TROUBLE

HEADLINE

沢尻エリカ壮絶ジャンキー人生 10年以上前から大麻、LSD、コカイン クラブ仲間の片瀬那奈トバッチリ!?

合成麻薬「MDMA」を所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷=が、警視庁組織犯罪対策5課の調べに対し、「10年以上前から違法薬物を使っていた。(合成麻薬の)MDMAやLSD、大麻、コカインを使用していた」という趣旨の供述をしていることが18日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、沢尻容疑者は「これまでに有名人が逮捕されるたびに私も危ないんじゃないかと注意していた」とも供述。家族や仕事の関係者らに対し、「大変な迷惑をかけました。大変申し訳なく思います」と謝罪の言葉を述べているという。

また沢尻容疑者は、16日朝の同課による家宅捜索時、捜査員に対して「ここにあります」とMDMAの場所を自ら説明。MDMAの入手ルートについては、逮捕後の調べの中で「数週間前に(クラブの)イベント会場でもらったものだ」と話している。

同課は「違法薬物を所持している」との情報提供を受けて10月以降、内偵捜査を継続していた。捜査関係者によると、MDMAとは別の違法薬物についての情報提供だったという。

家宅捜索で同課は、粉末が入ったカプセル2錠を押収。うち1錠(0.09グラム)を鑑定した結果、MDMAと判明したため16日に沢尻容疑者を逮捕した。採取した尿の鑑定を進め、使用の有無を調べている。

[via:産経ニュース]
https://www.sankei.com/affairs/news/191118/afr1911180021-n1.html


高城剛がDJする台湾のクラブでの沢尻エリカ[FRIDAY 2008年]

クラブで目撃「ひたすら踊り狂ってる」

18日放送のフジテレビ系『とくダネ!』ではクラブで沢尻容疑者を見かけたことがあるという2人の証言を紹介。約4年前に京都市内のクラブで沢尻容疑者を目撃したという女性は

「(薬物使用を)疑われてもおかしくないんじゃないかなっていう。普通ではなかったですね」とし、「そんな激しい音楽でもないのに、ひたすら踊り狂ってる」と尋常ではない踊り方をしていたと語った。

さらに「誰が見てもちょっとおかしくない?みたいな。お酒だけじゃないんじゃないという感じの。アルコールで酔ってる感じではないというか、絶対なんかおかしいよなみたいな」と普通ではない感じがしたという。

また、逮捕前に沢尻容疑者が訪れたクラブの元従業員は「お酒が入ってるからなのかテンションが高めで。高い声でワーワー、キャーキャー楽しそうに騒いでるのを見かけた事があるので、衝撃的でしたね」と明かした。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20191118-OHT1T50056.html


奄美大島のレイヴパーティで砂浜に豪快に胡坐をかき胸元が大胆に開いた服を着ている沢尻。[FRIDAY 2009年]

沢尻のMDMAは「愛の薬」

沢尻エリカ容疑者(33)は11月16日、合成麻薬MDMAを自宅に所持していたとして麻薬取締法違反容疑で逮捕されたが、前夜、渋谷のダンスクラブを訪れていた。

沢尻容疑者と同じく、金融トレーダーの通称「KAZMAX(カズマックス)」こと、吉沢和真容疑者(30)も、MDMAを使用したとして、11月10日、麻薬取締法違反(使用)で逮捕されたばかり。彼は渋谷のクラブから出てきたところを職務質問されたという。

沢尻容疑者と共通するのは「渋谷のクラブ」と「MDMA」だ。

名前も顔も売れている芸能人が通うようなクラブが渋谷にはあるのだろうか。渋谷のクラブによく通うライターはこう話す。

「クラブの中には芸能人がよく訪れる店がいくつかあります。そういうお店を貸し切りにしたり、VIPルームに入って踊ったりして遊ぶんですよ」

気になるクスリの入手ルートはというと――。

「路上でも売っているし、ショップでも売っているが、それがどこかは表には出せないし、どこかという話をすると面倒くさいことになるので、言えないです。

だけど、以前、逮捕された別の女性芸能人も沢尻容疑者も、たぶん、売人は同じだと思っています。芋づる式の逮捕を当局は狙っているんでしょう」(ライター)

沢尻容疑者が所持していたMDMAとはどんなクスリなのか。元厚生省麻薬取締官の高濱良次氏はこう話す。

「この薬は『エクスタシー』とも呼ばれ、中枢神経を興奮させる作用があります。愛の営みの時に用いられることが多く、愛の薬とも言われます。恍惚(こうこつ)感が得られるんです。覚醒剤と同じ効果と思っていい」

