TALENT

HEADLINE

伊藤千晃[AAA]デキ婚相手の素性がヤバいw宮迫博之の元相方でヤリ手実業家 キャバクラ王からアパレルへ

1月12日、男女混成7人グループ・AAAの伊藤千晃(30)が、結婚、妊娠、卒業の“トリプル報告”をした。突然のおめでた報告にファンはさぞ驚いたことだろうが、業界関係者は、4つ目の事実となる結婚相手の名前に衝撃を受けている。

新聞報道などでは、相手は一般人で〈俳優・浅野忠信似の40代実業家〉などと報じられたが、実は過去に芸能界にも在籍していた“有名人”だった。伊藤の知人が明かす。

「旦那さんは、かつて『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんとお笑いコンビを組んでいたAさんです。元芸人だけあってトークが面白く、20歳近い年の差を感じさせない距離感に、伊藤も居心地の良さを感じていました。

2人は数年前に知人を介して知り合い、昨年春から交際をスタート。夏頃には半同棲生活を始め、昨年末に妊娠が発覚したことで入籍を決断したそうです」

このA氏、実はただの実業家ではない。

高校卒業後、19歳でラーメン店を起業。一方で吉本興業のお笑い芸人養成学校であるNSC(吉本総合芸能学院)に通い、そこで宮迫とコンビを組んでいた。

だが、経営の才覚があったA氏は、すぐに芸人を辞めて事業に専念する。ラーメン店に始まった事業は、雑貨の並行輸入や飲食と広げ、水商売の世界で花開く。

「1990年代初頭から、大阪でキャバクラ経営を始め、次々と店舗を拡大。2000年代前半には、関西だけでなく関東、中国、北陸、四国などで約100店舗を運営し、年商300億円もあったそうです。

“日本一のキャバクラ王”となったA氏は、そこで止まらなかった。その後、有名グラドルも在籍した芸能事務所、女性向けのアパレルブランドを立ち上げます。

とくにアパレルブランドの売上高は370億円(2014年3月期)にも達し、“アパレルの新星”ともてはやされました。現在、A氏はこれらの事業を手放し、巨額の売却益を得て、悠々自適な生活を送っているようです」(経済ジャーナリスト)

吉本出身者のなかでも“歴代1位の成功者“と言われるA氏と結婚した伊藤もまた、成功者なのかもしれない。

[via:https://news.biglobe.ne.jp/topics/entertainment/0114/90222.html]

実業家の恵藤憲二氏と判明

いったい伊藤を射止めた男性は誰なのか?「40代の実業家の一般人男性」と報じられ、謎に包まれていたが、本紙の取材でその素顔が明らかになった。

「恵藤憲二氏ですよ。元吉本のお笑い養成学校NSC時代には、宮迫とコンビを組んでいたこともあります。その一方で起業し、飲食店などを多角的に経営し、アパレルでも大成功。今は個人投資家として活動しています」と芸能プロ関係者。

恵藤氏は、NSC時代に宮迫とコンビ「ぴいぷる」を結成、解散した後は、芸人の道ではなく事業の道に進んだ。そこで才能が開花し、飲食店などの一大グループを経営。

2005年にはファッション企業「マークスタイラー」を創業し、専念。「エモダ」「マーキュリーデュオ」など女性に人気のブランドを次々に展開し、大規模なファッションイベントも開催。年商300億円を超える企業のトップとしてタクトを振った。

「恵藤氏は一昨年、マークスタイラー社を中国資本に売却。現在は個人投資家として、活躍しています。元吉本芸人で『最も成功した人物』といわれるほど、立志伝中の人ですよ」と前出関係者。

伊藤とアラフィフの恵藤氏はいわゆる“年の差婚”となるが、そんな2人の共通点となったのは、ファッションだったようだ。

「伊藤はAAAで“ファッション担当”としてファンの間では有名で『chiaki』名義でファッションプロデューサーとしても活動しています。

数年前に共通の知人を通して恵藤氏と知り合い、しばらくはたまに会うぐらいでしたが、ファッションが共通点となって昨年6月ごろに急接近。交際に発展したようです」と音楽関係者。

AAAは2月にシングル「MAGIC」、アルバム「WAY OF GLORY」をリリースする。伊藤はこれに参加し、3月末にグループを卒業。夏ごろには出産予定だ。AAAからは卒業するものの、芸能界から引退はせず、活動は続けていくという。

出産後はファッションに造詣が深い夫との夫婦生活で、ますますセンスに磨きをかけ、オシャレでセレブなママタレントとして活躍しそうだ。

[via:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/640446/]

恵藤憲二氏プロフィール


ファッションショー[2013.05]
マークスタイラー社長当時の恵藤憲二氏

恵藤憲二(えとうけんじ)
大阪府出身、1966年11月26日生まれの50歳。
高校卒業後、19歳で起業し、ラーメン店を経営。一方でNSC(吉本総合芸能学院)に通い、宮迫博之と「ぴいぷる」というコンビを組む。

しかし、親に借金が1億円あることを告げられたため、芸人の道を諦め、経営一本に絞ることに。

それからは様々な分野に事業を拡大し、1990年初頭のキャバクラ店の経営では全国100店舗を構える巨大チェーン店「レジャックス・ホールディングス」を10年で築き、年商300億円を超えるキャバクラ王として名を馳せた。

2005年にはMARK STYLER(マークスタイラー)株式会社を設立し「MERCURYDUO」、「EMODA」、「MURUA」など20代の女性をターゲットにしたブランドを展開。

しかし、2014年9月16日にマークスタイラーの代表取締役会長を退任し、投資会社のエトーム「ETOAM」の代表取締役などを務めていたが、こちらも現在は退任しており、事業の売却益によって生活をしている。

