SPORTS

HEADLINE

浅田真央 テレビ各局で争奪戦が激化!ギャラが高騰!本人はコンビニで立ち読みw

日本列島に激震が走った女子フィギュアスケート・浅田真央の現役引退。その後、すぐさまテレビ各局が特番を組むなど暖かい雰囲気で送りだされた感がある。

しかし、その一方でテレビマンたちは早くも生々しい話をしていると聞きつけた。果たして、それはどのような内容のものなのか。

「真央ちゃんの引退に伴って、テレビ各局はフィギュア中継の解説者として彼女を起用したいと躍起になっています。

特に来年は韓国で平昌五輪がありますので、そのときの解説者として引っ張り出すためにNHKを含めて争奪戦が早くもはじまっているんです」(テレビ局関係者)

たしかに来年は冬季五輪が控えており、彼女はその解説者に相応しい存在であることには違いない。しかし、その争いはどの程度激化しているのか。

「すでにギャラの話も出ています。とはいえ、ちょっとやそっとの金額で動かせる相手ではないので、相当高額な話になっています」(同)

高額とは気になる。ズバリいくらなのか。

「企画案の段階ですが、1 億5000万円が用意されるともいわれています。大会期間中は解説のほかにインタビュアーの仕事などもありますが、とんでもなく高額であることは間違いありません」(同)

短期間での稼働で1億5000万円とは驚くしかない。だが、こうしたギャラを提示した上でどうするのかが、真剣な顔で話し合われているという。

なぜ彼女はここまで高額になるのだろう。その事情を代理店の関係者が教えてくれた。

「浅田真央さんは現役時代から圧倒的な好感度の高さを誇り、CM出演も多かったです。それは現役引退後も変わりありません。

またさらに、現役時代だったら見送られていたジャンルのCMにも出演できるようになるため、CM ギャラだけで数億円単位の収入が生まれる状況になるんです。

そのような余裕がある中、現役引退から間もない時期に本業でもあったフィギュアの世界に来てもらうためには、これぐらいかかると予測されているんです」(広告代理店関係者)

すさまじい金額が動くことになりそうだが、実際はどの放送局に軍配があがるのか。

「今の段階で言えば、NHKが優勢です。金額ではなく公共性を意識して選ぶのではないかといわれています。

そのため、民放各社は莫大なギャラを積むほか、ホテルや送迎車なども豪華なものにするなどして、なんとか首を縦に振ってもらおうと躍起のようです」(同)

最終的にどこに軍配が上がるのかはわからない。平昌五輪に向けた獲得合戦は今も水面下で続いているようだ。

[via:http://tocana.jp/2017/05/post_13099_entry_2.html]

アイスショーは破格のギャラ


故郷の愛知県から、県民栄誉賞の授与が発表された真央ちゃん。気になる今後の予定といえば、7月から開催されるアイスショー「ザ・アイス」への出演のみだ。

引退後、初めての演技を披露するため多くの集客が見込める。浅田は、現役時代から所属するIMG主催のショーにしか基本的に出演しないという。

「ここはチケット代が最高で2万円台半ばと高額なことで有名です。競技大会でいえば、全日本選手権でも1万5000円前後。それだけに彼女の出演料も破格で、1回200万円から500万円と聞いたことがあります。

他のショーでこんなギャラを出したら採算がとれません」(スケート連盟関係者)

今後、IMGがショーを成立させるためには、お茶の間に顔を売り続けることが必須。ゆえに、キャスターとしてテレビ界へと“ジャンプ”させるのではと専ら囁かれているのだ。

[via:https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05100559/]

本人はコンビニで立ち読みw


現役引退を発表した元フィギュアスケート選手の浅田真央(26才)の姿を名古屋駅前の人混みの中でキャッチした。

「現役のときはスケートリンク近くで一人暮らしをしていましたが、今は名古屋の実家に戻っています。ダイエットの必要もないから食べ歩きをしたり、ゆったりとした時間を過ごしているようですよ」(フィギュアスケート関係者)

胸に大きなリボンがあしらわれた真っ白なシャツに黒のサロペットを合わせたシックな装い。半袖でも暑い陽気の中、黒いキャスケットを目深にマスクで顔を隠していたが、その様子がかえって“真央オーラ”を漂わせている。

ショッキングピンクのスマホケースを手に歩いていたが、ふとコンビニに目をとめると店内へ。雑誌コーナーで手に取ったのは、スポーツ誌『Number』の特別増刊号「永久保存版 浅田真央」。

浅田のデビューから引退までの軌跡をたどったその一冊をじっくり読みふけっていた。立ち読み時間はおよそ15分ほど。その後向かった先は名古屋駅から徒歩約10分にある劇団四季の劇場だった。

「その日は『リトルマーメイド』を観劇したようですよ。真央ちゃんは大のディズニーファン。アイスショーで『アナと雪の女王』を披露したこともあります。」(前出・関係者)

列島を揺らした引退会見から1か月。浅田は“日常”を楽しんでいるようだ。

[via:女性セブン]
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170510-00000016-pseven-spo

ネットの反応

・金稼いで良い暮らししたら良いよ
・好感度はあるがテレビ向きのしゃべりじゃないからw
・各局ババ抜きみたいなやんわりお断りコメント記事が出ているのに
・やるとしたらオリンピック後じゃないかな
・どう廻りにサポートつけるかが鍵じゃないだろうか その点NHKはいいかも台本がきっちりあるし
・確かに、ヘンな民放番組に出て下卑た演出に巻き込まれては、価値が下がる。
・織田信成あたりとセットでゆるい感じの番組ならまだしも、単体で真央ちゃんが解説は放送事故待ったなしだろ
・解説は無理でもイメージキャラクターみたいな使い方するんじゃないの
・ボケッとしてるだけで解説もバラエティもできないぞこの子
 >いやいや、引退会見の受け答えを見るに頭は良さそうだったぞ。
・真央はぜんぜん別の方向を考えてるんじゃないかな?出たいものがあればギャラ関係なく自分からオファーするタイプだから
・外野がいろいろ気を回すほどには本人サイドは何も思ってなさそう
・いつ「脱がせ屋達はすでに動き始めている」が出てくるのかと思った。
・この大仏みたいなのがカワイイ扱いが良くわからん
 >大仏敬うのは当たり前やろ、日本仏教国やぞ。
  >大仏敬うのと大仏みたいな顔がカワイイ扱いなのとなんか関係あんのか?奈良県民なめんな
 >全く逆、大仏みたいな顔は老人層にも受けが良い
 >ただし偏屈キモヲタへは妄想をそそらないので、ウケない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事