SPORTS

HEADLINE

本田圭佑の活躍に「許しを請いたい」異例の謝罪文掲載の伊メディアは「手のひら返し」!?

「センセーショナルな”ドッピエッタ”(1試合2得点)」―― イタリア内外での、ACミラン・本田圭佑選手対する絶賛の声は日増しに大きくなる一方だ。

さらに、シーズン開幕前に本田を強く批判してきたメディアやサポーターは、過去の発言を「後悔している」と発言し、ついには謝り始める事態に発展している。


伊メディアが本田圭佑に謝罪


イタリアメディアは、いわゆる”手の平返し”が多い。

中でも、ニュースサイト「Leo Sport」は、「かつてほど(のレベル)ではないセリエAだが、それでも成功することは難しい。(本田は)デビューシーズンが後ろ向きだっただけに、華麗なまでに偏見を称賛へと替えてみせた」と本田の活躍を絶賛している。

また同じくニュースサイト「Giornalisti nel pallone」も「本田に許しを請いたい。私はずっと彼の獲得はマーケティングの一環だと言い続けてきたが、彼は間違いだと証明した。7試合で6ゴールは、まぐれでも何でもない」と評価を一変させている。

インザーギ 本田圭佑 祝福
さらに辛口メディアの一つ「Calcio web」では「最初、私たちは彼に大いに期待し、その後、実力が伴わないものだと思った。

ただ、今はACミランがチャンピオンズ・リーグの舞台に上がれるかどうかが、彼の肩にかかっている。ホンダという名前のわりに少し遅れてしまった感はあるが、日本から来た男に改めて”ようこそ”と言いたい」と、謝罪めいた論評を次々と掲載した。

これまでにもイタリアでは多くの選手が批判にさらされてきたが、このような謝罪文を掲載するのは異例である。

イタリアメディアは、こういった”手の平返し”行為を自認し、肯定もしているようだ。

記事には、手の平返しを批判する者への反論とも言うべきジャーナリストの発言も紹介している。いわく「良い時は褒め、批判することも必要。ただ単に”応援団”となったメディアの称賛記事が最も恥ずべき行為である」「報道はあくまで中立に」ということだそうだ。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9383826/]

事実、当時の本田は、厳しい批判にさらされてしかるべきプレーに終始していたのだから当然である。

しかも、そう遠くない過去に欧州のみならず世界を席巻した実績から「名門」とされるクラブの選手であればなおのこと。

本田圭佑 ヴェローナ戦でゴール
わずか1試合のわずか1プレーを誤っただけで容赦なく吊るし上げられる。その是非はともかく、ここイタリアで「ジョカトーレ」の職に就くとはそういうことである。

20を超える階層の頂点であるセリエAで、しかもその上位クラブに席を持つとはそういうことなのだ。しかも本田は10番である。

今明確に言えるのは、今年1月の移籍から昨季終了までの間、本田はミランの10番に値しない存在だったということだ。

ミランを50年に渡り見続けてきた、いまや80歳をはるかに超えたファンのひとりは、今年3月当時、実に寂しげな表情と怒気を交えながらこう語っていた。

「今すぐ本田はミラノを去るべきだ。クラブ史上最低の10番」。
そして、「50年目にして初めて、私はサンシーロへ通うことをやめた」と。

辛辣に過ぎる言葉なのかもしれないが、当時の状況下でそうした声を否定する材料があったかといえば、それは誰にも持ち得なかったはずである。

今季開幕から7戦で6ゴールを記録したことでメディア全体が賞賛するのを”手のひら返し”と揶揄する向きもあるが、そうではないだろう。

良ければ率直に評価し、悪ければ批判する。極めて当たり前の対応でしかない。

むしろ、批判すべきを批判せず、単に「応援団」と化した類いのメディアが並べる「提灯記事」こそが、最も恥ずべき行為である。

選手の活躍と成長を望むのであれば、前述の老人に倣い厳しい態度を示すべきだろう。対象となる選手が豊かな才能を備えているのであれば、見る目はさらに厳しくなって当たり前である。

ACミランのレジェンド フランコ・バレージ
かつてフランコ・バレージはこう言っていた。

「プレーの不甲斐なさは誰よりも選手本人がもっともよく知っている。当然、翌朝の新聞に厳しく書かれることも受け入れる用意がある。ところが、それがなければ一体なんなんだ……となる。つまり『俺は批判の対象にさえならないのか』『もう期待もされていないのか』となる」

今季、本田圭佑は本来の実力を発揮しつつある。ただし、今のミランはチャンピオンズリーグにもヨーロッパリーグにも出場していないため日程的に余裕があり、それゆえコンディションを維持できているともいえる。

真価が問われるのは、今季の後半、さらには来季といえるだろう。

ちなみに、今日現在、第7節を終えた時点で、件の老人はまだスタジアムへ戻ってきていない――。

[引用/参照:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2014/10/21/post_663/]

【関連動画】


本田圭佑タッチ集 ヴェローナ戦2ゴール 2014年10月19日

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2014/10/26 9:11

    本田よ、許しを請うのはお前だろ

  2. 2
    名無しさん 2014/10/23 22:38

    日本でも岡田監督が同じような事をされてましたね

  3. 1
    名無しさん 2014/10/23 16:36

    ワールドカップも最高のご活躍でしたよね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事