SCANDAL

HEADLINE

生田斗真『ウロボロス』で共演した清野菜名と熱愛発覚!マンションで一夜をスクープ

ジャニーズ所属の人気俳優・生田斗真と注目の若手女優・清野菜名が交際していることが、『週刊女性』の取材で明らかになった。

sc20150825-1

「彼女は若手女優の中でも期待度ナンバーワンですよ。園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』でヒロインに抜擢され、体当たりの演技と激しいアクションが高く評価されました。

公開中の『東京無国籍少女』では全身血まみれになって、壮絶な銃撃戦を演じています。来年公開される宮藤官九郎作品にも出ますし、個性的な監督に愛されていますね」(映画ライター)

sc20150825-2

テレビドラマにも多数出演しており、生田と出会ったのもドラマでの共演だった。

「今年の1月クールに放送されたドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)では、警官の先輩後輩という役柄でした。

生田のほうが10歳年上ですが、役柄ではなぜか清野が先輩でしたね。ふたりがからむシーンがかなり多かったので、自然と親密になっていったのでしょう」(テレビ誌ライター)

このドラマはスタイリッシュな格闘シーンが売りで、生田は役作りのために韓国のアクションスタジオ『M』で練習を積んだ。『ウロボロス』でW主演した親友の小栗旬が紹介したという。

格闘技に目覚めた生田は、スタントを使わずにアクションを披露する清野と心を通じ合わせていったようだ。

「清野さんはモデル出身なんですが、かわいらしいルックスからは想像できないほどの運動神経の持ち主。

中学時代には走り高飛びで全国大会に出場していますし、体育の成績は常にトップで、今もバク転やバク宙はお手のものです。

『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチが目標だと言っていますから、本格的なアクション女優を目指しているんでしょう」(ヘアメーク)

生田はアイドルではなく俳優業がメーンで、ジャニーズとしては変わり種だ。

「“オレはジャニーズの落ちこぼれ”と話していたこともありました。同期や後輩が次々にデビューしていく中で、17歳のときに『劇団☆新感線』の舞台に出演したことで演技に目覚めました。

CDデビューなしでJr.を卒業したのは、彼がジャニーズ初です。今では映画やドラマに引っ張りだこで、話題作には欠かせない存在になりましたね」(前出・テレビ誌ライター)

実は、ふたりの交際は半年ほど前から始まっており、清野が生田のマンションを訪れているという目撃情報も。

[引用/参照/続き:http://www.jprime.jp/entertainment/couple/17296]

生田が住むマンションに清野が

sc20150825-3

8月18日の夜10時過ぎ、生田が住む高級マンションに清野がタクシーで訪問。

すぐにはマンションに入らず、電話をしながら1本先の通りへ。

2、3分すると戻ってきて、周りを見回しながらエントランスに入った清野。

慣れた様子で訪問先の部屋番号を押し、軽い足取りでドアの向こうに消えた。

マンションを訪れて13時間後の翌日の午前11時過ぎ、清野は前日と同じ服装でマンションから現れた。

来たときと同じように周りを見回し、注意を払いながらその場をあとにした。

さらにその1時間後、今度は生田が半ズボンにサンダルというラフないでたちでエントランスに現れた。

偶然なのか、清野とのペアルックにも見える白Tシャツに帽子とサングラスという組み合わせだった。

[引用/参照/続き:http://www.jprime.jp/johnnys/ikuta_toma/17282]

清野菜名の名前を出すと怪訝な顔つきに

8月18日の夜10時過ぎ、生田が住む高級マンションに清野がタクシーで訪問。

しかし、清野は頻繁に生田のマンションを訪れることはできないのか、ふたりが一緒にいるところは近所ではほとんど見られていない。

「大通り沿いにあるお蕎麦屋さんで、たまに生田クンを見ますよ。友人らしき人と来ていましたね。駅近くにある中型スーパーでも見かけますが、いつもひとりで買い物されていますよ」(近所の住人)

sc20150825-4同じ日の夕方5時半過ぎ、再び同じラフな格好の生田がマンションから現れたところを直撃した。

タクシーに乗ろうとしていたところを記者が声をかけると、「あ、はい」と応えてくれる。

タクシーのドアを開けるのをやめ、記者に向き合った。しかし、質問を投げかけると、態度が一変した。

――清野菜名さんが以前から生田さんのマンションを訪れていますよね?

「……」

 清野の名前を出した途端、生田は怪訝な顔つきになった。さらに質問を続ける。

――清野さんと交際されていますよね?

「……忙しいので、すみません」

ドアを開けてタクシーに乗り込むと、運転手に早く車を出すよう手で合図する。車内から記者に1度会釈して、そのまま走り去っていった。

ふたりの交際について、それぞれの所属事務所に問い合わせたが、どちらからも回答はなかった。

[引用/参照/続き:http://www.jprime.jp/johnnys/ikuta_toma/17282]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事