OTHER

HEADLINE

アカデミー賞ポン・ジュノ監督『パラサイト』作品賞など4冠!外国語映画で初の快挙にネットの声は

現地時間9日、第92回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、ポン・ジュノ監督の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞に輝いた。

合作ではなくアジア単独製作の映画がオスカーの頂点に輝くのは、史上初の快挙だ。それだけでなく、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧:外国語映画賞)の最多4部門受賞となった。

『パラサイト 半地下の家族』は、全員無職で半地下の家で暮らすギテク一家(ソン・ガンホら)が、徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していくさまを描いたブラックコメディー。

貧富の差の問題を扱いつつ思わぬ展開の連続で、神がかったレベルでエンターテインメント性と社会性を両立しており、第72回カンヌ国際映画祭での最高賞パルムドール受賞を皮切りに、映画賞レースを席巻してきた。

『パラサイト 半地下の家族』に続いたのが、サム・メンデス監督のリアルタイムで進行する戦争映画『1917 命をかけた伝令』。撮影賞、録音賞、視覚効果賞の3部門受賞だ。《中略》

2年連続で司会者不在となったオスカーだが、歌手で女優のジャネール・モネイの圧倒的なミュージカルパフォーマンスで華やかに幕を開け、エミネムのサプライズライブもあるなど音楽に満ちた授賞式に。

女優・松たか子が映画『アナと雪の女王2』のメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」を世界各国のエルサ女優と共に歌い上げる一幕もあった。

第92回アカデミー賞ノミネーション全結果は以下の通り。

■作品賞
『パラサイト 半地下の家族』

■監督賞
ポン・ジュノ
『パラサイト 半地下の家族』

■主演男優賞
ホアキン・フェニックス
『ジョーカー』

■主演女優賞
レネー・ゼルウィガー
『ジュディ 虹の彼方に』

■助演男優賞
ブラッド・ピット
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

■助演女優賞
ローラ・ダーン
『マリッジ・ストーリー』

■長編アニメ映画賞
『トイ・ストーリー4』

■短編アニメ映画賞
『ヘア・ラブ/Hair Love』

■脚本賞
ポン・ジュノ、ハン・ジンウォン
『パラサイト 半地下の家族』

■脚色賞
タイカ・ワイティティ
『ジョジョ・ラビット』

■撮影賞
ロジャー・ディーキンス
『1917 命をかけた伝令』

■美術賞
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

■音響編集賞
『フォードvsフェラーリ』

■録音賞
『1917 命をかけた伝令』

■編集賞
マイケル・マカスカー&アンドリュー・バックランド
『フォードvsフェラーリ』

■視覚効果賞
『1917 命をかけた伝令』

■歌曲賞
「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」
『ロケットマン』

■作曲賞
ヒルドゥル・グーナドッティル
『ジョーカー』

■衣装デザイン賞
ジャクリーン・デュラン
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

■メイク・ヘアスタイリング賞
『スキャンダル』

■国際長編映画賞
『パラサイト 半地下の家族』(韓国)

■短編実写映画賞
『向かいの窓』

■長編ドキュメンタリー賞
『アメリカン・ファクトリー』

■短編ドキュメンタリー賞
『ラーニング・トゥ・スケートボード・イン・ア・ウォーゾーン(イフ・ユア・ア・ガール) /Learning to Skateboard in a Warzone (If You’re a Girl)』

第92回アカデミー賞授賞式は、2月10日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて放送中(夜9時よりリピート放送)

[via:シネマトゥデイ]
https://news.livedoor.com/article/detail/17795579/

『パラサイト』とは

ことしのアカデミー賞で作品賞や監督賞など4つの賞を受賞したポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」は、貧しい家族が、本来なら関わるはずのなかった裕福なIT企業経営者の一家と出会うことで、予期せぬ出来事が次々と起きるストーリーで、韓国の格差社会がテーマの1つになっています。

この映画は、世界3大映画祭の1つ、フランスのカンヌ映画祭の最優秀賞「パルムドール」をはじめ、各国の映画祭で160を超える賞を受賞するなど、これまでも高い評価を受けてきました。

