ADULT

HEADLINE

秋葉原で魔界を見た!?メイドリフレのエロサービス

東京・秋葉原といえば、オタクの聖地。漫画やアニメなど、オタクが喜ぶグッズに関連するショップが密集している。だが、オタクはグッズを眺めるばかりでは満足しない。

もちろん女子にも興味があるのだ。そこで10年ほど前に登場したのが「メイド喫茶」だった。

女性がオタク層に人気の高いメイドの衣装で接客をする、この独特な飲食店は多くのメディアで取り上げられ、すっかり定着した。今では秋葉原の街角でメイド服を着た女性がいても誰も驚かない。

メイドリフレの過激サービス
だが、秋葉原にはさらにディープなカルチャーが存在する。それが「メイドリフレ」だ。その知る人ぞ知る存在だったメイドリフレが、今、すごいことになっているらしい。秋葉原の風俗事情に詳しいA氏が解説する。

「『リフレ』とは『リフレクソロジー』の略で、一般的には、いわゆる『足裏マッサージ』による疲労回復を目的とした施術のことを指します。

これをメイドの衣装を着た女性がやるから『メイドリフレ』。
秋葉原では7~8年ぐらい前からメイド喫茶から派生する形でできはじめ、今では20店舗以上に増えています。池袋にも同様の店がありますが、本場は秋葉原。施術時間は20~30分で3,000~4,000円程度です」

たしかに秋葉原では、路地裏に行くと「メイドリフレ」という看板があり、メイド服を着た女性がチラシを配っていることがある。だが、メイド喫茶と似たようなものかと思ったら、大間違いだ。

「もともとは文字通り、メイド服を着た成人女性がリフレをしてくれるものだったのですが、男性はもっといろいろなところを世話してもらいたいわけです。

2009年に秋葉原の耳かき専門店で働く女性の殺人事件がありましたが、あれもリフレの一種です。

メイドリフレが風俗化
さらにメイドリフレでは、通常のマッサージ以外にもオプション料金を払うことで、露出度の高い衣装に着替えてもらったり、女性が男性に抱きついたり、キスしたり、逆に男性が女性にお触りできたりといった風俗的なサービスが提供されているのです。

オプション料金は、例えば、ハグで1,000円とか、添い寝で1分100円とかですね。リフレというのはマッサージのような資格も必要ないですし、風俗と違って警察に届け出をする必要もありません。それもあって最近、サービスが過激になっているのです」

A氏はそう説明するが、法律に抵触していないという点には疑問符も。A氏の話がメイドリフレから派生した「女子高生リフレ」なる業態にまで及ぶと、ますます疑念が湧いてくる。

「『女子高生リフレ』というのは、女子高生の制服を着た成人女性がリフレをしてくれるサービスなのですが、2~3年ぐらい前から本物の女子高生がリフレをしてくれる店が増えているんです。

リフレ自体は資格も年齢規制も必要ないですから、女子高生がやったって問題はありません。ただし、若い娘はどうしても甘い誘惑に乗ってしまいやすいですから、問題も起こりやすいんです。

お客さんは秋葉原という土地柄ウブな人も多い。そこで、女子高生があちこち揉んでくれちゃうものだからハマっちゃって、2時間も粘って7万円も払っちゃったなんていうケースもあります。

メイドリフレのメニュー
女子高生の方もお客さんの求めに応じて、過激なサービスをするようになってしまっています。特に今年に入ってから過激さの度合いが増しているようで、私が最近、女性店員に聞いたところでは、女の子が裸でお客さんをフェラしていたなんていう話もあったぐらい…。

女子高生に売上の3~4割を完全歩合で払ったりする店の仕組みも悪いと思います。店側は、取り締まりのリスクが高いので、過剰なサービスは禁止していますが、現実的には放置されている状態です」

そこまで来ると、もはや犯罪ではないのか。メイドリフレの実態を探るべく秋葉原に赴いた。水先案内人として、同行してくれたのは、A氏の後輩で、最近メイドリフレにハマっているというB君。

「女の子の雰囲気次第で、いろいろできちゃうんですよ。僕はオプション料金を払わないで、女の子に触ったり、股ぐらを揉みほぐしてもらってます。仲良くなった女の子とは、店外で会うこともありますね」(B君)

というわけで、われわれがまず訪れたのは、A氏が「特に若い娘が多い」と言っていたお店。
雑居ビルの中にあって、待合室は小綺麗。夕方に行ったせいか、他に客はおらず、幸運なことに「当店で一番の人気です」というローラちゃんを指名することができた。

数分の準備があって、ローラちゃんとご対面。足は健康的というか結構太いが、目がパッチリしていて、本当に愛らしく、明らかに若い。「これは、ひょっとすると…」という邪念を抱きつつ、施術室に通される。

メイドリフレの内部
部屋はそれぞれカーテンで仕切られた2畳ほどのスペースで、床にはマットが敷いてある。薄暗く、怪しい雰囲気が漂う。

勝手が分からないので、「とりあえず、普通のコースを」と頼むと、ローラちゃんはうつ伏せに馬乗りになり、腰を揉んでくれた。

ムチムチとしたローラちゃんの太ももが直に腰に当ってしまって、大変な事になってしまっている。雑談を装い、取材を試みる。

メイドリフレのベット
─歳いくつ?

「え、いくつに見える?」

─えー、17歳ぐらい?

