TALENT

HEADLINE

二階堂ふみ『リバーズ・エッジ』でツンとした薄茶色の乳首解禁!ゴチになりますw


二階堂ふみ『リバーズ・エッジ』

女優の二階堂ふみが、来年2月公開予定の主演映画『リバーズ・エッジ』で、ついに乳首を初披露するようだ。

二階堂といえば、昨年10月公開の映画『SCOOP!』では、福山雅治を相手に、乳房をあらわにした濃厚なベッドシーンを演じたり、同じく10月に発売された雑誌「週刊プレイボーイ」(集英社)で、バニーガールに扮したセクシーグラビアを披露し話題を呼んだことはあったが、バストトップは封印されたままだった。

しかし、先日行われた試写会では、彼女のDカップの頂がはっきりと確認でき、生唾をのむ観客が続出したという。
二階堂の“乳首見せ”は、数回にも及んだという。試写を観た映画ライターが明かす。

「彼女は高校生の役どころ。まずは彼氏とのラブホテルでの情事では正常位で何度も激しく突かれ、その流れでピン勃ちした乳首や生尻が丸見えに。

その後、テレビの前で5秒ほどハダカを見せるサービスショットが入り、そこでは薄茶色でちょうどいいサイズのバストトップをはっきりと確認することができます。



二階堂ふみ『SCOOP!』でのセックスシーン

後半には青姦シーンも用意されていて、そこでも乳房が丸出し状態で、寒空に負けず、ツンと立った乳首を確認できました。脱げる女優がいなくなった昨今、本格派女優を目指す彼女の決意を感じましたね」

11月23日に放送された『ぐるぐるナインティナイン 秋のWゴチ 涙の緊急卒業発表SP』(日本テレビ系)では、ゴチメンバーを卒業すると発表し、批判の声も多く上がっていた二階堂。

「彼女は『知名度を上げたい』と言って番組に参加したのに、今度は『役者に専念したい』ですからね。同じ女優で出演していた杏や佐々木希は途中で投げ出すことなく、最後までやりきりましたから、番組のファンに『ナメてる』と思われても仕方ない。

そんな声を黙らすには、それこそ大女優として認められるような活躍を見せるしかないでしょう」(芸能記者)

ともあれ、『ぐるナイ』ファンも今回の映画で、二階堂の極上乳首を拝めば、彼女に「ゴチです」と言いたくなることだろう。

[via:http://www.cyzo.com/2017/11/post_144111.html]

小沢健二が初の映画主題歌

岡崎京子の人気マンガを実写化した2018年2月公開の映画「リバーズ・エッジ」の主題歌として、小沢健二が新曲「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を書き下ろした。

「リバーズ・エッジ」の原作は、岡崎が1993年から「CUTiE」にて連載していた作品。1990年代を舞台に、都会に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感が描かれた。

今回の実写映画では母親と2人暮らしの女子高生・若草ハルナを二階堂ふみが、ゲイであることからいじめられている同級生・山田一郎を吉沢亮が演じる。このほか上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、森川葵らも出演。監督は行定勲が務める。

映画化にあたり、かねてから岡崎との深い親交がある小沢に映画製作サイドから主題歌のオファーが寄せられると、小沢はこれを快諾。初の映画主題歌を書き下ろした。

また、この曲には主演を務める二階堂と吉沢も参加しており、二階堂は「まるで、問いかけるように、思い出を語らうように、寄り添うように、明日に向かう曲を聴きました」、

吉沢は「初めてデモを聴いた時から今日まで、毎日気が付くと頭の中で流れています」と、それぞれ楽曲の印象を語っている。

「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」の歌詞全文は小沢健二のオフィシャルサイト「ひふみよ」にて公開されており、音源の解禁・発売に関しては未発表とのこと。なお、映画『リバーズ・エッジ』は、2018年2月TOHOシネマズ新宿他、全国ロードショー。

[via:http://natalie.mu/music/news/259030]

【関連リンク】
小沢健二オフィシャルHP

ネットの反応

・乳首出すからゴチ辞めたの?
・スクープ エロかった
・鬼ちゃんは見慣れてるのかな
・乳首 ゴチになります
・乳首ぐらいで騒ぐなよ。
・脱ぎましたねあの子ええ体してるんやでw楽しみが増えましたわ
・まだ若いのにたいしたもんだ!
・抜けるカラダなん?
 >ぬけまっせ雑誌プレイボールのハニーガール、よかったですよ
 >こういうブスの乳首は逆に興奮する
 >意外に巨乳
・ピンクより薄茶色の乳頭が好き
・あと20年くらいしたらいいオンナに化けそう。
・これ色んな意味で90年代だからこその傑作だから今映像化しても厳しいと思う
・好きな作品だ でも20年遅い
・やっちまったな、手出しちゃいけない作品なのに
・これ二階堂が自分で主役やりたくて持ち込んだ企画みたいだね
・懐かしい、当時CUTiE愛読してた
 あの時代の空気感を知らない人にもあの雰囲気が伝わるのだろうか
・これはちょっと面白そうだな
 行定、二階堂ならいいかもね
・ゲイの役神木くんが良かった
・岡崎京子って事故にあったんだよね まだ生きてるのかな
 >去年の岡崎京子展に本人車椅子で来ていた。オザケンと一緒に。
・「なぜ、今?」感が拭えないけど、岡崎さんに多少なりともお金が入るのなら悪い事でもないかとは思う
 >せいぜい数百万円程度
・二階堂はいつまで女子高生役やるの?
・岡崎京子だとリバーズエッジってむしろつまらない部類な気がするんだよなぁ 映画向きだと思うけど
 >岡崎京子時代に添いすぎていま読んだらつまらない
 リバーズエッジは特に当時から過大評価されすぎ
・オシャレ雰囲気映画になって原作ファンからめっちゃ叩かれるとこまで見えるな
・大川端探偵社の方じゃないのかよ!
 >俺もw残念。
・画像はよっ

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事