様に気を付けて下さいね》

【3番目】
《なんか言いたいことがあるんだけどパニックを恐れて言えない的な発言が見えるのが気になるね》

“ネット世論”を考える際、YAHOO!ニュースのコメント欄は興味深い。賛否を示す「そう思う」と「そう思わない」のボタンがあり、投票が可能だからだ。読者が投稿したコメントを、読者が評価するシステムになっている。

例えば4月2日現在、【1番目】のコメントに「そう思う」を押した人の数は11055人だ。その一方で「そう思わない」は926人にとどまっている。これだけの支持を獲得したからこそ、先頭に表示されたわけだ。

ここまで賛否が可視化されるツールは、SNSを含めても、なかなか存在しない。だからこそ岡田教授に対する“ネット世論の評価”を考えるヒントになるわけだ。

新型コロナの感染が拡大するにつれ、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系列・平日・8:00)の注目度は増していった。この番組に岡田教授は出演を続けている。

ファンが多くなれば、アンチも増す。日刊ゲンダイDIGITALは3月8日、「新型コロナウイルスで不安を煽るだけのテレビ番組に辟易」との記事を掲載した。コラムニストの桧山珠美氏の連載「あれもこれも言わせて」の1本だ。

文中では《「モーニングショー」では「ベルサイユのばら」のマリー・アントワネットかというような巻き髪くるくるでメークもバッチリ》と、岡田教授の容姿を揶揄する記述もあった。


ほぼテレビ初出演の1/25『サタデーステーション』

だが、この時点ではネット世論の反応は乏しかった。YAHOO!ニュースで上位3つのコメントは、全てワイドショーの報道姿勢に疑問を示す内容が並んだ。岡田教授について言及したものは1つもなかった。

和田アキ子との2ショット

つまり3月上旬までは、まだまだ岡田教授に対する視聴者の信頼感は揺らいでいなかったのだろう。

一方で、彼女自身は、世間から吹いてくる“逆風”を認識していたようだ。

3月15日、岡田教授は「アッコにおまかせ!」(TBS系列・日・11:45)に出演。人気を集めていることに触れられると、「支持してくれる方がいるのは逆にアンチの方もいてバッシングもあるので冷静に受け止めたい」と答えた。

スポーツ報知は、番組が終了すると、この発言などを報じた(「岡田晴恵教授、『アッコにおまかせ!』生出演…ネット上で『岡田教授』Tシャツ販売の人気に『アンチの方もいてバッシングもあるので冷静に受け止めたい』」)。

YAHOO!ニュースで3つのコメントのうち、2つは岡田教授の名前を出した上で、番組を批判した。

《岡田先生は真面目な気持ちで出演しているのだから こういうふざけたことがやりたい番組には出なくてもいい》

《岡田教授を呼んでコロナの話をするなら、ちゃんとしてほしい》

ところが、この「アッコにおまかせ!」というか、和田アキ子(69)の行動がきっかけになって、岡田教授に対する見方が大きく変わってしまう。

放送の翌16日、スポーツ報知は「和田アキ子、岡田晴恵教授と2ショット公開し『お友達希望笑笑』」との記事を配信した。

《歌手の和田アキ子(69)が16日、自身のインスタグラムを更新。元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏との2ショットを公開した》

記事の末尾には、2ショットを歓迎するコメントが紹介されている。

《「いつも拝見しています。岡田先生の説明はとてもわかりやすいです!」「本当に素敵な笑顔です!!」》

 こんな具合だが、YAHOO!ニュースで真下に表示されたコメントは批判ばかりだ。

《頼りにしてます先生。これ見た瞬間ダメだと思った》

《和田アキ子も岡田女史もこのタイミングでこんな写真公開すると言う神経が分からない》

《濃厚接触ですよね…。職場ではピリピリするほど接近距離を気にしているけれど、芸能界の方々の意識はどうなんでしょうか?》

3つとも岡田教授に対して苦言を呈している。こんなことは今までになかった。急激なネット世論の変化は、この後も続く。

岡田批判にも変化?

スポーツ報知は3月17日、「岡田晴恵氏、新型コロナ対策『大阪方式』を支持『これをモデルに各自治体は今のうちにやっていただくことが大事』」の記事を配信した。

見出しからも明らかなように、岡田教授が大阪の対策を評価したという内容に過ぎない。だが、転載されたYAHOO!ニュースのトップ3のコメントのうち1つが、岡田教授を批判した。

《こういう提言 どっかでしてた?この方(略)変な解説者や専門家らしきひとたちの言ってきたことなんて日本ではなんの役にもたってないと思う》

そして文春オンラインが3月17日、「コロナで引っ張りだこ・岡田晴恵教授に『実験データ不適切使用』証言」と報じる。

記事の内容から考えても当然だとはいえ、コメント欄は、強い調子で岡田教授を批判するものが並んだ。

《テレビで喋るのは最初から無理があっただけの話でしょ。バラエティ(ホンマでっかTV)くらいがちょうどいい人。テレビ局のディレクターやプロデューサーの人選ミスだし、制作側は極めて無責任》

