TALENT

HEADLINE

小倉優子に逆風!夫が反撃「事実と反する」事務所が印象操作!?別居の理由は未だ闇の中だが・・・


一人暮らしのマンションから出勤する夫©文藝春秋

歯科医師Aさんとの離婚危機が報じられたタレント小倉優子に逆風が吹きだした。

小倉は7歳と3歳の子供を連れ立って、Aさんと‘18年12月に再婚。夫婦円満に思われたが、昨秋ごろから亀裂が生じ始めていたという。

一報を伝えたのは3月11日発行の「サンケイスポーツ」。

同紙によれば、歯科医を営むAさんが家業のこともあり小倉に「芸能界を辞めてほしい」と頼んだところ、ママタレとして活躍中の小倉がこれを拒否。

昨年11月には2人の初子となる妊娠が判明したが、「ご主人は妊娠を知りつつ、結婚1周年記念日にあたる昨年のクリスマス直前に突然、家を出ていったんです」と、関係者の証言を載せている。

今年1月には弁護士を通じて離婚と2人の息子との養子縁組解消を求める書類が届いたという。

記事によれば、小倉は親しい知人に「夫は一生懸命、家庭に尽くしてくれたのに私が甘えてしまった。別居直前まで夫婦関係は良好だと思っていたのに…」と涙ながらに告白。

「夫がこんなにも怒りっぽい人とは思わなかった。でも、子供たちや生まれてくる子のためにも、元の関係に戻りたい」と話していたという。これを受け、ネット上では小倉に対する同情論が殺到したが……。

3月13日放送の『グッド! モーニング』(テレビ朝日系)では、渦中のAさんが反論。映像も音声も流さず、夫が語ったことを読み上げる形で放送された。

Aさんは「事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います」と切り出し、

「私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは一度もなかったです」と明かした。

さらに、昨年のクリスマス直前に突然家を出たという話にも「私から一方的に家を出た事実もありません」。

一部で小倉のお腹の中の子供に「会いたくない」と報じられたことに関しても「お腹の子に限らず子供たちを本当に大切にしていましたし、子供たちも私のことを今も大切に思ってくれているので、流れとしては私が最も望まない形になっている」と強調した。

食い違う双方の主張。一体どちらが正しいのか……?

「このネタを追っていたのは、実は『女性セブン』でした。ところが、週頭にセブンが小倉さんの所属事務所に事実確認の問い合わせをしたところ、なぜか先にサンスポに出てしまった。

サンスポも同じネタを追っていた可能性はありますが、業界では『小倉の事務所がサンスポに流したんだろ』ということで通っています」(ワイドショー関係者)

この手の“スクープ潰し”はマスコミ業界では日常茶飯事で、仕方のない部分はある。ただ、サンスポの記事が“ゆうこりん擁護”の内容だったため、昨年大炎上した「あの一件」を思い出した人も多かった。

「木下優樹菜さんの“タピオカ店騒動”ですよ。彼女と小倉さんは同じ事務所の所属で、人気のママタレという立場も一緒。

どうしても同じように世間に色眼鏡で見られてしまう。妻と夫の言い分が180度違うにもかかわらず、ネット上では木下さんの時のような逆風が小倉さんに吹き始めています」(スポーツ紙記者)

稼ぎ頭だった木下に続いて、小倉まで潰れてしまったらシャレにならない。事務所が彼女の今後を心配するのは、ビジネス的にも自然な流れだ。

「理由がどうであれ、約1年でのスピード離婚は”ママタレ”のイメージには大きなマイナスなのは間違いない。

小倉は何とかして元サヤに戻ろうと努力しているようだし、事務所もそれも全力でバックアップしている。その願いが夫に通じるかは、神のみぞ知るというところでしょうかね」(テレビ局関係者)

小倉にとっても、事務所にとっても正念場になりそうだ――。

[via:FRIDAY]
https://friday.kodansha.co.jp/article/102057

《事実と反する報道がなされていることについて、本当に残念に思います》

3月13日放送の『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)で、小倉優子と別居中の夫・A氏が取材に応え、番組上でコメントが読み上げられた。

すると騒動発覚後、続々と報じられた夫婦の“内情”を、同氏はことごとく否定して見せたのだ。

別居の原因として、A氏は「専業主婦になって、自分を支えてほしい」と、小倉が仕事をすることを望まないとされる旨の報道が多く目についていたのだが、

《私の役割として、芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っておりますし、やりがいも感じていたので、私から引退を迫ったことは1度もなかったです》

事実はまったくの逆で、むしろ妻の仕事を応援していたと話した。

また、昨年12月にA氏が「家を飛び出した」と書かれたことに対しても、

《私から一方的に家を出た事実もありません》

これもまた事実でないと反論したのだった。

「騒動をスクープした週刊誌やスポーツ紙を含めて、総じて、ゆうこりんを擁護する風潮が見て取れました。

おそらくは“原因はA氏にある”と多方面から読ませることで、世間に対して“彼女は被害者”という既成事実を作りたかったのでしょう。

ですが、このやり方で、真っ先に思い出すのが、ゆうこりんと同じ事務所のユッキーナなんですよね」(芸能レポーター)

小倉と同じ芸能プロダクションに所属している木下優樹菜。現在、表舞台から姿を消すことになった、そもそもの発端は彼女の姉が務めていたタピオカ店でのトラブルだ。《中略》

