TROUBLE

「森友問題」自殺した職員の手記を公表し提訴 公文書改ざんは「佐川局長の指示(と思う)」

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかった。

大阪日日新聞記者で、森友学園問題を当初から取材し続けている相澤冬樹氏が遺族から「手記」全文、および関連する手書きのメモの提供を受けた。

「手記」と題されたA4で7枚の文書は、自殺当日まで書かれていたとみられ、「すべて、佐川理財局長の指示です」「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」など、当時の財務省、および近畿財務局の幹部らの言動について実名で詳細に綴られている。

また「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」などと同省の対応を強く批判しており、赤木氏自身、そうした不法行為に加担させられて心身ともに苦しんだ様子もつぶさに記されている。

「手記」の最後には、こう書かれていた。

〈この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。

事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。

今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。(55才の春を迎えることができない儚さと怖さ)

家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。

(中略)

 さようなら〉

公文書改ざんに直接かかわった人物の肉声が公になるのは初めてのこと。

2018年3月2日に朝日新聞の報道で改ざんが発覚し、同3月7日に赤木氏が自殺した後に、財務省は調査を行い、幹部らを減給などの処分にしている。

だが、手記には財務省が意図的に事実を隠蔽し、国会で虚偽答弁を行ったことを示す経緯が克明に綴られており、今後、論議を呼びそうだ。

「手記」に実名で登場する当事者の一人、美並義人東京国税局長(当時の近畿財務局長)に取材を申し入れると、

「決裁文書の改ざんについては、2018年6月4日に調査報告書を公表している通りです。お亡くなりになられた職員については、誠に残念なことであり、深く哀悼の意を表したいと思います」

と財務省の広報室を通じて回答が寄せられた。

当時、財務省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官にも、取材を申し入れたが、現段階で回答はない。

「ぼくの契約相手は国民です」と語っていた真面目な公務員は、なぜ公文書の改ざんを強いられ、死を選ばなければならなったのか。

3月18日(水)発売の「週刊文春」では、「手記」全文と、妻の昌子さん(仮名)が相澤氏に語った赤木さんの人となり、自殺直前の様子、なぜ手記の公開を決意したのかなどを、記事、グラビア、あわせて15ページにわたって特報する。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/36667

自殺職員の妻が国提訴

赤木さんの妻は同日、自殺は同省幹部らの改ざん指示が原因として、国と佐川氏に計約1億1200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

手記は自宅のパソコンなどに保存されていた。それによると、改ざんは佐川局長の指示を受けた理財局幹部が修正箇所を決め、修正した文書を近畿財務局で差し替えたと指摘。

改ざんの理由については、佐川局長の国会答弁との整合性を図るためとし、理財局はコンプライアンス(法令順守)が機能する体制にないと批判した。

遺書は手書きで「これが財務官僚王国。最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ」などと記していた。

[via:時事ドットコム]
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031800856&g=soc

部下には“改ざん”やらせず

妻側は「改ざんは佐川氏の指示だった」などと記された赤木さんの手記を公表した。訴状によると、2017年2月、近畿財務局が学園に大阪府豊中市の国有地を大幅値引きして売却していた問題が発覚。

男性は、紛糾した国会の対応に追われ、同年2~3月には上司の指示で何度も決裁文書を改ざんさせられたという。

19日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」のスタジオには、赤木さんの妻を取材した大阪日日新聞の相澤冬樹記者が生出演。

改ざんについて「手記には書かれていませんが、後に赤木さんの上司が赤木さんの奥さんに対して話したところによると」と明かした。

その上で「当時、赤木さんとその下に2人の若い部下がいるんですけど、3人が涙を流して抵抗した、と。

だけど、結局は組織だから上の人間がやれって言えばやらざるをえないってことで、その時に赤木さんは下の2人にやらせずにこの汚れ仕事を自分1人でやったということなんです。

彼は亡くなる前に下の2人にはやらせなかった、それは良かったという風に言っていたそうです」と明かしていた。

[via:スポーツ報知]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-03190066-sph-soci

