TALENT

HEADLINE

尾崎紀世彦 失踪騒動の裏

芸能生活50周年を迎え、日本レコード大賞受賞曲「また逢う日まで」の大ヒットで知られる歌手の尾崎紀世彦(69)に失踪騒動が持ち上がった。

尾崎紀世彦

関係者との連絡を絶ち、自宅は廃虚同然に。実弟によると体の自由が利かなくなり都内で静養中だという。実力派のベテラン歌手にいったい何があったのか。

24日発売の週刊女性によると、尾崎は昨年5月に関西で行う予定だった公演を体調不良のため8日前にドタキャン。その前後には所属事務所との契約も終了し、”失踪状態”と報じている。

東京・世田谷にある自宅を訪ねると、人気のないガレージにホコリを被った2台のバイクと自転車が駐車されたまま。ニスが剥げ落ちた玄関の木製のドアは白ちゃけ、郵便受けには、チラシ類が詰め込まれていた。

尾崎紀世彦 自宅
尾崎紀世彦 自宅

こうした中、24日放送のフジテレビ系「とくダネ!」やテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」では、神奈川・茅ヶ崎で飲食店を営む実弟を直撃。弟は、「失踪ではありません。20日も電話をしましたが元気です」としたものの、「体の自由がきかなくなっていて、都内で世話をしてくれる人と暮らしています」と話し、深刻な病状をうかがわせた。

病名やくわしい容体は分からないが、昨年2月に体調を崩し、同10月には弟が入院先に見舞いに訪れたという。

尾崎は私生活では2度目の結婚が2006年2月に破綻。長女の親権をめぐり2年間、離婚訴訟で係争中だったというから気苦労も多かったのだろうか。

尾崎紀世彦 また逢う日まで

08年1月に「科学忍者隊ガッチャピン」の主題歌に起用された際は、夕刊フジのインタビューに応じ、「CDを自分で聞いて、”おいおいおい!まだ衰えてないよ”と思ったね。『また逢う日まで』を歌うときも一度もキーを替えたことはないよ」と意欲を見せていた。抜群の声量を誇り、歌に関してはストイックで、「よい音を出すため禁煙して30年になる」「声って出してないとさびるからね」とも話していた。

渡邉裕二

芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏は、「いま、団塊世代以降の”なつかしブーム””昭和ブーム”で、尾崎さんと同世代の歌手は引っ張りだこ。ただ、昔と比べて声が出にくくなったことで、心配していました」と語る。

若いころはオートバイや乗馬、サーフィンのほか、祭りの神輿かつぎを各地で楽しむアクティブ派だったが、「ここ数年は、お酒で体調を崩しがちだったのでは…」と話す関係者もいる。

“また逢える日”は、来るのだろうか。

[zakzak]

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120424/enn1204241136005-n1.htm

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 12
    名無しさん 2012/05/04 2:05

    宣伝でした

  2. 11
    名無しさん 2012/04/26 20:40

    尾崎紀世彦、ちあきなおみ、美空ひばり、森昌子はガチで歌うまい。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事