OTHER

HEADLINE

バンクシー顔バレ覚悟?新作落書きを清掃員が知らずに消去wコロナ禍の地下鉄に描いた意図とは

素性不明の芸術家バンクシーがロンドン地下鉄の車両内に描いた新作を、清掃員らがバンクシー作と「知らずに」消去していたと英メディアが15日伝えた。

ロンドン交通局は落書きを禁じており、バンクシーも消されることを承知で描いた可能性がありそうだ。

トレードマークのネズミやマスクなどを描いた新作は、新型コロナウイルス感染による苦境からの再起を鼓舞したり、マスクの着用率が低い英国民に使用を促したりする狙いがあったとみられる。

バンクシーは14日に新作を巡る一連の作業を「インスタグラム」に投稿していた。

交通局側は事情を知らず、動画投稿の数日前に消していたという。

英紙イブニング・スタンダードによると、交通局の清掃員が作品公表の数日前、「ネズミみたいなもの」があるのに気付き、消し去った。

交通局は「落書き禁止の厳格な原則に基づき、作品は数日前に消し去られた」「われわれはバンクシーに、適切な場所で利用客に彼のメッセージを伝える機会を提供したい」と話しているという。

[via:時事ドットコム]
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071600211

コロナ禍でメッセージ

体不明の路上芸術家バンクシーは14日、英ロンドンの地下鉄の車内に落書きした新作を公表した。

公式インスタグラムに投稿した動画の中で、くしゃみで大量の飛沫(ひまつ)を飛ばすネズミなどを描き、

「I get lockdown, but I get up again.」
※ロックダウンされたって、俺はまた立ち上がる

とのメッセージもつづった。


このメッセージは、英バンド「チャンバワンバ」の代表曲「タブサンピング」の歌詞「 I get knocked down. But I get up again.」をもじったもの。動画のラストに、このメッセージと共に流れる。



新作のタイトルは「マスクをせよ、さらば与えられん(If you don’t mask – you don’t get.)」との一文を添え、マスクをパラグライダーのように使って空を飛ぶネズミ、消毒液もしくはハンドソープを持ったネズミなどが描かれた。

ジョンソン首相が7月24日からの店舗やスーパーでのマスク着用義務化を発表した翌日、この作品は登場。新型コロナウイルスの感染防止のため、人々にマスク着用をユーモアたっぷりに呼び掛けた。

防護服姿の清掃員に扮(ふん)して落書きするバンクシーとみられる男性も出演した。

[via:時事ドットコム]
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071500158

Chumbawamba – Tubthumping

バンクシー 顔バレ覚悟?

パンデミックの最中もゲリラ的に作品を発表し続けたBanksy(バンクシー)。そんな稀代の覆面アーティストが顔バレ覚悟(?)で、1本の短い動画を『Instagram』にアップした。


ロンドンの地下鉄に乗り込む清掃業者に扮したBanksy(と思しき男性?)。不審がる乗客を追い払い、持ち込んだステンシルシートを使って、車両内に例のネズミを次々と描いていく。

[via:HYPEBEAST.JP]
https://hypebeast.com/jp/2020/7/banksy-i-get-lockdown-but-i-get-up-again

動画の冒頭、防護服を着込むバンクシー(と思しき男性?)の顔がゴーグル越しに一瞬映るシーンがある。


※拡大

ネットの反応

・清掃員は何も悪くない
・当たり前だよなぁ
・落書きはいかんだろやはり これで特別視してたら収拾つかなくなる
・落書き消したのがニュースになってやんの
・そもそも本人も消される予定で書いてるだろ
・消されるのも含めて作品。
・コレを消してしまう清掃員もgood!よく分かってるよ
・日本のバンクシー切り取って保存してしまう野暮さは最悪
・インスタントさというか儚さがバンクシー作品の良さ 額に入れて美術館に収めるとか愚の骨頂
・どこかの狸知事も見習えそこの雌狸おまえだ!

・小池百合子「」
・BBCの特派員のコメントだと「消されるのも含めて計画のうち」って解釈になってるな。だからこそ、消された後にインスタグラムに動画をアップしたわけだ
・落書きは所詮落書き、描いた本人に消さすべき。
・ばっかもーん!その清掃員がバンクシーっ!捕まえろ!
・「世間への訴求力が強ければ落書きOK」という風潮になっては困る。
・バンクシーが身元を明かさないのは、落書きが犯罪であるから、という理由らしい。絵はもう消されたらしいが、どんなに価値があってもメッセージ性が強くても、ダメなものはダメなんですよね
・このパフォーマンスが鉄道公認で、車両の落書きや撮影に許可を取っていたなら問題ないですが、そうでないならテロリストと大差ないと思いますね。
・これバンクシーによるものと言われなきゃ誰もありがたがらないチープなメッセージに思えるんだが。
・よし、東京メトロに防護服で乗車してスプレーで落書き、、、即逮捕だろ?なんかバンクシーも終わった感がハンパない。
・バンクシーは器物損壊で逮捕するべき
・当然だろむしろ被害届出して損害賠償請求すべき
・イギリスのアートに対する価値観は日本のそれとは比較対象に値しない地位が確立されている、消されること、事件扱いされないこと、それにメディア扱いで広まることは想定内でやったというなんとも難い演出ですね~
・地下鉄が清潔であることもコロナ対策では大事なんだから消されることまで込みの作品なんじゃねえの?
 >まさにそれ、その通り!
・マスクしない客とバラ撒かれたウイルスが居なくなり綺麗な元々の列車に戻ったならそこまで含めて完成じゃなかろうか
・ねずみ「バンクシッ!」

【関連リンク】
【顔バレ!?】バンクシー逮捕、実名と顔写真公開!?ネット上が一時騒然
自己破壊したバンクシーの絵画オークション 遠隔装置所持の人物を拘束していたw
バンクシーの正体はあのミュージシャン?制作中の姿を激写!《マッシヴアタック3D説》

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2020/07/17 18:19

    欧米にありがち
    芸術や表現の自由を無条件に賛美するからこういうことが頻繁に起こる
    あんな格好するなら町の清掃すればそれこそ喜ばれるぞ

  2. 2
    名無しさん 2020/07/17 12:02

    バンクシーだろうが何だろうが公共物に落書きするクズは問答無用で死刑にするべき!!!!!
    バンクシーを賛美するクズも同罪!!!!!!

  3. 1
    名無しさん 2020/07/16 23:49

    公共施設っていう付加価値がないと表現できんのかこいつは
    別に俺は迷惑被ってないからまだいいけど、街を勝手に私物化してるのってどうなのと思うところはある

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事