韓国では、すでに観客が1000万人を超える大ヒットとなっています。

国内でも先月公開されたあと、現在およそ190の映画館で上映されていて、観客動員数も100万人を突破し、興行収入が15億円を超えるヒットとなっています。

[via:NHK WEB NEWS]
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200210/k10012279921000.html

ポン・ジュノ監督コメント

この日最多の4回のスピーチをすることになったポン・ジュノ監督。想定外だっという監督賞の受賞スピーチでは、思わぬ本音も漏れ、スタンディングオベーションも。

プレゼンターのスパイク・リー監督からオスカーを手渡されたポン・ジュノ監督は、戸惑い驚いた様子で額に手を当て、困ったように笑いながら「さっき国際長編映画賞を受賞した時に、今日の仕事は終わったなとリラックスしていたんです」とスピーチを始めた。

「本当にありがとうございます。私が映画の勉強をしていた時に、本で読んだ言葉で、今も大切にしている言葉があります。

『最も個人的なことは、最もクリエイティブなことだ』という言葉です。これは、マーティン・スコセッシの言葉でした。私は、彼の映画を見て勉強したんです。一緒に監督賞にノミネートされただけで嬉しい」

同じく監督賞にノミネートされていた『アイリッシュマン』のマーティン・スコセッシ監督の言葉に支えられたと告白したポン・ジュノ監督に、スコセッシ監督は涙ぐんだような表情を浮かべ、笑顔でアジアの後輩に拍手を送った。

このやりとりに、会場はスタンディングオベーションとなった。

ポン・ジュノ監督はさらに、一緒にノミネートされていた監督たちを讃え、「アカデミーが許してくれるなら、このオスカーを5つに分けたい」と語って会場の笑いを誘った。 

最後は「明日の朝まで飲み続けます」とスピーチを締めくくり、「今夜はもう飲もうと思います」とした国際長編映画賞の受賞スピーチをアップデートした。

[via:HuffPost]
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e40d369c5b6bb0ffc140c6d

ネットの反応

・すげえええええ
・大変なことが起きたわ…
・え?マジ?
・歴史が動いた
・完全な偉業じゃん
・これはスゴイな
・すげえええ作品賞まで取ったか
・まあこの監督なら仕方ないな、才能あるもんな
・韓国映画がついに映画界の頂点とりやがったぞ
・サッカーで言ったらW杯優勝みたいなもんだろ?
 >サッカーよりある種難しいかもな アカデミー会員とかいう連中の投票だし実力でいけるワールドカップの方がわかりやすい
 >国ってよりこの人はどこに生まれてもオスカーとってたろ 個人の才能だよ
・これは素直に称えないと
・アメリカのアメリカによるアメリカの映画賞なのに外国映画が主要4冠なんて初めてだろ
・外国映画賞取りながら作品賞も取るという初の快挙
・監督、脚本、作品って完全制覇やん
・これはエグイわ
・ネトウヨ怒りの翔んで埼玉二度見!
・日本まだ主要部門とれたことないんだよな
・邦画のしょーもなさ…
・もう日本は太刀打ちできんわ
・これが獲れるならもっと相応しい韓国映画たくさんあった気がするけど、時代だね
・日本は映画で才能あるやつが残念ながらあんまいないだろ 演者も裏方も
・邦画が凄かったのは昔の話だからな
・しょーもな。だからなに?っていう 白人に認められなきゃ価値を見出せない時点で終わってる
・これは快挙を褒めるしかない
・ネトウヨ怒りのエロアニメ視聴
・パラサイトつまんなかった…オレがずれてるのか…
・スラムドッグミリオネアといい、貧困モノは受けるな
・いや、普通にジョーカーの方がいいだろ
・日本映画オワタァ!
・韓国映画はとっくに日本映画超えてるw
・まー面白かったからな こんな凄い脚本考えたのがほんと偉い
・冗談抜きで邦画が作品賞取るの一生無理だぞ
 >邦画は製作がガラパゴスで満足してる
・まあ映画は日本の完敗なのは明らかだからなあ
・万引き家族とどこで差がついたのか
・明日は映画館が混むね ちょうど祝日だし

