TALENT

HEADLINE

記者が掲載を見送ったりゅうちぇるのヤバイ話。事務所はコワモテ、実家はマジモン!?

いまやテレビで見ない日はないタレント・りゅうちぇるに、逆風が吹き始めている。

8日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、モデルでタレントの藤田ニコルから衣装が「よくかぶる」と“クレーム”を受け、「ぶっちゃけ、一番大事なのは洋服じゃなくて、番組で爪痕を残すことなんですね」とピシャリ。

さらに「りゅうちぇるビーム」について、ニコルが「にこるんビームをパクった」と指摘していることに「パクってはない」と全否定。

続けて「あ、それしかないから怒ってるのかな。にこるんビームで3年、5年、食っていけるかって話ですよね」と辛らつに皮肉った。

また、先月7日に放送されたバラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)では、東大出身者の平均年収が「729万円」であることを聞き、「そんなもんなんだ。もういやだ~(笑)」と、余裕しゃくしゃくの表情で言い放った。

頭の回転の早いりゅうちぇるだけに、これらの発言は番組の主旨を理解した上でのものだろうが、ネット上は「性格悪い」「嫌いになった」と大炎上。過剰露出な面もあり、批判が飛び交っている。

そんな声に輪をかけるように、りゅうちぇる周辺で“キナ臭い話”も噴出している。出版関係者が声を潜めて明かす。

「彼の所属事務所がコワモテなのは知られた話ですが、彼の実家もヤバイとウワサです。彼のルーツをたどって沖縄まで行ったフリーライターは『マジモンじゃねぇか』とだけ残し、掲載を見送ったそうですから」

りゅうちぇるの“謎”が暴かれる日は近い!?

[via:http://www.cyzo.com/2017/01/post_31082_entry.html]

りゅうちぇるの生い立ち


比花知春 母親 りゅうちぇる

幼き日の彼が住んでいたのは米軍基地にほど近い宜野湾市内の一角で、築年数の経った木造アパート。姉3人に兄1人、5人きょうだいの末っ子として育てられたという。

当時の住居はすでに残っていなかったが、大通りから一歩入ると沖縄の伝統的な瓦葺き屋根にシーサーが乗った一軒家が多数。付近には大きな団地も建っていた。近所の住人が語る。

「いちばん上のお姉さんは37歳。彼とは17歳も離れていました。ほかのお姉さんの1人は、福岡を中心に活躍しているシンガーソングライターの比花知春さん(33)です。もう一人のお姉さんやお兄さんも、以前はよく地元で目撃していましたね」

大家族だったりゅうちぇる一家だが、彼が産まれて間もなく転機が。別の住民が明かす。

「実は、あの子の両親は彼が生まれてまもなく離婚しているんです。小中は宜野湾に住んでいましたが、高校のころには引っ越していきました。

お父さんはアメリカ人とのハーフで、すごいイケメン。若いころは腕っぷしも相当強かった。自分で建築関係や人材派遣などの事業を起こし、問題児の面倒も見てあげたりもしていたからこの辺では有名人でした」

離婚を経験し、年の離れた子どもたち5人を育てていく。りゅうちぇるの母の苦労は、想像に難くない。そんな家庭に育ったりゅうちぇる。

今でこそ底抜けに明るい性格だが、中学時代は悩みを抱えていたようだ。彼自身、テレビのインタビューでこう答えている。

「ヒゲが濃かったり、ナヨナヨしていて運動も不得意。喋り方とかもこんな感じだから『浮いちゃってるかな』とか、そういうことばっかり考えてた時期があって……」

そうした悩みから、誰にも会わず閉じこもっていた時期があったというりゅうちぇる。彼を奮い立たせたのは、実母から5人きょうだいへ伝えたこんな“教え”だった。

「人に愛される人になって欲しい。だから、どんなときでも笑っていなさい」

つらいときこそ笑顔に。そんな母の教えを胸に、りゅうちぇるは今の明るい人気者へと変わっていったのだ。前出の近所の住民が語る。

「母親からおおらかに育てられて明るい性格になったりゅうちぇるですが、父親と音信不通になったわけではありません。彼は今でもメールや電話を週2~3回しているそうです。