もともとはオランダから日本へ密輸入され、広がったという。

「1センチから1センチ半くらいの錠剤で販売されることが一般的で、錠剤の表面にはミッキーマウスや007のマークがついていたりします。今回はカプセルに入っていたということで、飲みやすくしていたんでしょう」

「クスリを断つ治療が必要」

入手先については、こう話す。

「かつては渋谷の道玄坂や名古屋テレビ塔の下、道頓堀などでした。私は昨年、テレビの企画でクスリの売人とSNSを通じて話をしたことがあるんですが、彼は渋谷にいましたよ。声の感じでは、30代くらいの日本人でしたね。売人は客のニーズに応じて、覚醒剤、大麻、MDMAなど、複数のクスリを販売しています」

これから沢尻容疑者はどうしたらいいのか。

「常習すると、精神錯乱を起こすようになりますから、クスリをきっぱりと絶って、治療することですね」

[via:週刊朝日オンライン]
https://dot.asahi.com/wa/2019111700001.html


新木場のクラブ『A』イベントで観客を煽る沢尻。[FRIDAY 2010年]

薬物に“慣れている”沢尻

まだ、使用実態は明らかになっていないが、フジテレビの担当記者は、『性行為の目的で、女性が所持しているとは考えにくい。母親と同居している自宅に持っているのもおかしい。性行為の目的ではないのではないか。クラブなどで盛り上がるためなのではないか』と分析している。

なるほど、ごもっとも。

『パーティードラッグ』とも位置づけられているし、事件の背景には、渋谷のクラブが存在しているからね。いずれにしろ、沢尻容疑者は、『他にも、違法薬物を使ったことがある』と供述しているし、薬物にはかなり慣れている印象がある。

MDMAは通常錠剤で密売されていることが多い。ところが、押収されたものはカプセル状だった。これは風邪薬に見せかけるためとされている。

MDMAが見つかったのもアクセサリーケースの中敷きの下。飾り棚などに巧妙に隠されているワケではなく、いつでも手に出せる距離にある。

警視庁は2つの思い違い!?

実は、今回は2つの「思い違い」から事件が進展したんだ。

警視庁は、逮捕前日に、沢尻容疑者がクラブで薬物を入手したと判断し強制捜査に踏み切ったけど、実はクラブでは入手していなかった。

また、他の違法薬物を想定して内偵捜査を進めていたのに、沢尻容疑者が所持していたのはMDMAだった。

結果として、沢尻容疑者は容疑を認めているけれど、押収されたMDMAは量としてかなり少ない。「思い違い」から、どこまで沢尻容疑者の薬物の使用実態に迫れるかがポイントになると思う。

[via:ヒラマツカイセツ]
https://www.fnn.jp/posts/00049016HDK/201911181723_hiramatsuhidetoshi_HDK

壮絶ジャンキー人生の実態

沢尻容疑者と違法薬物との付き合いは約10年前までさかのぼる。20代前半のころから主に大麻に手を出していたと言われていた。

2009年には当時所属していたスターダストプロモーションから大麻の薬物検査を受け、陽性反応が検出されたこと、そして沢尻自身が大麻をやめる意思がないことを理由に解雇を申し付ける「通知書」が送付された。

当時、婚姻関係にあった高城剛氏は本紙の取材に、その「通知書」を“本物”と認めた。

そこで高城氏は薬物依存をやめさせようと、沢尻容疑者とスペインに渡り、薬物からの離脱プログラムに取り組んだという。翌10年、日本に帰国したものの、“離婚騒動”が勃発。その騒動のストレスや仲間からの誘いで、ドラッグを再開してしまったようだ。

ところが、沢尻容疑者本人の中にも「ドラッグをやめたい」という気持ちが残っていたのだろう。高城氏と極秘合流すると、沖縄、台湾を経て再びスペインで前出のプログラムを受けたのだった。

さらに英国では「ホメオパシー(同質療法)」に取り組み、脱ドラッグに向けた治療を行った。それでも、誘惑を断ち切ることはできず、帰国してから高城氏に離婚を申し入れた。

「30歳も超え、大人になったこと、また大河ドラマ出演などが決まり女優として成功の道を歩んでいたことから、昔よりはだいぶ落ち着いたと聞いていたのですが…」と映画関係者。

何度もやめるチャンスはあったのに、それを自ら手放してしまった沢尻容疑者。事実上女優人生は終了してしまった。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1625049/

片瀬那奈トバッチリ!?

