SPORTS

HEADLINE

【F1並の速さ!?】道端ジェシカとバトンわずか1年で離婚へ。63億円の資産の行方は・・・

ジェンソン・バトンと道端ジェシカが離婚を決意したと英国の複数のメディアが報じている。

ジェンソン・バトンの広報担当は「ジェンソンとジェシカは別れることになったが、とても友好的な関係にある。」と MailOnline にコメント。

ジェンソン・バトンと道端ジェシカは、2008年から交際をスタート。

2014年のバレンタインデーにジェンソン・バトンは道端ジェシカに推定4300万円とされる婚約指輪を贈りプロポーズ。同年末にハワイのマウイ島で結婚式を挙げた。

s201501224-3

しかし、その直後にジェンソン・バトンは「結婚する前ほど一緒に過ごすことができないでいる」とコメント。

F1ドライバーとして世界を転戦する自身と日本でモデルとして活動する道端ジェシカとの間に生活のすれ違いがあることを示唆していた。

欧州では、結婚前に夫婦の共有資産の範囲を決めておく婚前契約書を作成することが多いが、2人の間にそのようなものは存在していなかったという。今回の報道を受け、ジェンソン・バトンの莫大な資産に目が向けられている。

[引用/参照/全文:http://f1-gate.com/button/f1_29543.html]

63億円の資産めぐり話し合いに

婚前契約書を作成していない2人は推定3,500万ポンド(約63億円)とされるジェンソンの資産を巡って、すでに話し合いに入っていると思われている。

ある関係者はザ・サン紙に「ジェンソンとジェシカは結婚前に資産に関する契約を一切交わしませんでした。金銭については両者間で話し合いが行われていますが、どうなるかを予想するにはあまりにも早い段階です」と話している。

また同紙によれば、10月にテキサス州オースティンで行われたアメリカグランプリ期間中に2人は離婚に向けて初めて率直に話し合っていたそう。

前述の関係者は「結婚後、以前のような生活が続いていて、お互いに何も変わりませんでした」「どちらかが妥協する必要があったのですが、どちらともその気がなかったんです」と離婚に至った経緯を話している。

またジェンソン自身も以前、ジェシカがモデル活動のためにほとんどを日本で過ごす中、自身はモナコを住居としながらF1のために世界中を飛び回っているため、夫婦になっても一緒に暮らしていないことを明かしている。

まだジェシカが東京で母親と一緒に住んでいるという一風変わった夫婦生活について「結婚前以上に会う回数が増えたことはないね。

ジェシカはまだ日本でたくさん働いているからさ。彼女は自分の仕事が大好きで、モデル以外にもテレビ番組もあったり、最近では邦画にも出たところなんだ。仕事を楽しんでるし、それって素晴らしいことだよ。

だけどもちろん、そのことで会う機会がほとんどないってわけさ。僕らがまだモナコに腰を落ち着けていないのは間違いないよ。少なくとも今のところはね」と語っていた。

[引用/参照/全文:http://www.narinari.com/Nd/20151235352.html]

道端ジェシカ不倫報道も[2015年11月12日]

ハーフモデルの道端ジェシカが、ファッション系コンサルタント会社のCEO(最高経営責任者)であるジュアン・ラバナル氏との“デート”を「女性自身」(光文社)にキャッチされた。

総資産が100億円を超えるとされるイケメンレーサー、ジェンソン・バトンとの“ハイパーセレブ国際婚”は話題となったが、結婚から一年も経たないうちにいきなり“不倫疑惑”を出してしまった様子。

代官山をスキンシップもとりながら並んで歩いていたそうで、その雰囲気は恋人同士そのものだったという。

「ジェシカのインスタグラムには、ジムでのトレーニングを終えたような写真など、ラバナル氏とのツーショットがいくつも乗せられています。

道端の所属事務所は『そんな関係(不倫)なら、インスタグラムに写真は載せないでしょう』と友人関係を強調しているようで、ラバナル氏も『友達ですから』と疑惑を否定しました。

海外と日本人では恋愛やスキンシップに対する概念が違うかもしれませんが、ジェシカはハーフではあるものの生まれも育ちも完全に日本。奔放な性格もウワサされていますので、疑惑を完全に払拭することはできません」(芸能記者)

s201501224-1

お互い世界中を飛び回る仕事のため、結婚後も夫と会う機会は少ないという道端。遠く離れる中で恋愛を楽しんだとしても特段不思議はないだろう。

それにしても、トップレーサーの夫をゲットし、海外の実業家と不倫疑惑というのだから、道端の“セレブウケ”は相当なものだ。

「大物に“媚びる”力はかなりのもの、とよくいわれていますからね。業界の大物たちにしなだれかかるような写真や、『おっぱいTシャツ』の上から胸を揉まれているような写真も出てきています。

s201501224-2

姉のカレン、妹のアンジェリカと同じく、遊び好きの“ヤンキー”気質という情報も。先日、大物実業家と熱愛が報じられた紗栄子と同様、カネ持ちに取り入るテクニックは天下一品なんでしょうね」(同)

ちなみに、道端は、紗栄子の元カレである音楽プロデューサーの大沢伸一氏と交際していたという話もある。類は友を呼ぶではないが、本当に似たような人物なのかも……。

[引用/参照/全文:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151110/Cyzo_201511_100_10.html]

ネットの反応
s201501224-4・結婚て男にリスク高すぎるよね?
・バトンの莫大な資産半分ゲットできるんだろうか
 >日本の法律の場合だと、手にできるのは結婚後に稼いだ資産についてのみ。外国の法律はわからん。
・昏睡強盗の被害に遭った、くらいの情報しかない
・下半身も早かったのか
・全然遅いな、3ヶ月で別れたあいつのほうがすごい
・あんなに長い期間付き合ってたのにこれかよ
・車は遅いのに逃げ足は速いな。
・仲よさそうだったのに
・もう十年近く付き合って、いつ別れるんだら思ってたら結婚して驚いたがすぐ離婚か。
・自分が自分の才能と能力で命かけて稼いだ財産をたった一年付き合った不倫女にがっつり持ってかれるとかw
・命をかけたF1ドライバーで10数年のキャリアとしては貯金、すくなっと思うw
・結婚1年だから、1年分の収入の半分こじゃないの?3億ぐらいじゃないの
 >交際7年結婚1年なら半分はもらえるだろ。
・ゴクミとアレジのところのように事実婚でも良かったんじゃないだろうか
・バトンえらい地雷踏んだなw
・数ヵ月後、毎回表彰台を独占するマクラーレンホンダの姿が!
・たいした女でもないのに高く付いたなあw
・長く付き合っても、結婚に向いてないカップルもいるんだよな
・ホンダがバトンにダダ漏らした日本円を取り戻すくらいはしろよネーチャン
・これが目的 数年かけてじっくり目標を達成する 努力の女

コメント

  1. 1
    多嶋 2015/12/24 20:39

    子供できないから…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事