SCANDAL

HEADLINE

口封じ、忖度が渦巻く芸能界 タモリ不倫、有吉夏目熱愛を完全鎮火した芸能界ドンのコワモテ伝説


「ムッシュかまやつ お別れの会」に出席した元スパイダースの6人 左から加藤充、田辺昭知、大野克夫、堺正章、井上堯之、井上順

誰某(だれそれ)が干されただの共演NGだのと、忖度が渦巻く芸能界。この忖度の道筋はすべて、田辺エージェンシーの田邊昭知社長(79)に通ずるといっても過言ではない。

彼を強大な権力者たらしめる所以は、要所での剛腕と強面にあった。以下の逸話がその適例である。

政界や球界、メディアに大学、談合まで。あらゆる業界に“ドン”は存在する。芸能界にもそう称される人物は幾人かいるものの、田邊氏こそ、“ドンの中のドン”にほかならない。

まずは、そんな大物の雰囲気が味わえる肉声を紹介したい。が、少し前置きを。田邊氏は、メディアの取材にはめったに応じないことで知られるため、その肉声はかなりレアである。

本誌(「週刊新潮」)は7月26日号で、タモリと脚本家の中園ミホ氏の逢瀬を報じた。実はこの取材過程で、電話で接触していたのだ。タモリの中園宅通いに関する本誌の説明を聞いた田邊氏は、

「不倫!? 事実じゃないと思いますけど。把握なんかしてませんし、そんなことはないと思いますよ」

驚きは隠せないものの、こう全面否定した。

タモリは田辺エージェンシー所属。自社タレントをかばう感じでもなく、本当に初耳の様子である。やりとりは続き、本誌が、中園宅のそばでタモリのマスク姿が撮れていることなどを伝えても、

「あなたと議論しても、水かけ論でしょ」

と、2人の道ならぬ関係について言質は取らせない。だが、突如としてスイッチが入った。

「どうでもいいんですけど、なんで、この電話にあなたがかけてこられるんですか?

僕の電話ですよ、個人の!

そうですか、じゃないんだよ。

分かってて電話してるんだろ。誰に電話しているんですか。

だから、なんで僕の電話番号知っているんですか、って!」

言葉遣いはぎりぎり崩れなかったが、内容は切っ先鋭い刃のようで、ドスが利いている。約(つづ)めれば、“オレを誰だと思ってるんだ”となる。

このくだりを最後に、取材は5分ほどで打ち切られたのだが、その後、タモリの艶聞も本誌が報じただけで打ち切り。新聞やテレビに扱う媒体はない。

ではなぜ、“後追い記事”がないのか。業界では当然のことながら、一般にはこの単純なナゾに、首を傾げる向きもあるだろう。スポーツ紙の芸能担当記者が苦笑しながら明かす。

「タモリさんの不倫ネタは、たしかに口封じがありましたよ。ただし、田邊社長からではなく周辺の芸能プロダクション関係者からです。“書くな”という調子ではなく、“書かないよね?”という口ぶりで」

今回のような場合でも、田邊氏自らが火消しに回ることはないという。

「マスコミ対策は、周辺の関係者が自発的にやる流れができ上がっているんです。いつも、それできっちり鎮火する。

新聞やテレビは、特オチや、番組にタレントを出してもらえなくなる事態に怯えつつ、サジ加減を調整しながら扱わざるをえないのです」

つまりは“大人の事情”である。かようなシステムの頂に君臨するのが、田辺エージェンシー社長。

そんな田邊氏は日ごろ、東京は渋谷にある高級ホテルで静かに暮らしている。が、ひとたびコトが起きれば、直接、乗り出す機会も皆無ではない。

“後追い記事なし”のナゾとも関連するので、いくつかの例とともに説明していこう。

いまから2年前の8月。

〈夏目三久アナと有吉熱愛! すでに妊娠 番組きっかけ〉

日刊スポーツのホームページにこんな見出しが躍り、朝刊でも1面トップで大きく報じられた。が、ちょうど3カ月後。同じ1面に、

〈夏目三久さんに関する報道のお詫びと訂正〉

こんなタイトルの訂正記事が載る。曰く、事実誤認で夏目さんにはご迷惑をかけた……。これこそドンが動いた結果だ、と業界関係者が振り返る。

「コンドーム写真流出で日テレを辞めた夏目を引き取り、面倒を見ていたのが田邊さん。熱愛報道に激怒した田邊さんは、お達しを出した。

すると、テレビは一切扱わず、日刊以外のスポーツ紙には、“事実無根”“事務所が否定”としか報じられない。そして日刊のお詫び掲載。

ものの3カ月で、有名フリーアナウンサーと人気お笑い芸人の熱愛をなかったことにしたのです。実際に付き合っていた2人ですが、きっぱり別れさせられたといいます」

剛腕が唸り、すべてをひねり潰したのだ。「ザ・スパイダース」を率いてプレイヤーとして一世を風靡し、マネジメント業でも修羅場をくぐってきた男だからこそ、成せた業だろう。先のスポーツ紙記者は、

「日刊が11月にお詫びを出したのは、年末の紅白などのイベントを見すえてのこと。そんな時期に田邊社長を怒らせたままだと、仕事になりませんから」

と、全面降伏の理由を斟酌し、話はあの人気ドラマへと転じる。

「所属の堺雅人が主演したTBSの『半沢直樹』ですがね。視聴率42%を叩き出すお化けドラマだったのに、続篇がなかなか決まらない。田邊社長とTBSのあいだの溝が埋まらないからです。