『パラサイト』著名人のコメント

■是枝裕和
観終わってすぐに、私のこころが呟いた言葉は「あぁ、とても同じ職業とは思えない」。
感動を越えて、ひざから落ちた。これはもう映画の範疇に収まらない。著述であり、彫刻でもあり、絵画でもあり、建築でもある。
常にアンダーグラウンドから世界を見据えるポン・ジュノ監督は、この作品を経て、もはや、現代のミケランジェロだ。悔しいかな、彼を越えるのは、きっと、彼自身でしかないだろう。 

■阪本順治
「傑作」という言葉では足らない、現代映画の一つの到達点。映画とはここまで面白くなくてはならないのかと、一監督として途方に暮れた。 

■新海誠
凄い。マスコミ試写であれほど笑いが起きたのも、あれほどの一体感で展開を見守ったのも初めての経験でした。
今も思い返して、アニメ映画にもらえるものを必死に探し続けてしまっているくらい刺激的です。できれば友人と観てからソジュを飲みたかったな…笑。

■小島秀夫
決して、ハリウッドに“パラサイト”されない鬼才ポン・ジュノが、映画という現実と虚構の狭間にある“半地下”視点から描く、ユーモアと狂気たっぷりの皮肉を込めた最高傑作!
格差社会の闇に、スポットライトを当てる事で、家族という”共生“のメカニズムを浮かび上がらせる。本作は“寄生”と“共生”を解く、普遍のテーマを扱った哲学級娯楽映画だ。

■細田守
ものすごいものを観た!家2軒しか出てこない映画かと思わせて、最後には予想もつかないようなところまで連れて行ってくれる。
観た後に誰かと語り合いたくなる映画です。ネタバレ厳禁につき多くを語れないので、とにかくまずは観てください!

■川村元気
映画人として最も尊敬しているポン・ジュノ監督の最新作であり、カンヌ映画祭のパルム・ドール受賞作。期待値を上げるだけ上げて観たら、底が抜けて奈落に突き落とされたような衝撃。
見上げると、巨軀の天才が満面の笑みでこちらを見ている。僕たちは、ここから這い上がらないといけない。

■斎藤工
史上最強傑作!!遂にポン・ジュノは現代映画の到達点を本作でサラッと更新してしまったのではなかろうか。
己の現在地は、果たして地上なのか、地下なのか、それとも半地下なのか。観終わってからずっとその疑心に寄生されている。

■久米宏
これだけ面白い映画は滅多にない。始まってしばらくすると脚本・監督のポン・ジュノ氏の笑い声が聴こえてくる。やがてそれは大笑いに変わっていく。僕には 確かにその笑い声が聴こえた。ラストシーンの後 彼に優しく肩を叩かれた。

■ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)
常に最新が最高のポン・ジュノ監督。本当に頭が下がる思いです。嘘っぽいコメントだって?自分の脈に誓って本当です。

■吉沢亮
確実に、ここ何年かで観た映画の中で一番すごいものを観た。絶対に観たほうがいい。

■高田純次
凄い、久々にガツンときた!自分の加齢臭(体臭)が気になりました!

■仲野太賀
1つの作品をきっかけに、映画を好きになる事がある。パラサイトはその最高の入口であり、出口まで連れ去ってしまうほど、危ういくらい面白い。この社会で生き抜く、全ての人に見てほしい。 

■満島真之介
映画は「鑑賞する」ものだと思っていた。うかつだった。「鑑賞」から「体感」となり、とてつもないものが「寄生」してしまった。ポン・ジュノが降らせる豪雨は、僕の中に降り続ける。これから、どう生きていこうか。

ポン・ジュノ監督作品




関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2020/02/11 13:51

    パラサイト=在日朝鮮人

  2. 3
    名無しさん 2020/02/11 7:13

    戦後に在が日本でやってたことやないかーい。まぁおめでとさん。見ないで批判はできんので地上波でながれたらみるよ。

  3. 2
    名無しさん 2020/02/10 23:29

    漫画原作物を無理矢理1本にしただのしか作っていから邦画もドラマも

  4. 1
    名無しさん 2020/02/10 19:18

    こんな所にお金バラまいてないで、迷惑かけた国の後始末に使えよ犯罪者集団国家

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事