《岡田は政権批判しやすい意見を言ってくれるから、悪意のあるテレビ局に都合よく使われてるんじゃないかな》

《いい加減なことを言い、必要以上に国民の不安を煽り、この2~3月で数百回の出演をコナしているらしい》

和田アキ子との2ショットが悪い印象を持たれた矢先の文春報道である。相乗効果を生んでしまったようだ。

スポニチアネックスは3月20日、「岡田晴恵教授 吉村大阪府知事の大阪―兵庫間の往来自粛要請に『ここだけを止めたからといって…』」と報じた。

「羽鳥慎一モーニングショー」での発言を紹介した記事だが、転載されたYAHOO!ニュースのコメント欄では批判が集中した。

《何でも批判ばっかりしないで、感染予防の為に連休中の外出はできる限り自粛しましょうってぐらい言えないかな?》

《少しでも感染を防ぎたいと思うのは、大阪府知事として当然だし、岡田さんや長島一茂に非難されることではありません》

《それにしても、岡田さん、相変わらず批判ばかりしてますなあ》

評価というものは短い時間のうちに、ここまで変わるものかと驚かされる。だが最新の状況は、再び変化しつつある。ネット担当の記者が言う。

「一部の左派系メディアは、『政権に批判的な岡田教授を、ネトウヨが非難している』と解説しましたが、少し事実と異なるように思います。

むしろネット上では政治的スタンスを超えて、安倍政権のコロナ対策を『生ぬるい』と批判することが少なくないからです。

“反安倍”というレッテルの貼られた『羽鳥慎一モーニングショー』で岡田教授が政府に批判的な発言をしても、4月に入ってからは賛意を示すコメントが復活してきました。

一方、安倍首相のマスク配布を伝える記事は、炎上と言っていいほどの批判コメントが並んでいます」

YAHOO!ニュースのコメント欄やSNSでは、今も岡田教授に対する激しい意見が書き込まれているのは事実だ。

その上で、岡田教授の“芸能人気取り”を疑うような行動には、ネット世論は厳しい反応を示す傾向が強い。

だが、多くの場合、岡田教授の発言そのものについては、冷静に受け止めているようだ。内容を鑑み、是々非々というスタンスで賛否を示している。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04071100/


『ホンマでっか!?TV』初出演は1/22、その後2/5、2/26にも出演

ギャラは1回5万円程度

番組別で見ていくと、「ひるおび!」11回、「羽島慎一モーニングショー」10回、「Nスタ」5回など、1月25日から2月13日までの20日間で計46回出演している。

1日平均2・3回。売れっ子タレントでも、これだけ出演する人はそうはいまい。こんなに働いて、体調は大丈夫なのだろうか。視聴者も心配して、ツイッターにこんなつぶやきをしている。

〈岡田さん、お疲れが見える。今日は髪型決まって無いし、発言おかしいよ。寝てないな、可愛いそう〉

ある民放のプロデューサーに聞くと、

「番組出演のギャラは、基本的に1回で5万円ほど。バラエティ番組は10万円くらいでしょう。テレビ出演で顔が売れて、今後は講演依頼もかなり増えるのではないでしょうか」

白鴎大学の広報課によれば、

「今でも大学宛てに、テレビや新聞から岡田教授の出演依頼が毎日3、4件あります。すべてお受けすると体が持ちませんから、依頼は岡田教授に転送し、ご自身で選別しているようです。

出演が決まれば、メールで知らせてくれることになっています。本校は2月6日から春休みに入っていて、4月6日から授業が始まります。4月からは授業を優先していただかないと……」

2月5日放送の「ホンマでっか!?TV」で、岡田教授は、

「これから日本で新型コロナウイルスが広がって、4月をピークに流行する」

と、大胆な予想を行っている。コロナウイルスが下火になるまで、今後もテレビ出演は続くと見られる。くれぐれも自身の健康管理には気を付けていただきたい。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04071100/


岡田晴恵 プロフィール
(おかだ はるえ)
岡田 晴恵
生誕:1963年
出身地:埼玉県草加市
職名:白鴎大学教育学部教授
専門分野:感染症学、公衆衛生学、児童文学
最終学歴/学位:
共立薬科大学大学院薬学研究科前期 薬学修士
順天堂大学大学院医学研究科後期中退 医学博士

[via:白鴎大学 教員紹介]
https://hakuoh.jp/pedagogy/119
https://ja.wikipedia.org/wiki/岡田晴恵