ゆうこりんの場合も“事務所総出”で動いたのかどうかはわかりませんが、A氏もさすがに報道に耐えかねたのでしょう。

一般人のA氏が“まさかメディアに出てまで反論はしないだろう”と、たかをくくっていたように思えます」(同・芸能レポーター)

それでも、先の番組でA氏は、

《詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょうし、子供をより傷つけることになるので、あまりたくさんお話することができなくて申し訳なく思っています》

と、貶められた今もなお、小倉と子どもを気遣い、本当の“内情”を明かすことは避けた。一方の妻は、

「インスタで《夫を支える妻として私の至らない点がありました》と、甲斐甲斐しく綴っています。

また、“子どもたちや生まれてくる子どものためにもやり直したい”と復縁を望んでいるとも報じられましたが、これも彼女のイメージを守るための“報道”なのかもしれません」(同・芸能レポーター)

“子どものために”という言葉には、どれだけの「想い」が込められているだろうかーー。

[via:週刊女性PRIME※現在は記事削除]
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56795430U0A310C2CE0000/

文春が夫に直撃

2月中旬以降、取材班は職場に向かうA氏を目撃していた。A氏は昨年末に小倉と暮らすマンションから出ると、埼玉県の実家に一旦身を寄せた後、小倉の自宅そばにある高級マンションで一人暮らしを始めていた。

「Aさんは生真面目な性格で、診療のある日は決まって朝10時には歯科医院に車で出勤し、20時に診察を終えると、近所のコンビニで夕食を調達して、病院に戻って25時過ぎまで院内で過ごすのです」(Aさんの知人)

取材班は2月下旬、診察を終えたA氏が夕食時、職場近くのコンビニでカップラーメンを買ってお湯を注ぐ姿や、コンビニ弁当を購入する姿を何度も目撃している。

「たまに飲食店に立ち寄っても、ラーメン屋くらいのものです。小倉のインスタグラムに並ぶおしゃれな食卓とはまるで違います」(同前)

「迷惑をかける立場ではありたくない」

A氏は何を思うのか。3月10日未明、帰宅したA氏を直撃した。

――小倉さんと別居をされていると思うのですが?

「私が何か発言すれば、彼女の仕事に影響がある立場なので、本当に申し訳ないんですけれど、私は発言できません。それが彼女と一緒にいる者としての責任だと思っています」

――Aさんは、本当は小倉さんとの現状を話したい?

「彼女や子どもたちに対して、なんていうか……役に立つ立場であって、迷惑をかける立場ではありたくないので。それで、ずっと首尾一貫して生きていますから。そういう立場であることを理解していただければと。すいません」

A氏の対応は誠実だったが、頑なにも見えた。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/36584


診察を終えたコンビニで夕食を購入する夫©文藝春秋

ネットの反応

・悪者にされていた夫の反論が始まったか。
・夫の言い分はまともだな
・別居の理由がわからんね
・この言い分を鵜呑みにするとゆうこりんが全面的に悪いんかな
・どちらが嘘をついてるか明白だって嘘をつく必要がないもの
・プラチナムの印象操作w
・あー同じ事務所かぁ
・事務所総出で嘘のストーリーをこしらえてたんだな
・週刊紙に嗅ぎ付けられた時点から印象操作始まってたんだろうな
・やっぱり怖い事務所ね
・何だかんだ優しいこと言っても結局は離婚一択なのは変わらないんでしょ
・もう戻らないだろうね
・歯切れが悪いなぁ。全部ぶっちゃけろよ
・詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょうし子供をより傷つけることになる ここ重要
・しゃべっちゃうとコリン星が吹っ飛ぶような問題を抱えてるんだろうな
・否定だけじゃなくて事実も教えろや
・闇が深そう
・離婚以上のダメージは浮気托卵だろう お腹の子含めて子供全員傷付く
・中出しした覚えも一度もないww
・妊娠中の妻相手に別居決め込まなければならない法廷戦術は托卵以外にあり得んぞ
 >そういう決めつけは身を滅ぼすぞ
・連れ子と暮らしてしんどなっただけやろ
・別居報道すること自体はしょうがないにしても馬鹿が騒ぎ過ぎだろ
・やはり虚報だったか常識的に考えてそれぐらいのこと結婚前に話し合いするからな
・怒りっぽいのもキレるのも小倉の方だろう
・この旦那は自分と子供をしっかり守りながら一人のクズい悪者だけを上手く抽出している
・一言で世の中の潮目が変わったね。すげぇクロスカウンター
・アピールが大きい奴ほど怪しい ゆうこりん悪手だったな
・事務所総出で擁護して自滅してしまった、さすがユッキーナの事務所
・喜多嶋舞案件か?
・托卵はわからんけど不貞があったんだろうなという印象は受ける
・旦那は真実をペラってもいいが、裁判所の心証が悪くなる
・DNA鑑定しましょう

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2020/03/17 13:02

    ほんとこういう記者ってどういう性格・神経なのか不思議に思います。

    まぁ読んでる時点で我々も負けてはいるんですけどね…。

  2. 1
    名無しさん 2020/03/17 8:13

    一般人をストーカーするとか気持ち悪すぎ文春

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事