SCANDAL

HEADLINE

デーブ・スペクターがSMAP報道で核心発言!?スタジオは凍りつき毒舌タレントは真っ青に・・・

sc20160126-1

SMAP解散騒動がいまだ波紋を広げる中、テレビプロデューサーのデーブ・スペクターさんがジャニーズ事務所とテレビ局の関係に切り込み、インターネット上で称賛を集めている。

一連の騒動について、テレビ局は「パイプ」があるにもかかわらず独自取材を一切していなかったとし、「違和感がある」と問題提起したのだ。

テリー伊藤沈黙、西川史子は素っ呆け?

デーブさんがレギュラーとして生出演する2016年1月24日放送の「サンデージャポン」(TBS系)では、前週に引き続きSMAPの解散問題を取り上げた。

18日の謝罪会見によって一応の決着をみせたことから、この日はスタジオも和やかなムードに。辛口コメントでおなじみのテリー伊藤さんも「やっと落ち着きましたよね」と温かな感想を述べていた。

そうした中で「言っていいですか?」と、自ら口を開いたのがデーブさんだった。発言を促されると、こう切り出した。

「世間的に違和感があるのは、もう全部(報道しているのが)スポーツ紙か週刊誌だけなんですよ。日常的に(SMAPを)使っているからテレビ局が一番パイプあるのに、一切独自取材していないんですよ。そういった意見、声がたくさんあるのに、なんか違和感があるんですよね」

この発言を機に、スタジオには何とも微妙な空気が流れた。

いつも舌鋒鋭いコメントを発するテリーさんですら、この時は沈黙。司会を務める「爆笑問題」太田光さんが「うーん…どういう…違和感?」とあいまいに反応すると、西川史子さんも「違和感?」と首をかしげて追随した。

sc20160126-4

しかしデーブさんは、テレビ局の不自然な報道姿勢をさらに追及した。

「だって全部スポーツ新聞が取材してるんですよ。これだけでかい芸能ニュースなのに。スポーツ新聞は直接関係ないんですよ、テレビ局が一番関係あるのに『自分達でこう調べました』が一切ないんですよ」

と続け、最後には「日本の芸能界と事務所とかテレビのあり方がすごく浮き彫りになっちゃった」として、大手芸能事務所とテレビ局の癒着にまで話を展開した。

その表情は真剣そのもので、得意のダジャレも一切なしの熱弁だった。

「よく言ってくれました!」「とっても正論!」

sc20160126-3

これを受け、太田さんは「あぁー」と納得した様子をみせたのだが、杉村太蔵さんが「そんなことよりね!」と突然話を変えたため、結局、デーブさんの問題提起は特に触れられることなく流されてしまった。

sc20160126-5

デーブさんの言うように、日頃からドラマやバラエティー番組でSMAPを起用しているテレビ局ならば、取材するにはどのメディアよりも有利だ。そもそも早いうちから解散問題を認知していた可能性が高い。

しかし現実は「パイプ」が有効活用されることはなく、テレビ各局が進捗や裏事情を独自に取材して報じる動きはみられなかった。

各局の情報番組では、ジャニーズ事務所側と残留メンバーだった木村拓哉さんを持ち上げるスポーツ紙の記事を紹介するばかりで、取材といえば芸能レポーターに話を聞いたり「街の声」を集めたりする程度。

つまり、話自体は視聴率のために取り上げるが、真相に迫ることは事務所との関係上「したくない」「できない」ということだろう。

こうした姿勢に対しては、インターネット上でも、

「テレビ局はあれだけ当事者に節操なく取材するくせに、SMAPのメンバーにも事務所の社長にもどの1社としてインタビューひとつすらしない」

「記事がきちんと取材してなかったり、煽り記事だったりって司会者や芸能レポーターやコメンテーターはわかってるよね」

「テレビが一番スマップに近いんやから、局内部とか関係者へ取材せーよ」

との不満の声がいくつも上がっていた。

それだけにデーブさんの発言には「よく言ってくれました!」「鋭い所を突いたな」「とっても正論!」といった称賛の声が相次いでいる。

[引用/参照/全文:https://gunosy.com/articles/aZyRW]

生放送ならではの作戦?