ヤフコメの反応

・新潮が、ヤフコメの賛否で分析し推察してる。愚の骨頂だと思う。この程度の俯瞰力と分析力で複雑な国難や経済や政治に口出ししないで欲しい。芸能人コメンテーター並。ヤフコメはストレス発散もいたり、衆愚もいたり、層が偏っていたり、感情で流される人的要素がある。
・小池知事のお隣に座っていた国立国際医療研究センターの大曲医師の説明が一番分かりやすく、コロナに対して恐怖を感じました。
・医師免許も診察、処置もしたことない人を番組で使うのか疑問。
・和田アキ子に持ち上げられてから、メガネは外すわ化粧変えて髪型もフリフリし出して、不愉快になった。こういう話題の時に自分磨きはしなくていいよ。
・今まで朝はモーニングショー見てたけど、この人出続ける限りはもう見ない。
・なぜ教育学部の教授がコロナの専門家みたいな顔して発言しているのか疑問ですw
・彼女の分析力の無さが露呈して来た。当初は専門家を各局の争奪戦だったでしょうが、最近は、知識と格式のある本物の先生方がわかって来たからでしょうね!
・TV慣れしてきて、彼女の今までの生き様が出てきたように思える。何より、最近、朝から悪い意味で、女っぽい?!
・これだけ新型コロナが拡散しているのに、朝からテレビに出られるのは、専門家ではないから。本当の専門家は、それどころではないはず。
・学歴ロンダリングを繰り返して、一見それらしい肩書になっているが、現場で必要とされていない人だ。感染が本格化した今となっては、こんな人の意見は参考にならない。
・論文不正の件はどうなったの?この記事ではまったく触れてないけど?
・意見をはぐらかしてあやふや。自分の意見をハッキリ言わず同意を求めるよう辺りを見渡す。炎上するのを怖がっている。
・今日のお化粧はいつもより濃くなっていたw
・何が脚光だよ。モーニングショーやサンモニに出てデマばかり言って、国民を混乱させてるだけじゃないか。
・冷静に考えて、例えコロナの初期であっても感染症の専門家が1日5番組も出ているほどの余裕があると思いますかね。自身のところのコロナに備えた準備や各機関との連携確認などでそんな暇はないと思いますが。
・研究室で割烹着の小保方さんを彷彿とさせる場違いな感じ。
・方言丸出しの、遠慮のいらない屈託ない田舎のおふくろさん的な、最初の方がよかった。今は、眼鏡もなくなり、化粧も派手になり服装もケバくなり、胸元もだんだんと広がっていく服装がなんとも・・変に色気づいた教授は違和感しかない
・彼女が何らかの結論めいたことを発言するとき、必ずといっていいほど目が泳ぐというか、誰か賛同の頷きを探していると見えてしまうのが、どうも彼女を信用しきれないところ。
・見た目の問題は別にいいとして、この人に限らないが専門家のコメントはみんな当たり障りのないことしか言わなくなったよな。
・ちゃんと見ていない、ストレス発散の叩きたい人が、群がりはじめただけ。一部を抜き取り批判して、あおりたい人が増えただけ。この記事もその低い低いレベル。
・何故岡田教授ばかりが出演なのか?TV局の姿勢の問題だと思う。一発屋芸人の使い回しと同じす。
・何にも分かってないな。この人が一番批判食らってるんは学術的バックグラウンドがないからやで。この20年の研究業績ほぼなし。これは研究してないってことやし、言い換えれば近年の他者の研究もフォローできてないってこと。つまり大昔にちらっと研究した際の知識で語ってるだけ。だから本人も何が正しいか分かってない。言うことがコロコロ変わる。専門家というには恥ずかしいレベル。
・最近は、視聴者の批判を受けないよう発言に気を使っているように感じます。まだまだ稼ぎたいんです。こんなところで終わりたくない そういう普通の人に見えます。でも、今月末までにはニーズは蒸発してるような気がします。
・この記事は、岡田教授現象の分析記事としてなかなか面白い。ヤフコメする人は、モーニングショーで正しい情報を知りたい訳ではなく、賛否両論の議論に参加したいだけ。正しい情報を知りたければ、政府専門家が出るNHKの番組を見れば良いのであって、ワイドショーは所詮ワイドショー。

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2020/04/07 20:36

    そもそもこのオバハン、医者じゃなくて薬剤師っていうw
    こんなのをどうやって有識者扱いにしてるのか意味がわからん

  2. 2
    名無しさん 2020/04/07 20:05

    岡田って、新型コロナ菌のおかげで儲かった人たちの中の一人だからね。
    テレビ出演もただじゃ無いからね。
    だからやっかみもあるんじゃないの?

  3. 1
    名無しさん 2020/04/07 19:45

    ヤフコメって…
    あそこほど酷いとこないと思うが
    明らかに間違ってることでも90%以上いいねだったり
    エンタメのニュースに関してはちょっと見るだけで気持ち悪くなるレベル
    歪んで捻くれすぎてて邪気だらけ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事