TROUBLE

HEADLINE

神田沙也加 事故?自殺?謎の転落死 即死は免れるも雪に埋もれた状態で発見…普段は開かないホテルの窓

死因は外傷性ショック

歌手や声優、ミュージカル女優として活躍した神田沙也加さん(35)の死因について、北海道警察が発表しました。

神田さんは18日午後1時ごろ、札幌市中央区のホテル14階の屋外スペースで倒れているのが発見されました。

心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、午後9時40分に死亡が確認されました。

北海道警察は20日、死因が外傷性ショックだったと発表しました。高層階の部屋の窓から転落したとみられています。

警察によると18日午前11時ごろ、神田さんの関係者から「部屋の鍵がかかっていて、開けて中を確認したがいない」などと110番通報がありました。

警察官が駆けつけ窓の下を確認すると、14階に屋外スペースがあったため除雪作業をして確認したところ、神田さんが雪に埋もれた状態で発見されたということです。

屋外スペースには30センチほどの積雪があり、神田さんの上にも雪が積もっていたため、部屋から下をのぞき込んでも神田さんの姿を確認できなかったとみられています。


清掃中でストッパーを外した状態の窓

部屋の窓は3か所
開くのは10数センチ

部屋には窓が3か所ありましたが、いずれの窓も壊れておらず、10数センチしか開かない状態となっていたということです。

警察は3か所の窓のいずれかから神田さんが転落したとみています。

事件性はなく、警察は自殺の可能性が高いとみて当時の状況などを調べています。

[via:STVニュース北海道]
https://news.yahoo.co.jp/articles/b898a46b580672de54f037e55a5abc317e8dd32b


『ホテル モントレエーデルホフ 札幌』

年の瀬に飛び込んできた衝撃的なニュースに、芸能界が揺れている。

12月18日、女優の神田沙也加さんが、宿泊中だった札幌市内のホテルから転落して亡くなった。享年35。彼女は主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」に出演するため札幌を訪れていた。

通常時、ホテルの窓は転落防止のため大きく開けない構造になっているが、コロナ禍になってからは、換気を希望する客のため、ストッパーが解除できるようになっていたという。

騒ぎが起きたのは、12月18日の午後1時ころ。札幌市内のホテルの14階部分にある屋外スペースに倒れている神田さんの姿が見つかった。警察と消防が駆けつけ、意識不明の状態で病院に搬送されたが、午後10時ころに死亡が確認された。

彼女は、札幌文化芸術劇場で公演予定だった「マイ・フェア・レディ」に出演するため、劇場近くのホテルに宿泊していた。

現場のホテルに行ってみると、昨日降った雪がまだうっすらと歩道に残っていた。一帯はオフィス街で日曜日とあって、人通りも少ない。

建物は14階までの低層部と15階から22階までの高層部の2段構造になっており、14階部分に屋外スペースがある。上層階のシングルルームに入ってみると、神田さんが転落していたとされる屋外スペースが見下ろせた。


高層部の2段構造で14階部分に屋外スペース

雪の上に救出時についたと思われる、人の足跡も確認できる。だが、窓には転落防止用のストッパーが施されており、15センチほどしか開かない。

神田さんが宿泊した部屋は、20階以上の階だったとされている。

ホテル関係者は、「その部屋の窓にも同じようなストッパーがついていました。ただし、コロナ禍になってから換気を希望する宿泊客がいるため、外せるようになっていました。神田さんが窓を破ったわけではありません」。

なんらかの理由で、開かれた窓から転落してしまったのだ。

母親の話はNGだった

演劇界は突然の悲報に衝撃を受けている。ある業界関係者はこう悼む。

「彼女はなみなみならぬ思いでミュージカルの世界に飛び込んできました。そして人一番努力して今の地位を築き上げました。

彼女を動かしていたモチベーションには、『親の七光り』と思われたくないというプライドがありました。もっとも、歌の上手さ、ステージ上に立っているだけでも光り輝く存在感は、母の松田聖子さん譲りだった」