ネットの反応

・あんだけ金かけて無理やり売ったのに、孕ませてもトラブルならないんだな
・キャバ経営な時点でヤバイ繋がりはあるわな というか無いと出来ない
・宮迫の番組で見たことあるけど全くイケメンではないよな ちょっと小太りっぽい感
・蛍原に妊娠させられるってどんなエロ漫画と思ったら違うのか。
・浅野忠信ではなく弾丸ジャッキーの体操選手の方だろ
・安田美沙子の旦那よりずっとやり手じゃん。
・相手がこの人ならお金には困らないだろうけど、紗栄子臭が否めない
・あー宮迫の話に良く出てくる成金ヤクザな 宮迫がパーティー呼ばれたとか言う話は大体こいつ絡み
・うわー打算的な結婚に引かざるをえない。
・いわゆるグレーな実業家か?
・キャバクラは昔オスカーグループって呼ばれて大阪と六本木にたくさんあったよね芸能事務所のオスカーとは全く関係ないみたいだけど で、いまはインソウグループに名前かわってるはず

レジャックスは「INSOU」と改名し、飲食業界を幅広く事業展開していると謳っているが、実態はキャバクラやガールズバーなどの風俗ビジネスが中核のようだ。もちろん複雑な利権が絡み合うキタやミナミの歓楽街…

きな臭い噂も

INSOU西日本 1999年1月29日設立 資本金5千万円 社員数446人
INSOU東日本 2002年4月16日設立 資本金5千円 社員数200人
INSOUホールディングス株式会社 2007年9月設立 資本金1億円 社員数87人

INSOUホールディングス株式会社の事業内容は、飲食ビジネスの総合企業として、店舗経営に関する支援業務を行っているようです。

因みにINSOU西日本の住所とINSOUホールディングス株式会社の住所は同一。さらにINSOUホールディングス株式会社の取締役会長の守安但氏は惠藤氏の高校の時からの友人だそうです。

2011年10月に全国施行された暴力団排除条例である。反社との関係を遮断しなければならなくなって、INSOUグループの切り離しを決断。2012年末、高校時代からの友人でグループを共に運営してきた守安但氏に売却した。

奇しくも2011年には島田紳助さんが暴力団関係者との交際があったとして引退をしています。つまり機を見るに敏、キャバクラからは手を引き、アパレルと芸能事務所に的を絞った、という事でなかなかのヤリ手のようです。

INSOUホールディングス株式会社の商品という項目に分不相応にポツネンと佇んでいるのが、こちらのミネラルウォーター涼音(すずね)。

新潟県南魚沼市長崎という場所から採取した水、つまりミネラルウォーターが主力製品との事ですが、なんで水?とクエッションマークがピコンと頭の上に立ち上がる事数秒。

おそらくコンサルタント業務をやるかたわら、同時にキャバクラへこの水も卸しているのでしょうか?そうすれば一粒で二度美味しいですからね。さすが浪速の商人、といったところでしょうか。

2005年3月期には年商383億円を達成。(INSOUホールディングス株式会社設立前)

最終的には全国各地で100店舗程を経営。以上がキャバクラ時代の概要になります。

アパレル業界へ進出

キャバクラ経営も軌道に乗り、INSOU西日本と東日本という企業も立ち上げた3年後の2005年マークスタイラーを設立。 資本金1億円 従業員数1273人

事業内容はオリジナルブランドの婦人服、服飾雑貨の企画開発、販売等。

キャバクラの店舗を経営する傍ら、同時にアパレル業界へ進出した背景には、10代の頃に早くも芽生えた煮えたぎる起業精神、そしてリスク回避との計算もあったようです。

これだけ大規模なキャバクラを経営しているからにはスカウトマンとの付き合い、反社会的勢力との綱引きなど、かなり怪しげな部分も抱えているでしょうし、同時に警察の裁量一発でやられる可能性もあるという、そんなリスクの高い商売。いわば泡物。

そこで保険としのてアパレル業界参入と、2007年に立ち上げた前述のINSOUホールディングス株式会社の存在があったのではないでしょうか。

INSOUホールディングスの顧問の欄には「菅沼清高」(元警察庁長官官房長・元関西電力顧問)元警察庁ナンバー2の大物が鎮座。つまり万事手抜かりなし、という訳です。

芸能事務所も

マークスタイラーの他にETOAM(エトーム)という芸能事務所も立ち上げていたようで、その傘下にはウィズミック株式会社(2002年4月設立 従業員21名)という事務所もあるんだとか。

所属芸能人を調べると…有名なところではモデルの舟山久美子さんや、グラビアアイドルとしては今野杏南 佐々木麻衣 武田玲奈 山口沙紀 等が所属しています。

そのスカウト諜報網を存分に活かし、キャバクラ経営と同時に一般の芸能事務所も立ち上げたと考えると辻褄が合いますね。

裏の世界にも表の世界にも顔が効くという、そんなフィクサー的存在のハートをできちゃった結婚で射止めた伊藤千晃ですが、結婚の背景には何かもう一つ、裏というか決定的な要因があるような気もしますが、いずれ文春が…

[via:http://newsyo.jp/?p=7910]

コメント

  1. 3
    名無しさん 2017/01/17 9:09

    何人ってかんじの顔。政治など日本は外国人に支配されないようにしなくてはいけない

  2. 2
    名無しさん 2017/01/17 0:21

    卒業?脱退でしょ?
    脱退しても問題ない。
    むしろ、脱退してくれて良かった。

  3. 1
    名無しさん 2017/01/16 19:02

    チャラチャラした若作りのオッサンタイプではなく単純に地味で気持ち悪いオッサンだな。
    いくら金目当てでもこの顔・雰囲気のオッサンと結婚は普通出来ない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事