なぜインパクトがあるのか。その理由は簡単だ。誰もが思っているのに誰もが何かを気にしてテレビでは言わなかった意見を言ったからである。

報道や情報の番組では通常、事前取材と称して、コメンテーターがどんな発言をするかを聞いておく。「レイプの被害者のほうにも、隙があるんですよ」と言った「不規則発言」を予防するためである。もちろん、番組の流れを阻害しないように、公平中立を保つようにと言った目的もある。

しかし、生放送ではこれを防ぎきれない。本当に言いたいことは、打ち合わせでは言わない、と言う方法をとることが出来るからだ。

sc20160126-2

日本のテレビ局には芸能ジャーナリズムと言った健全なモノは存在しない。きちんと宣伝情報の取材に来てくれるワイドショーにはおつきあいで特ダネを流す。ふだんあまり、芸能情報を扱わない番組にはやりたいときでも取材許可が出ない。

ギブ・アンド・テイクの世界である。さらに芸能プロダクションの都合の悪い面を取材するにしては今の芸能プロダクションは力を持ちすぎた。

[引用/参照/全文:http://blogos.com/article/156891/]

ネットの反応

・大手事務所の言いなりのテレビ局情けない
・素人とか事務所弱いとこなんかは自殺するまで追い込むのにな
・テレビ局がそこにふれると今後一切局にジャニーズまわしてもらえないからな
・こりゃあデーブ干されるか?
・デーブは干されてもメインは海外動画売る仕事で独壇場だから問題ない
・デーブ・スペクターが干されたら、日本のテレビ局終わったな。
・太田光と西川史子とテリー伊藤が真性の屑だって記事ね?
 >所詮は相手を選んでギャーギャー吠えてる小物って事よね
・デーブ最高じゃん。 太田や西川糞だせえな。
・テリーと西川は、肝心な時に話をしない。
・で、杉村がこの話を「そんな事より」と言えるくらい大事な話は何だったの?
 >ファインプレーなのでもちろん話の内容に関するお咎めはなし
・解散報道まっただ中に草なぎがドラマの番宣で生出演しまくってたのに、本人いなくなって数分後に「SMAP解散どうなる?」とか、さっきまでいた本人に聞けよと
 >ワロタwww確かにwww
・テレビ離れの原因の1つがコレ
・この発言を軽くスルーしてデーブを馬鹿にするからテレビは嫌われる。

デーブは何気に凄い人
sc20160126-6
アメリカABCテレビ番組プロデューサーとしての実績が功を奏し、スペクター・コミュニケーションズによる海外番組の買い付けビジネスに着手。

マイケル・ジャクソンが亡くなった時は、いち早く各局に映像を提供し、現地報道陣より先に最新情報を手に入れていたとして、どこの番組がデーブを確保できるのか、しのぎを削っていた。

各局の中にはデーブのアイデアと情報を求めて昼夜問わず連絡を入れるメディア人間が数多く、一日の睡眠時間が3~4時間は定説。2001年9月には横綱曙太郎の断髪式で曙の髷に鋏を入れた。

現在もスペクター・コミュニケーションズ名義で海外番組やユニークなCMのほか、海外セレブ、特にアメリカのゴシップ情報(雑誌記事や映像の放映権)を多く買い付け、各局に提供しており、さらにその多くはデーブ自身も出演している。

また、アメリカの最新エンタメ情報を収集するため、スペクターコミュニケーションズのロサンゼルス事務所よりエンタメ誌を空輸させている

[引用/参照/全文:https://ja.wikipedia.org/wiki/デーブ・スペクター]

コメント

  1. 11
    名無しさん 2016/02/08 22:38

    そもそもTV報道に期待していないから誰も違和感を感じない。TVの報道に期待をしているデーブは違和感を感じ取れる。違和感のないところに違和感って言ったからみんなが「?」ってなっただけ。日本のTV報道の違和感に気が付いていたのはデーブだけだったっていうね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事