TALENT

HEADLINE

吉岡里帆『ケンカツ』入浴シーンも視聴率振るわず制作陣と大揉めw100倍エロいお宝入浴映像!

吉岡里帆のナマ肌も視聴率テコ入れには効果がなかったのか。

8月14日に吉岡の主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第5話が放送され、視聴率はシリーズ最低の4.8%に沈没。5%割れという危機的な水準にまで落ち込んだ。

その低迷ぶりに吉岡と制作陣との間から“不協和音”が聞こえるようになっているという。

「何より吉岡が怒っているのは第3話にて必然性の薄い入浴シーンをやらされたこと。吉岡は高校時代から演劇養成所に通い、大学生時代は自主映画にも参加するなど、熱い気持ちで女優業に臨んでいます。

今回のドラマは社会的なテーマを扱っていることから本人の意気込みには並々ならぬものがありました。それゆえ視聴率稼ぎという安直な理由から入浴シーンをやらされたことに、本人は相当不本意だったようですね」(業界関係者)

ドラマの世界では、視聴率の低迷が出演者と制作陣の間に溝を作ってしまうのはよくあること。しかし今回は、制作陣の分が悪いようだ。

「吉岡とて自分に肌見せが期待されていることは理解しており、何が何でも出したくないわけではないはず。

しかし第3話の入浴シーン公開では『切り札』を出すのが早すぎたうえ、続く2話で崖を転がり落ちるように視聴率が急落しており、まさに“脱ぎ損”です。

これでは制作陣にちゃんとした見通しや戦略がないことの表われと捉えられても致し方ない。打ち切りも検討と言われる本作ですが、いざ打ち切りとなると吉岡の女優キャリアに傷がつくのは明らか。

せっかくの社会派ドラマに意気込んでいたのに、これでは吉岡にとっては二重に裏切られたも同然でしょう」(前出・業界関係者)

もはや吉岡と制作陣の確執をドラマにしたほうが、よっぽどおもしろい作品ができるのでは?

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/110529

100倍エロいお宝入浴映像が!?

「これまで『ケンカツ』に“お色気シーン”は皆無でしたが、3話では吉岡の入浴シーンが盛り込まれました。

しかし、お風呂のお湯には白の入浴剤が使われており、吉岡の胸の谷間どころか首から上しか見えなかったため、視聴者も消化不良。ネット上では『お湯を濁すな!』『サービスカットになっていない!』と不満の声が上がりましたよ」(テレビ誌ライター)

ドラマでは煮え切らない入浴シーンを披露した吉岡だが、グラビア活動をしていた時代には“激エロ”な入浴映像にも挑んでいたという。週刊誌記者が声を潜めて明かす。

「吉岡は『週刊プレイボーイ』(集英社)で水着姿のまま銭湯に入る付録DVDに出演しているのです。

映像は服を脱ぐところから始まり、ピンクの極小ビキニになって、くびれたウエストと推定Eカップの軟らかそうなバストを披露。

そのまま入浴シーンに入りますが、ドラマと違い、こちらのお湯は透明なため、彼女のボディラインは丸わかり。続いてベージュのチューブトップ姿で露天風呂でのシーンに移りますが、座って手をついて胸を寄せると、今にもこぼれそうでボリューム感に圧倒されます。

また羽織っていた薄い布が濡れてカラダにピッタリと張り付いているのが、この上なくエロチック。笑顔で手を振ったり顔を隠したりする彼女の仕草がかわいらしく、エロいカラダとのギャップはキュン死ものです。



この映像は今でもネット上で確認できますが、ドラマでもこのくらい見せてくれていたら、視聴率は間違いなく急回復していたことでしょう」

ドラマの入浴シーンでは吉岡も水着になっていたはずで、彼女のすごいボディを目の当たりにしたスタッフが、このあと“起死回生のお宝演出”をしてくれることを期待したい!?

[via:日刊サイゾー]
http://www.cyzo.com/2018/08/post_171694_entry.html

100倍エロいお宝入浴映像

※広告を閉じて再生

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事