TALENT

HEADLINE

北原里英[元NGT48]おっぱい揉まれる例の舞台に挑戦!悲しみに暮れるファンは見に行くのか!?

7月7日に舞台『「新・幕末純情伝」FAKE NEWS』の公演がスタートした。同作は今年4月にNGT48を卒業した北原里英が初めて挑戦する主演舞台。

しかし劇中では彼女が胸を揉まれるシーンがあり、アイドル時代の“キタリエ”を知る人々は複雑な心境のようだ。


この舞台は「沖田総司が実は女だった」という斬新な設定をもとに新選組を描く作品。北原は沖田総司役として参加し、坂本龍馬役の味方良介や、土方歳三役の小松準弥といった俳優陣と共演している。

YouTube上で公開された出演者コメントで北原は、

「卒業後、卒業前も含め本格的な舞台には初挑戦となります」

「とてもドキドキしていますが、同時に楽しみにしています。皆さんも楽しみにしてください」

と告知。女優として意気込みは十分だったようだが、同舞台の出演に顔をしかめるファンも少なくないという。

「舞台『幕末純情伝』シリーズの沖田総司役は北原で十代目となるのですが、坂本龍馬役などとのラブシーンを演じることでお馴染み。今作の初日公演も、北原がセクシーな演技に挑戦し人々を沸かせました。

しかしその日の公演終了後、“北原里英が胸を揉まれた”“キスシーンもやった”といった情報がネット上でたちまち拡散。

アイドルファンなどから『なんでキタリエがこんな役をやらないといけないんだ!』『NGT時代のキタリエファンが可哀そう』といった意見が寄せられています」(芸能ライター)

悲しみに暮れるファンがいる一方で、「女優になるならこれくらいしないと」「かなり本気で演技の道を志してるみたいだし、ガンガンやってほしい」と応援する人も。

以前は元SKE48・松井玲奈のファンも、同じような葛藤と戦っていた。

「2016~17年にかけて公演を続けた『新・幕末純情伝』では、松井玲奈が沖田総司役を務めています。

彼女もしっかりと胸を揉まれた他、先代坂本龍馬役であるNON STYLE・石田明とのキスシーンも。当然ファンからは悲しみの声が上がっていました。

ちなみに北原も松井もアイドル時代から“推定Aカップキャラ”としてお馴染み。詳しいカップ数はよくわかりませんが、一部の人からは『揉める胸がないのでは?』などと失礼なことを言われています」(同)

同舞台の出演に際して行われた「ザテレビジョン」のインタビューでは、「お胸があまりないので、そこに申し訳なさを感じて“ストレス”」とも自虐していた北原。

しかし“胸揉みシーン”そのものにはあまり抵抗がないようなので、今後の公演も体当たりで演じてくれるだろう。

[via:日刊サイゾー]
http://www.cyzo.com/2018/07/post_168769_entry.html

ネットの反応

・広末もガッツリおっぱい揉まれてたやつか
・おっぱい揉まれ枠
・男優が女優のおっぱい触る舞台で有名よね
・若手でもないし美人でもない、ましてや女優でもないぞコイツw
・AKB時代のあだ名がウナギイヌだし
・牧瀬里穂だろ沖田総司はBカップってやつだ
・アイドルが、つかこうへいの有名作品のネームバリュー利用し、
 舞台上で乳揉まれて体を張って女優開眼みたいな売り方する、ありがちなパターン
・つかこうへいが生きてる頃に出た人だけだね売れたの
・広末石原がピークだったな どんどん価値が下がってる
・うなぎ犬外伝だろ
・なんちゅう刀の持ち方してんだよ
・キルビルかな

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/07/15 21:25

    どーでもいいね(^.^)b

  2. 1
    名無しさん 2018/07/12 8:02

    そして松井同様に俳優陣や演出家等に喰われながら、末路は飽きられて借金だけがうなぎ登りで膨れ上がってAV堕ちして薬物に手を出して•••って感じですか?

    でも、個人的には好きよ•••この子。詳細は知らんけれど

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事