SCANDAL

HEADLINE

福井照議員が豪華クルーズW不倫旅行wハレンチ大臣がなぜ美人官僚【画像有】を口説けた?

12月22日午後、一組の熟年カップルが広島県尾道市のベラビスタマリーナに現れた。

恰幅のよいスーツ姿の男性は、自民党の福井照衆議院議員(65)。今年10月まで、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、海洋政策)の要職を務めていた人物だ。

そして、福井氏と腕を組んで歩くロングヘアの美女は、外務省官僚。

ふたりは楽しげに会話しながら、マリーナに停泊する客船「ガンツウ」に乗り込んだ。旅程は瀬戸内海周遊2泊3日。料金は最安でもひとり50万円という超豪華クルーズだ。

ふたりにはそれぞれ伴侶がいる。つまりダブル不倫カップルだ。福井氏を知る自民党関係者がいう。

「当選7回の福井氏が、長年『絶対に大臣になれない男』と言われ続けていたのは、その女癖の悪さゆえです」

永田町で話題になるのは女性問題ばかりの福井氏。今年2月に福井氏が初入閣した直後、週刊文春では、福井氏がかつて、愛人とのタイ旅行の代金96万円を、出資金詐欺を行っていた人物に負担させていたことを報じていた。

その際、福井氏は週刊文春に「妻や家族にはこの件で大きな心痛を当時与えてしまい、いまも私の大きな反省としています。不徳はすべて私にあります」とコメントしていた。

24日午前11時過ぎ、帰港した船から降りたふたりはハイヤーで福山市の景勝地・鞆の浦に向かうと、腕を組みながら散策を始めた。

週刊文春記者が声をかけると福井氏は女性の腕をさり気なく振り払い、ギョロっと目を見開いた。

――2泊3日でクルーズに行かれていましたが。

「全然わからない」

不倫ではないかと問うと、福井氏は女性を放置。赤信号を無視して一人歩道を渡り、土産屋に籠城した。約15分後、ふたりは土産屋で合流すると無言でタクシーに乗り込み、去っていった。

相手女性のプロフィール、福井夫人のコメントなど、詳しくは12月26日(水)発売の「週刊文春」で報じている。また、「週刊文春デジタル」では同日午前5時より福井氏への直撃取材の様子を収めた動画を公開する。

[via:文春オンライン]
http://bunshun.jp/articles/-/10137

女癖の悪いハレンチ大臣


不倫相手は岡垣さとみ

還暦をとうに過ぎた福井氏に寄り添う美女は、いったい何者なのか。

「外務省国際協力局地球規模課題総括課の岡垣さとみ氏です。既婚者同士のふたりの関係は、外務省内の一部職員の間では噂になっていました」(外務省関係者)

[via:文春オンライン]
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-10000530-bunshuns-pol

週刊文春が追及しているいま一人のハレンチ人間は、女癖の悪さで名高いといわれる福井照・自民党衆議院議員である。この間まで内閣特命担当大臣をやっていた御仁だ。

不倫の相手は外務省国際協力局地球規模課題総括課の岡垣さとみだという。ともに既婚者だから、いわゆるW不倫である。

週刊文春に目撃されたのは12月22日(2018年)。広島・福山駅でハイヤーに乗り、瀬戸内海に停泊しているラグジュアリー客船に乗り込み、宮島沖・大三島沖錨泊3日間、1人50万円から100万円の極上の旅を満喫したという。

男も男だが、こういう”先生”と不倫しようという女の気持ちが分からない。福井議員の奥さんは、こうしたことに諦めきっているのか、週刊文春から伝えられても、「そうですか」と呟いただけだったそうだ。女のほうの亭主は、この記事を読んで何と思ったのだろう

[via:J-CAST]
https://www.j-cast.com/tv/2018/12/27347052.html

岡垣さとみ プロフィール

お茶の水女子大学文教育学部哲学科を卒業後、1992年に外務省に専門職員として入省しました。所謂、キャリア外交官ではありません。

年齢は明らかになっていませんが、お茶の水女子大学を卒業し、1992年に外務省に入省したことを考えると、1969年前後生まれの現在、49歳と推測されます。

入省後岡垣さとみ氏は外務省員に必要な語学研修として、カナダ・クイーンズ大学大学院で社会学修士課程(ジェンダー専攻)を修了し、国際連合の日本政府代表部書記官等を経て、現在は、外務省国際協力局地球規模課題総括課の上席専門官の職にあります。

2016年に伊勢志摩サミットが開催された時は、岡垣さとみ氏は外務省の伊勢志摩サミット準備事務局の次長として「食」を担当していて、NHKで紹介されたことがあります。

外務省の顔として、講師として日本各地の高校での高校講座にも登壇しています。

[via:https://smile-net.net/1173]

ネットの反応

・みっともねーな
・瀬戸内海の綺麗な海を観ながらハレンチな事してたんやろな。
・しかしこの100万円は、まさか政治資金じゃないだろうな
・場末のホステスならわかるけどインテリの官僚でもこんなおっさんがいいの?
・相手の顔だけを隠す意味も良くわからん、公務員なんだから尚更出せ
・美人じゃないけど雰囲気はあるね、男ウケが良さそうだw
・お相手の「岡垣さとみ」さんは熟女AVに出たら売れると思う(笑)
・表に出ない仕事なら顔バレまでする可能性は低かったのに下手に講演とかしてた事が仇になっちゃったな
・この100万円は歳費から出たのかと思うと腹立たしい。
・こんな人物だから国会議員をしているんですよ。普通の人ではなれません。善し悪しのわかる人は国会議員になれません。
・本当二階派ってこんなのばかり。
・岡垣さとみさんも福井と一緒に辞めて下さい。その覚悟があっての不倫ですよね。
・これも森友加計から国民の目をそらすための安倍の印象操作か?
・自分の金でやっていて、仕事さえきちんとやってくれれば、不倫でも何でもかまわない
・「わいは不倫したくて議員やってまんのや。」
・このエロ馬鹿議員、即辞職せよ。
・この人は病気、自分の立場も理解出来ない相当ヤバい、議員している場合じゃ無い。
・こいつは悪くない。こいつに投票するやつが悪い。
・岡垣さとみさん、年末に大変なことになったね。とりあえず、高校講座の仕事からは降ろされるだろう。海外に飛ばされるかもね。
・しゃこたん島おじさんになぜ美人官僚が口説けた?

 >恥を知らない猪突猛進型が岡垣さとみ氏のような美人キャリアには響くんだろうね。
 >100万円もするような豪華クルーズをエサに岡垣さとみを口説いたんじゃないの?
・65歳にもなってすげえじいさんだな。でも、男は顔より金なんだよね。
・福井照がすごいのは、外務省のキャリアウーマン人妻を口説いて、クリスマス前に不倫クルーズに連れ出したってこと。
・他の議員はプライドがあるから口説かない相手。普通、夜の店の金にむらがるねーちゃんしか相手にされない。
・恥を恐れず、口説く勇気を持っていた福井議員とそれに応えた外務省岡垣さとみ。
・この人物、何とかならんのか?

関連商品

コメント

  1. 2
    利田 2018/12/30 5:42

    キモい

  2. 1
    名無しさん 2018/12/29 9:51

    まぁ〜未成年に走らないだけまだマシな気がしますが•••

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事