SPORTS

HEADLINE

広島が終了間際に2発!G大阪に劇的逆転勝利も…武田氏が苦言「これはCSではない」

Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦(2日、大阪・万博)

【スコア】
ガンバ大阪 2-3 サンフレッチェ広島

【得点者】
1-0 60分 長沢駿(G大阪)
1-1 80分 ドウグラス(広島)
2-1 81分 今野泰幸(G大阪)
2-2 90+1分 佐々木翔(広島)
2-3 90+6分 柏好文(広島)

武田修宏の直言!
s201501203-1
広島が後半アディショナルタイムの2得点で逆転勝ちという劇的な展開だったが、この一戦が「チャンピオンシップ(CS)」の名にふさわしい試合だったかと言われると、そうは感じなかった。

広島は敵地だと慎重に試合に入ることが多く、この日も5バック気味の守備的な戦術。G大阪もアウェーゴールを取られたくないから仕掛けも少なく、前半は見どころが少なかった。

G大阪の先制点は広島のミスから。こうなれば試合は動く。

そこから1点ずつ取り合ったが、G大阪に退場者が出てからは広島がしたたかなプレーで逆転した。

s201501203-2

スリリングな展開となり「サッカーの醍醐味」は十分に堪能できたかもしれない。でも、やはりこれは「CS」ではないよ。

年間最多勝ち点の広島と、そこから勝ち点で11点も離された「3位」のG大阪の試合なんだ。

試合前、広島の強化スタッフと話す機会があったが「負けた後に何を言っても説得力がない。だから勝たないといけない」と言っていた。

今回のCSのシステムに一番不満を感じているのは広島だよ。こんな大会を続けていれば、本当の「勝者のメンタリティー」なんて身につかない。

s201501203-3

「3位でも一発逆転でチャンピオンになれる」というのはやはりサッカーの本質からはかけ離れている。

1993年から東京Vの一員として3年連続でCSに出た立場から言わせてもらえば、この一戦を当時のCSと一緒にされては困る。

レベル、緊張感、すべてが違う。先日、カズも言っていたけど、今の日本サッカーはかなりの危機にある。スタジアムが満員になって盛り上がった、と錯覚しているJリーグ幹部は考え直したほうがいいよ。

誤解してほしくないけど、この日の両チームの選手たちは素晴らしいプレーをした。選手に非はない。ただ、年間1位の広島に「真の王者の意味を証明する」という宿命まで背負わせてしまった責任は重いよ。

[引用/参照/全文:http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/479368/]

第2戦は5日に広島のホーム・エディオンスタジアム広島で開催される。

ネットの反応

・珍しくいい事言ってるじゃん。
・セルジオ2世やな
・そんなこと言い出したら国内だけで悠々と戦ってた広島とACLで疲弊しつくしながらなんとかここまで来たガンバ大阪
・こういう試合経験した方が勝者のメンタリティは身に付くと思うけどな
・その通り。これ、野球のCSにも言えるが、2位3位とある程度勝ち点やゲーム差が開いてたら、やる必要全く無し! 少なくとも試合レベルは今の方が圧倒的に高い
・サッカーファンから死ぬほど嫌われてる武田か…
・武田の言うとおりだろ
・この文章武田が書いてるのか?
・ACLあっさり負ける広島が真のチャンピオンていうのも無理があるだろ
・鹿島が三冠した時、年間勝ち点1位は柏だったな
・それ、そのまんまプロ野球に言ってやって! 6チームの内の3位が、日本一になれる可能性があるんだぜw
・ACLを大惨敗し前期だけリーグを勝とうとした浦和が悪く日本の恥
・こいつただのタレントだろ?サッカーに口出すなよ
・というより優勝とその後のチャンピオンシップを別にすればええねん
・武田正論すぎて濡れるわ
・93年の東京Vがレベル高かったは言い過ぎw
・武田は偉くなるラインから外れてるからか正直なコメントが出来るんだなw
・早く1シーズン制に戻してください

コメント

  1. 1
    アカサカサカア 2015/12/05 0:21

    確かに野球にしろ見直すべきとこあるが、優勝したチームがモチベーション持って誇れる試合をやるしかない。全て勝てば収入も多少違うんだろうから。。。って事で週末競馬予想! チャンピオンズC海外馬集まらないし要らないG1の一つだが、、、中京のコースを考えたら内、ある程度前に行ける馬が断然有利なコース設定。だから、コパ、タルマエでは面白くないから、ある程度強気に乗って欲しいなの願望含めて2から。大野高木のコンビはスノーDの例もあるし期待してる。当然まともに走れば7、13は強い。1も強いが後方一気で外回して勝てるコースではない。怪物級でも捲るなり先頭を射程にしないと厳しいのでは?インがあくなら別。穴なら368辺りか。。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事