一方で、確執があると伝えられていた松田との関係は良好ではなかったようだ。

「2年くらい前に、神田さんのインタビューさせてもらったことがありますが、マネージャーを通して、『松田聖子さんのことは一切聞かないでください』と事前に釘を刺されました」(芸能記者)


『マイ・フェア・レディ』での神田沙也加

彼女が最後に演じていた「マイ・フェア・レディ」のヒロイン・イライザは、彼女が母のように慕う大女優・大地真央から引き継いだ思い入れのある役だった。彼女は2018年ウェブサイト「スパイス」のインタビューで、作品にかける意気込みをこう語っている。

「この2018年版『マイ・フェア・レディ』を観て、もしかしたらかつての私のように『ミュージカルのステージに立ってみたい、この役をやってみたい』という女の子が出てくるかもしれない。私はこの作品で、そういう責任を請け負いたいです」

もう二度と、彼女の演技が観られないことが残念でならない。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/12191701/


ホテル14階の屋外スペース

雪がクッション代わりに?

スタッフがかけつけると、神田沙也加さんが宿泊しているはずの22階の部屋には誰もおらず、部屋の窓が無造作に開いたままだったという――。

「12月18日は午前10時からリハーサルが始まる予定でした。ですが、沙也加さんはいっこうに現場には現れず、11時になっても連絡がつかなかった。

スタッフが沙也加さんが宿泊するホテルの最上階の部屋を訪れ、扉をノックしたものの全く反応がない。不審に思ったスタッフがホテル側に事情を話し、合鍵を使って部屋にはいったのですが、部屋には誰もいなかった。

ただ、窓が開いており、そこから下を見ると、14階の屋外スペースに人が倒れているのが見えた。それが沙也加さんだったといいます……」(事務所関係者)

「22階の高さから14階に落ちたものの、雪がクッション代わりになり即死は免れたようです。12時55分、救急隊が駆けつけた当初は意識不明の状態で沙也加さんは病院に搬送されました。

この日の夕方頃から関係各所やマスコミに話がまわり、安否が心配されていたのですが、通報から9時間後の午後9時40分にお亡くなりになったそうです。

『マイ・フェア・レディ』は彼女が”芸能界の母”と慕う大地真央さんの代表作で、思い入れも強かったはずです。転落したホテルと公演の会場は目と鼻の先の距離にあり、関係者やファンも宿泊していました」(スポーツ紙記者)


『マイ・フェア・レディ』公演

突然キャストが変更のアナウンス

突然の訃報に、会場に訪れたファンにも動揺が広がっている。

「18日の昼12時からの公演を見にきたのですが、開演15分前ぐらいのギリギリに劇場に到着したんです。そしたら『本日出演予定の神田沙也加さんが体調不良のため、キャストが変わります。それに伴い15分開演が遅れます』と場内アナウンスがあったんです。

『どうしたんだろうね?』と一緒に見に来た友人と心配して、会場もざわついているのがわかりました。すぐにツイッターなどのSNS上でも、『せっかく沙也加ちゃんを見にきたのに残念すぎる』みたいな投稿が出てました。

結局、沙也加さんの代役として朝夏まなとさんが舞台に立つことになりました。朝夏さんも他のキャストも、内心は動揺していたと思いますが、プロなんでしょうね。淡々と芝居をこなしていました。でも、まさか裏でこんな事件が起きているなんて思いもしませんでした」(50代女性、主婦)

この日の夕方の公演を見に来た会社員の30代女性は次のように当日の様子を語る。

「夕方17時からの公演は予定より15分遅れて開演しました。キャストが交代するというのは到着する前にネットで知ったのですが、コロナにでも感染したのかと思っていました。

公演開始が遅れたのも、雪が凄かったので、それで会場までの道が混雑していたため、スタッフの到着が遅れているだけなのかなと思ってました。

講演後は朝夏まなとさんと主要キャスト2人でアフタートークやプレゼント交換のイベントをしていましたが、特別おかしな雰囲気はなく自然な様子でした」


婚約時の神田沙也加と村田充

恋愛トラブルから精神的に不安定に

神田沙也加さんは、俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女。2001年に芸能界デビューを果たすと、2014年に公開されたディズニーアニメ「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版で王女アナの声を担当し、評判となった。

