TALENT

HEADLINE

柳楽優弥 激太り時代に初対面の中村勘三郎から言われた言葉が衝撃的w

2週にわたり放送されるスペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』でのコミカルな姿や、映画『ディストラクション・ベイビーズ』で見せたバイオレンスな演技まで見る人をくぎ付けにする俳優、柳楽優弥。

彼は2004年、14歳の時に出演した映画『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭・最優秀男優賞を史上最年少で受賞し脚光を浴びた一方で、突然の激太りで世間を驚かせたこともある。


柳楽優弥㊧14歳の時㊨激太りの時

それ変えるきっかけになったのは、2012年に亡くなった18代目中村勘三郎さんの言葉だったという。

3日に放送された日本テレビ『深イイ話&しゃべくり007』にゲスト出演した柳楽優弥。

普段なかなかバラエティに出演しない彼の登場というだけあって、番組では「俳優なのに○○」と題して彼の知られざるパーソナリティについて触れられた。

柳楽といえば若干14歳でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞、一気に実力派俳優として脚光を浴びたものだ。しかし一方で2008年に薬物の過剰摂取で救急搬送されたり、20歳前後では激太りしたりと世間を騒がせたこともある。

一時の“激太り”について柳楽は「ご飯を食べ過ぎた」と明かし、精神的なストレスが原因だったと語った。

現在は見事にスリムな体型を取り戻した柳楽だが、そのきっかけになったのは2012年に亡くなった中村勘三郎さんの一言だった。

2人は普段から接点はなく直接かかわったのは1回きりだったそうだが、柳楽は勘三郎さんにはっきりとこう言われたのだ。

「君は見栄えが悪いから、俳優辞めなさい。」

初めて対面した相手に突然そのような言葉を投げかけるのは失礼なようにも思える。しかし勘三郎さんには、柳楽に伝えたい何かがあったのかもしれない。

[via:http://japan.techinsight.jp/2017/07/negishi07032335.html]

ネットの反応

・初対面で言う言葉かよ
・酷い暴言だ
・いくらなんでも初対面ででこれは
・たかが歌舞伎役者ごときが世界のカンヌ男優になんて事を・・・
・ただのアスペ発言を叱咤激励と思うお花畑脳の奇跡の組み合わせだわ
・勘三郎みたいな不倫しまくってるクズに何言われても響かないわ
・見栄えが悪い奴だって必要だろうに
・深い意味なんてなくてそのままの意味だろw
・この人の場合太るとなんか嫌な感じになってたからなあ
・ゆとりですが何か、でのコイツの演技力はマジで神
・痩せれば今井翼 太ればタカアンドトシのデブ
 >その今井翼が現在太ってるんだよなー
・実際はムカツイて見返してやろうと思ったんだけど
 相手故人だからその言葉をありがたいと受け取ったってことにしたんじゃないの
・歌舞伎の奴らってほんと傲慢で嫌な奴ばかりだな
・海老蔵、獅童、愛之助、尾上 皆クズだよ
・柳楽の顔は俳優ではなく、完全に歌舞伎向き
 歌舞伎へのスカウトじゃなかったのかと思うわ
・それくらいキツい言葉じゃないとここまでスリムにはならなかったかもな
・宮沢りえや椎名林檎と不倫してたジジイ
・おっぱいいかがっすかぁーーーっ!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事