女優の片瀬那奈が11月17日、MCを務める「シューイチ」(日本テレビ系)に生出演。前日に友人の沢尻エリカ容疑者が法律違反の薬物により逮捕されたことについて触れ、涙を見せた。

片瀬は、「悲しくて、ショックで、何で、驚きと渦巻いていて。これだけ近くにいて何も知らなかったのは本当に悲しいし、裏切られた気持ち。近かったからこそ言ってほしかったし、私は怒りたかった」とコメント。

同じくMCの中山秀征から同容疑者に悩みごとはなかったのかと聞かれると、「仕事は順調だったと思うけど、自分(沢尻)の中で葛藤はあった。今度ゆっくり話そうと話していたその矢先だったので。私も知らないことがあったのかな、もっと察してあげれば良かったのかなと、私も後悔しています」とも打ち明けた。

この様子に対しネット上では〈つらそう〉〈親友だったからショックだろうね〉と同情の声が多くあがっているのだが、一方で、〈一緒にいなかったことを強調している〉といった指摘もかなり見られる。

「昨年11月、写真誌に表参道でおたがいが彼氏を連れたダブルデートがキャッチされたほど、2人は仲がいい。

沢尻は渋谷のクラブから帰宅直後に逮捕されたが、一緒にクラブに行くことも多かったようで、現在、ネット上ではクラブで2人が踊っている動画が出回っています。

片瀬は飲み物とスナック菓子を、沢尻は飲み物と電子タバコらしきものを手に持って踊っていますが、沢尻がそれを吸って口から煙を吐くシーンは意味深に見えてしまいます」(芸能記者)

10年以上前からの薬物使用を供述したとも報じられている沢尻容疑者。そんな彼女とこれだけ親しいと、様々に憶測する声が出るのも仕方がない気がするが、とんだとばっちりにせよ、片瀬もしばらくは居心地が悪いだろう。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/137439



沢尻エリカの横で片瀬那奈がばかうけのペヤングやきそば味を片手に踊ってるの、薬物とは別の意味でヤバいだろ

クラブで踊る沢尻エリカと片瀬那奈

ネットの反応

・人生の三分の一がヤク漬けw
・かなりのベテランじゃねーか
・プロフェッショナルだな
・ハイパージャンキー女優
・ほんとならもうやめられないだろな
・回り気づいてたやついるだろ
・薬が切れぎみの時は不機嫌、薬使ってる時は上機嫌、昔からそんな感じだったよね
・ただのやっすいパリピだったのがガッカリだなあ なにがエリカ様だよ
・なんだハイパーさんええ人やったんかい
・でも元ダンナのハイパーなんとかも大麻擁護派だったよな
・高城がロンドンでいっぺん更生させたのになあスペインで大物プッシャーとセフレになって悪化した
・10年やっても健康的でいられるってこと?
 >シャブとヘロイン以外はコントロール効く
 >金があるヤク中は表面的には健康そうに見えるものらしいヤク買うために食事抜いたりしないので
・テリー伊藤「彼女は素晴らしい女優、必ず復活する。彼女の居場所は芸能界しか無い」
・捕まってないことまで、ペラペラ喋るのはなぜ?
 >聞かれた事は全て答えそう次は誰だ。
 >クスリ止める理由が欲しかった系かな?
 >もう何もかも捨てたかったのかもね。
・初犯だし執行猶予だろ?正月には戻ってこれるさ
・片瀬那奈、ばかうけ片手に踊ってる写真がバズってて噴いたけどヤクやってなきゃいいな
・沢尻エリカと親友で薬やってるの知りませんでしたってんな訳ないやろ…
・片瀬那奈が「私はその場にいなかったんですが」と必死にアピールしてるのが不自然。
・演技っぽいなwセリフも白々しすぎるし、元から大根役者だからかセリフが声に全然乗ってない。かなり嘘くさいw
・たぶん沢尻に警察に売られないか、今日1日片瀬はずっと失禁してると思う。
・片瀬那奈に疑いの目ツイート多数・・・クスリやると周りもこういう目で見られる。沢尻エリカ、分かっとんのかいな!
・相当前からキメセク中毒だったのか
・キメセクってそんなにいいのか。
 >キメセクに使うのはシャブ
・ASKAが逮捕された時元麻取の人が言ってた脳内麻薬の分泌量
 ・食事 50
 ・SEX 100
 ・お酒 200
 ・ヘロイン 300
 ・コカイン 400
 ・覚せい剤 1000
 ・キメセク 100×1000
 自分の意思ではどうにもできんなw
 >ヘロインがそんな下なわけない
 >他の薬なんてヘロインに比べたら雑魚だよ
・道があるとしたら再現キメセクAVだな

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事