お父さんも息子が有名になったことを喜んでいましたし、自慢していました。『俺はりゅうちぇるのパパだ』と言って回っていますからね。ぺことの結婚にも大賛成みたいです」

数々の苦難を乗り越えて幸せにたどり着いたりゅうちぇる。これからも、笑顔の絶えない家庭を築いていくことだろう――。

[via:http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/24238]

りゅうちぇる プロフィール
別名:比嘉龍二(本名)
生年月日:1995年9月29日
現年齢:21歳
出身地:沖縄県宜野湾市
身長:172 cm
所属事務所:スターレイプロダクション

5人兄弟姉妹の次男。姉3人と兄がいる。テレビ番組などで自身がアメリカ人の祖父を持つクォーターだと語っている。姉はシンガーソングライターの比花知春[9]。アパレル関係の仕事に就くため、上京。

2015年9月、『行列の出来る法律相談所』に恋人の「ぺこ」ことオクヒラテツコと共に出演。司会の明石家さんまとギャグを生み出すなど、これが話題を呼び以降、オクヒラテツコと2人揃って『ぺこ&りゅうちぇる』としてバラエティ番組への出演が増加した。

2016年12月31日、ぺこ(オクヒラテツコ)との結婚を発表。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/りゅうちぇる]

所属事務所めぐり「危険な動き」[2016.12.30]

りゅうちぇるとぺこの所属事務所、スターレイプロダクション社長に、サンドウィッチマンや永野らが所属するグレープカンパニー現社長のN氏が就任した。

「今年最もブレイクしたタレント」といわれるりゅうちぇるとぺこが所属するスターレイは今年9月、「週刊文春」(文藝春秋/9月15日号)により、ある理由で金融機関と取引停止になったと報じられた。

「文春」によればその理由とは、スターレイの実質的なオーナーとみられている人物が反社会的勢力と関係があり、その人物周辺にお金が流れていると金融機関が判断したためだという。

「スターレイと資本関係のある代理店が、電通や博報堂など大手広告代理店からも取引をストップされたと聞いています。

売上をテレビとウェブでの収入で賄っているりゅうちぇるとぺこだけに、CM関連の仕事を失ってしまえば、確実に苦しい状況になります。スターレイの経営悪化や、りゅうちぇるとぺこの事務所移籍は時間の問題とみられていました」(芸能事務所関係者)

しかし12月、突然スターレイ社長にグレープのN社長が就任することが、スターレイのHP上で発表されたのだ。また、グレープに関しても、引き続きN氏が社長を務めるという。

「この発表に、各芸能事務所幹部たちは騒然となりました。スターレイを買い取ったところで、苦しいのは目に見えています。

それどころか、サンドウィッチマンや永野らグレープの売れっ子芸人からも、『しばらくN氏に近づくのは危なそうだ』と不要な警戒を招いていますからね」(同)

しかし、広告代理店関係者によれば、この社長交代劇にはそこまでの裏側は存在しないという。

「N氏は楽天家というか、そこまで深く物事を考えない性格で、所属芸人とともにバラエティ番組に出演するようなタイプです。彼にはパートナー的存在である出資者がついており、その人物と相談して、すでにスターレイを買収したようです。

一方でN氏は、芸能界で大きな影響力を持つ芸能事務所、バーニングプロダクションの周防郁雄社長にもかわいがられており、いつの間にか誕生日パーティーの常連になるなど、抜け目ないところもある。たとえ妙な噂がたっても、最終的には『損をしない』という結論に達したのでしょう」(同関係者)

[via:http://biz-journal.jp/2016/12/post_17622.html]


入江の飲み友達として「ナカイの窓」に出演した中村歩社長

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事