なんでも、他局でタモリさんが出ている番組の同じ時間帯に、TBSが力を入れた企画をあてた。これが田邊社長の不興を買い、続篇にゴーサインが出そうだったのがひっくり返ったそうです」

ドラマ最終回は2013年秋。以来、銀行員の半沢は、子会社の証券会社に出向させられたままだ。

「このようにコワモテの田邊社長ですが、握手ができれば最強の後ろ盾になります。最近では、SMAPの元マネージャー、飯島三智さんがいい例。SMAP独立騒動で、後足で砂をかける格好で事務所を出ざるをえなくなったのですが」

彼女は、ドンのおわすホテルを詣でる。

「“ジャニーズ事務所を出て芸能界で生きていくには田邊さんを頼るほかない”と、庇護を求め、すがった。受け入れてもらえた結果、彼女と元SMAP3人は、自由に活動できているのです」

ここまで挙げれば、芸能界では、タモリの後追い記事が出ないことなどごく自然の成り行きだとお分かりいただけたのではないか。

ちなみに、先に、田邊氏は取材に応じることはないと記したが、そもそもが、誰も取材などしようとしないのである。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/08060557/


田邊昭知 プロフィール
(たなべ しょうち)
生誕:1938年11月15日(79歳)
出身地:東京都
学歴:高千穂商科大学付属高等学校卒業

日本の芸能プロモーター・放送作家、元音楽家・俳優。田辺エージェンシー代表取締役社長。元田辺昭知とザ・スパイダースのリーダー兼ドラマー・日本音楽事業者協会(JAME)会長。妻は元歌手の小林麻美。

10代の頃から米軍キャンプ廻りによりドラムを始め、オールスターワゴン、スウィング・ウエストにて活躍。1961年に「田辺昭知とザ・スパイダース」を結成。1966年にグループ名を「ザ・スパイダース」に変更する。

同年ホリプロダクションから独立し、スパイダクションを設立。メンバーのプレイングマネージャーとしても先見の明を大いに発揮し、現在の田辺エージェンシーの基盤を創ることになる。

1973年にスパイダクションの規模を拡大し、田辺エージェンシーに改称。その後はタモリらを見い出し、芸能界のスターに育てている。1991年には同事務所に所属していた小林麻美(小林は芸能界から引退)と結婚。小林との間に1男を儲ける。

近年は表舞台に登場することはあまりないが、2017年にかまやつひろしが逝去した際にはそのお別れの会でザ・スパイダースのメンバーを引き連れてドラム演奏を披露している。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/田邊昭知]

ネットの反応

・で、なんで番号知ってるのよ?
・周防ですら頭上がらないからね
・まあ喜多川にのさばらせるよりは
・マチャアキよりえらいのか
 >そりゃバンマスのほうが偉いよ
・週刊誌お得意の悪の親玉でっちあげネタ
・写真の一枚すら出ない熱愛報道ってなんだったんだろう
・有吉と、女子穴が熱愛してたのの、なにが問題なんですかね?
・これが本当の忖度。
・突然個人電話に電話掛かってきたら気持ち悪いし怒るにきまってるだろ 感覚狂いすぎ
・芸能界のドン何人いるんだよ
・田邊氏の部分を、周防氏や喜多川氏に変えて使い回し出来る
・ベッキーや矢口との扱いの差を考えると 事務所の差はデカイ
・最近小林麻美が仕事をしだしたのも、この人自身の離婚が近いからとも言われたが
・アサ芸ネタじゃねーかw
・有吉と夏目のやつは本当だったのか何だったのか
 >根も葉もないデタラメなら妊娠堕胎とか訴訟案件でしょ
 >真相は闇に葬られたが、ガセっていうことにさせられた
 >マツコは全部しってて20年後に出版されんだろうなー
・本当にヤクザな世界やのう~
・タモリの不倫て割とスルーされてるな
 >お盛んで宜しいですな、ぐらいの感想しかない
・さんまもたけしもタモリの不倫に触れて無いんだよなー
・タモリの不倫もそれがわかるような写真なんてなんもないからな あれで熱愛って言っても後追いしないだろ
・セックスを家庭に持ち込まないタモさんを信じる
・報道内容に価値がなかったと認めたくないんだなw
・そもそも、たかが芸能事務所がマスコミになんでそんな圧力を加えられるのよ。
・火消し威厳が通用するのは芸能村だけ

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/09/16 10:51

    >>突然個人電話に電話掛かってきたら気持ち悪いし怒るにきまってる

    まさにこれ

  2. 2
    名無しさん 2018/09/02 5:25

    どーでもいい。

  3. 1
    名無しさん 2018/08/28 16:20

    誰も後追い取材しないのならば自分達がやれば良いだけ。
    競争原理の働かない事ならオイシイ話だ。
    そして田邊某とやらの“圧力”や“権力”を主張して批判的に書くなら、その“圧力”や“権力”に対抗する覚悟があるのだから後追い取材すれば良いだけ。
    それもしないで「圧力に潰された」としか言わず、後追い取材しないのなら、その熱愛報道そのものの真偽を疑わざるを得ない。
    つまり、自分達の“誤報”(=誤った情報で金銭を客から穫った詐欺的な商売)のスケープゴートにしてるとしか思えない。
    自分達の過失の誤魔化しで作文記事を作って嘘に嘘で塗りつぶしたのだとしたら罪深い。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事