麻生「森友再調査しない」

麻生太郎財務相は19日の閣議後記者会見で、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題について「再調査を行うことをいま考えているわけではない」と述べた。

改ざん問題では自殺した財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さんの遺族が18日、国と同省の佐川宣寿元理財局長を提訴したが、麻生氏は「訴状が届いていない」としてコメントを避けた。

[via:時事ドットコム]
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031900767&g=soc

【関連リンク】
森友 文書改ざん 自殺職員 手記詳細|NHK WEB NEWS

ネットの反応

・出すタイミング悪すぎて笑うな
・コロナが無ければ大騒ぎだったのに
・不起訴決めたやつは責任とれ
・再調査するとボロが出るからしないんだろ
・財務省を調査するのに、なんで調査される側の財務省の人に調査するかどうか聞くん?
・ここに来て手記全文はすごいな。出てきた経緯も含めて知りたい。
 >財務省や佐川にずっと問い合わせたがスルー 弁護士と相談して裁判決意、遺書公開
・なんで今頃?騒動になってるとき出せば佐川をクビにできたのに。
 >暗号化されてたのをようやく解読できたとかそういうの?
・佐川は嘘答弁の報酬で栄転したwほんと腐ってる
・実は誰もしっぽ切られてないんだよな
・現実問題として、新しい事実が見つかったわけじゃないからな。この手記の内容は警察を通じて、ほかの報道各社が確認をしている。今回は現物が写真公開されただけ。
・佐川氏にはもう一度公に出てきて説明してもらいたい
・人の命と引き換えに出世を取る佐川 こんなん普通できないよな
・黒川検事長を検事正にしてしまうと赤木さんの未亡人が佐川を訴えても不起訴にされてしまう。安倍の狙いはここにあったのか。
・検察はこの事実を知っててスルーしてました美しい国
・正直、この手記を見る限りでは安倍にはたどり着けそうにないのだが?
・とりあえず裁判しても証言してくれる人いないと遺書だけじゃ難しいのが現実だよね…
 >その部下に証言もらえばいいんじゃないの?
・部下が二人いたのか だから財務省は再調査しないって言い張るわけだな
・安倍昭恵を国会に呼んで 1時間くらい質疑応答すれば 誰が嘘つきかわかるな
・本人は誰から指示受けたんだよ?まさか佐川直接じゃないよな?
・手書きの手記は「指示もと 佐川元局長と思う」ワープロの手記は「すべて佐川理財局長の指示です」胡散臭い。
 >永田メール臭がするんだよね。
・直筆のやつならともかくPCで作成した手記なら偽造は簡単だろ。
・佐川の死体とワープロで書いた遺書が発見されるかも
・俺は安倍と麻生が佐川に指示を出していたと確信している
・これも旬を逃がしちゃったね。森友も加計も。このまんまだと桜を見る会も流れそうだし。
・死ぬ理由がわからん。生きてるうちに捨て身で告発してくれれば
・書いた本人がこの世にいないんだから、「遺書にあるような事実はない」で押し通すだろ。
・想像通りの内容だったので、特に驚くものではなかったが、故人の気持ちを察するに余りあり、さぞ無念だったことだろう。
・安倍のデタラメ答弁の辻褄合わせだからな 忖度じゃなくてそう動かざるを得ない官僚の習性
・この事件に限らず、過去にもウヤムヤになってる事件はけっこうあるじゃん 法律では裁けないんだろうね。
・契約相手は国民です・・・本来なら全ての役人に通じる言葉。どの時点で役人は自分の為、上役の為に働く様になるんだろうねぇ。
・安倍政権を守るために次々と生贄になる人々。

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2020/03/21 12:31

    「大好きな◯◯へ」と書いといて、嫁さん残して自殺するんか・・・

  2. 1
    名無しさん 2020/03/20 14:56

    そもそもこの手記本物なん?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事