その後は声優、ミュージカル女優として確固たる地位をつくりあげてきた。2018年には長年の目標だったという第43回菊田一夫演劇賞を受賞するなど、仕事面では着実にステップアップを繰り返してきたが、プライベートでは「苦労も多かった」(芸能関係者)という。

「10代の頃には一回り年上のギタリストやミュージカル俳優、舞台俳優と恋に落ち、ときには二股をかけられて傷ついたこともあったと言います。

恋愛トラブルから精神的に不安定になりトラブルを起こしてしまうことも何度かあったと聞いています。また最近ではある共演者との関係に悩んでいたようです」(同前)

2017年に俳優の村田充(44)と結婚したが、2019年末に離婚。離婚を公表した直後の2019年12月には元ジャニーズJr.の秋山大河(29)との交際が女性セブンに報じられた。


神田沙也加 秋山大河

「報道後も、少なくとも今年の春過ぎまでは順調に交際していました。周囲の仲間も『早く公表しちゃえばいいのに』って言っていたんです。

ただ、大河は沙也加さんが原因で事務所を退所させられ、参加していたグループの『MADE』も解散してしまった。大河やMADEの熱狂的なファンは、沙也加さんに対してSNSなどで攻撃的で2人は随分とそのことに悩んでいたようです」(2人の共通の知人)《中略》

わずか35歳での突然の死を、芸能界のみならず日本中が受け止めきれずにいる。転落の直前、開いた窓の前で神田沙也加さんは何を思っていたのだろうか…。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/50865

【悩み相談窓口】
▼いのちの電話
0570-783-556
0120-783-556
▼こころの健康相談
0570-064-556

ネットの反応

・本当に悲しいわ
・今はそっとしてあげて欲しい。
・事故は有り得ないし、他殺でもないって事?
・雪のクッションで何とか助かって欲しかった
・午前中からかなり吹雪いていた言ってたな。悲しいなぁ
・慎重に捜査されているとは思いますが。。ただただ悲しいです。
・事故死だとしたら余計に可哀想。遺言書も無かった様ですし原因が気になる所です。
・神田正輝は警察に全力で現場検証したほうがいいと思うぞ
・突発的な自殺って大体夜にするよね これから舞台に出発する時にってありえるんだろうか
・わざわざ人に迷惑かけるような死に方はしなさそうに見えるけどな
・母親のこと聞くなというのは、親の七光りを嫌がった彼女からすると当然のことであり、だから確執だというのは短絡的すぎる。
・自殺にしても10数センチの隙間からどうやって落ちたんだ?ってことになるんじゃね
・こんな時に古畑さんが居てくれたらなぁ…
・昼ごろは雪止んでたぞ 10時以降に飛び降りて雪で完全に埋まってるのはちょっとおかしい
・窓のロックは解除した形跡は無いと警察は発表してるし、んーサッパリ分からない
・窓に関してはホテル側が嘘ついてる可能性もあるでしょ
 >ストッパーかけるの忘れてたホテル側が警察が来る前にストッパー掛け直したとか?
・ただ本当に雪を見たくて窓を開けて、意外にも開いた窓から落ちてしまった事故なのかもしれない。
・これを読むと事故では?という思いになりましたが、わざわざお父さんの誕生日の前なのに前祝いとして電話していることを考えるとやはり不自然な気もします
・屋上から飛び降りるしか方法がないはず。防犯カメラで部屋を出る姿は映ってないのか?
 >屋上なんか施錠されてるに決まってんだろ
・自室じゃなくて、他の場所から落ちたんだろ?
・ホテルを悪く言うのだけはやめて 泊まった時の写真あったけど最大開けてコレ、顔の半分もない。肩も身体も通らないっしょ。

 >とても通れるとは思えない。
 >そもそもギリギリのとこから飛び降りようとは思わないよ
・いくら軟体人間でも10数センチはすり抜けれないわな
・これはまた色々な憶測が飛んで芸能界の七不死議になりそう
・ご冥福をお祈りいたします

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事