「当たり~、高3だよ♪」

─学校は、夏休み?

「うん」

動揺を隠しながら、取材を続行。その間、ずっと腰を揉んでもらっている。

ローラちゃんは、リフレ歴3カ月で、今の店は2つ目。友達の紹介で入店したという。小さいころから、ダンスで身体を鍛えているそう。

実はローラちゃんは大手芸能事務所にスカウトされ、高校卒業後にダンサーとして活躍する予定だとか。リフレの収入は月に30万円ほどだそうだが、あまり無駄遣いはしないとか。

そうこうしているうちに、ローラちゃんのお手製のオプションメニューを見せてもらうことに。

メイドリフレのメニュー
「ぎゅー(ハグのことらしい)」「ひざまくら」「そいね」「チェキ」といったメニューが並んでいる。
「ぎゅー」に惹かれつつも、その瞬間に警察に踏み込まれでもしたら、えらいことになると躊躇してしまい、パス。おとなしく「チェキ」(500円)で写真だけ撮らせてもらった。

冷や汗もので店外に出ると、B君が「もう1店舗紹介したい」と言うので同行することに。
B君によれば、「次の店も女子高生ばかりです。できて数カ月の店なんですけど、少し前にサービスが過激になってしまったということで、今は店側が規制を敷いています。Aさんが『女の子が裸でフェラ行為をしていた』という話を聞いたのも、その店なんです」とのこと。

店はやはり雑居ビルの一室。先の店と同じようにカーテン部屋が仕切られている。女の娘が来るまでに室内をチェックすると、壁に「禁止事項」という貼り紙があった。

「風俗的な行為の要求」「お触りや卑猥な発言等、キャストが嫌がる行為」「出待ち等のストーカー行為」「引き抜き行為」「キャストとの連絡先交換」が禁止事項とのことだが、どう考えても、女子高生の働く場所ではない。

なんてことを考えているうちに「キャスト」がやってきた。やっぱり、元気いっぱいで化粧もうまいネネちゃんだ。やはり若い。

メイドリフレでマッサージ
先ほどのローラちゃんとは違い、ネネちゃんはまず手を揉みほぐしてくれる。

「17歳だよ。アニメが好きで、バイトするなら絶対、秋葉原って思ってて、最初はメイド喫茶から入ったんだけど、そのうちにリフレするようになって……。この店は、少し前にビラを配っているときに、声をかけられて入ったの」(ネネちゃん)

ネネちゃんは週に5日、午後3時ぐらいから夜10時まで働き(それ以降は違法)、月に20万円ほど稼ぐという。12時間も寝るため、夜遊びもしないそうだ。

学校でも、寝坊で遅刻が多すぎたために進級できず、退学。今は通信制の高校に在籍し、その学費を稼ぐためにリフレをやっているという。高校卒業後は、美術系の専門学校に進学したいとのこと。

手を揉んでもらっているところで、意を決して「あの、か、か、か、過激なサービスもやってるって聞いたんだけど、裏オプションとかないの?」と、女子高生相手に力んで聞いたところ…。

メイドリフレでマッサージ
「えー、ネネはそんなのやってないよ。ただ、店に内緒で、やっている娘はいたみたい。フェラは音が出るので、手コキまでしかしないって言ってたけど。

私は、店長に迷惑かけるだけだし、そういうこと聞いてくるお客さんもいるけど、私ハッキリしてるから、『うぜえ、うぜえ』ってすぐ言っちゃって、萎えちゃって残り15分もあるのに帰っちゃったお客さんもいたよ」

そんな話を聞いて、すっかり萎えてしまい、すごすごと店を出ることになったが、B君はこう言う。

メイドリフレが風俗化
「まあ、仕事とはいえ、女の子ですからねえ。あんまり気に入らない客だと拒否しますよ。僕はもう慣れてますから、お触りぐらいだったら、ほぼ確実にできますけど(笑)」

世界から「クール・ジャパン」などと呼ばれ、外国人観光客も多い秋葉原。だが、合法とはいえ、このようなロリコン風俗まがいの存在が許されてよいものだろうか。秋葉原で魔界を見た思いである。[MEN’S CYZO/文=特別取材班]

http://www.menscyzo.com/2012/09/post_4625.html

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 10
    名無しさん 2012/09/17 16:38

    後始末なう

  2. 9
    名無しさん 2012/09/17 16:37

    射精なう

  3. 8
    名無しさん 2012/09/17 16:36

    センズリなう

  4. 7
    名無しさん 2012/09/15 14:21

    この手の妄想記事増えてきたよね
    週刊誌とかでも

  5. 6
    名無しさん 2012/09/15 13:33

    長いわ

  6. 5
    名無しさん 2012/09/15 9:41

    ダラダラと長い記事だな

    記者の文才の無さにあきれるばかり

  7. 4
    名無しさん 2012/09/15 9:00

    高校生で月20〜30万!
    アカン、そんなんじゃ将来まともな仕事がアホ臭く見えてくるだろ!

  8. 3
    名無しさん 2012/09/14 13:16

    地元だから知ってるけど、本物女子高生使っていた店がこないだガサ入れで入って捕まったよ。

  9. 2
    名無しさん 2012/09/14 12:46

    信じて行くバカいるのかな?

  10. 1
    名無しさん 2012/09/14 11:54

    ヤー!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事