TROUBLE

HEADLINE

沢田研二ドタキャンを釈明 客席埋まらず憤慨「僕にも意地が」「スカスカの状態でやるのは酷」

17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を開場直前で突如中止し、騒動となっていた歌手の沢田研二(70)が18日、横浜市内の自宅近くで取材に応じ、経緯を説明した。

午後4時10分すぎ、報道陣約10人の取材に応じた沢田は「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。ファンに申し訳なく思ってます。責任は僕にあります。これから取り戻せるようにできるだけしていきたい」と頭を下げて謝罪した。

同ライブは17日午後5時開演予定だったが、同4時頃に急きょ中止がアナウンスされ、会場入り口に貼られた紙には手書きで「契約上の問題が発生した為」と理由が記された。すでに観客が集まっており、会場周辺は大混乱となった。

沢田は中止の理由について「動員に関する契約上の問題だった」と説明。同会場は客席が可動式で、規模によって約1万人から最大で3万7000人まで収容可能。

開演前に所属事務所、イベンター会社から集客状況について「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」と知らされた。

本番前のリハーサル時、観客が座れないように客席がつぶされているブロックが目立ったことに腹を立てた。

沢田は「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる。僕にも意地がある」と自身が中止を決断したことを明かした。

開場時間の午後3時半まで事務所、イベンター会社から予定通り開催するように懇願され、押し問答となったが、最後まで首をたてに振らなかった。

「今回はできませんと1分でも早くお客さんに伝えてほしかった。僕が帰らないと収まらないならと、3時45分くらいに帰った」と説明した。

また、17日の公演は振り替え公演を実施する方向で事務所、イベンター会社と話し合いを進めていることも明かした。

[via:スポーツ報知]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000109-sph-ent

損害4000万円超え?

さいたまスーパーアリーナを何度もライブで使用している都内のイベント会社では、今回の損害額を「4000万円を超えるのではないか」と推定した。

開演直前の公演中止の場合、キャンセル料の減額が難しく、警備人件費や会場代で約3000万円かかることがあるという。

これにステージの音響、照明やセット、スタッフ費用などを加え、さらにチケットの払い戻し手数料なども加わる。

[via:日刊スポーツ]
https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cpettp01810196040.html

チケット販売は苦戦

沢田は今年7月6日の日本武道館公演を皮切りに“古希公演”として全66公演を行うツアーの真っ最中だった。だが、実際にこのツアーのステージを見たファンは違和感を覚えていた。

「ある公演に足を運んでビックリ。バンド編成で往年のヒットナンバーを歌ってくれるのかと思いきや、ステージに出てきたのはギターと沢田さんだけ。はたから見たらフォーク歌手ですよ」

沢田といえば「勝手にしやがれ」「TOKIO」など、ド派手で奇抜なステージパフォーマンスで知られるが、今ツアーは趣向が違うようだ。

「開演してすぐに沢田さんは『俺は自分のやりたい曲だけをやる』と宣言。ファンでも知らないような静かな曲ばかり歌って、会場は終始ドッチラケムード。

かろうじて知っているのは『ヤマトより愛をこめて』くらいでしたね。おまけに大きな会場にもかかわらず、ステージには大型ビジョンもない。後方の座席で、オペラグラスを用意していない客は、沢田さんの表情すらわからなかったでしょうね」(同)

こうした悪評がたたったのか、チケットの販売は苦戦していたようだ。

「あまりに空席が目立つと、沢田さんのプライドを傷つけかねない。そのため、かなり多くの“招待チケット”がバラまかれたようです。

実際、転売サイトでは定価の8割引きで売られてました。チケットが売れた枚数と、実際の入場者数にはかなりの開きがあったはず」(前出の関係者)

沢田は2004年にもツアーの茨城公演をドタキャンしたことがあり、理由をめぐって集客との関係が取り沙汰された。《中略》

主催者側と法廷闘争も?

ある音楽関係者は、今回のドタキャンによって出た損失は「少なく見積もっても1億円以上」と推測したうえで、残りのツアーを含め、最悪のシナリオをこう語る。

「今後、沢田さんと主催者サイドでドロ沼の法廷闘争に発展する可能性は十分にある。来年1月の日本武道館まで予定されているツアーがすべてキャンセルとなれば、損害額は1億円どころか、雪だるま式に膨れ上がっていくでしょうね」

[via:東スポ]
http://news.livedoor.com/article/detail/15466905/

ファンからは擁護の声も

だがいっぽう、多くのファンからは擁護の声が上がっている。

・ジュリーにはジュリーの考えがあっての事!それで離れていくなら結構よ!健康に問題ないのならもう云う事無し!何があってもジュリーを支持します

・何十ヶ所も回っとればひとつやふたつトラブルもあるわ それを騒がずに受け入れるのがジュリーのファンなんだわ

・ジュリーはファンを信じてくれてるから中止にできたんだと思うよ。騒ぎ立てたり離れていったりしないって信じてくれてるんだと思う。ずっと前から変わらないスタイル と思ってるわたしは倖せだぁね

[via:女性自身]
http://blogos.com/article/332593/

ファンサービスには関心がない?

こんなファンの声もある。

「もともと沢田さんのライブでは、代表曲、ヒット曲をあまりやらないという話を聞いていたので敬遠していたんですが、還暦記念ライブならばそうはならないだろう、と思って東京ドームには足を運びました。

実際、さすがに80曲もやったので、かなりヒット曲を歌ってはくれたんですが、それでも結構漏れがあった。

新曲を喜ぶファンの方もいるんでしょうが、そこまでのマニアではないファンとしては、代表曲を続けざまにやってくれるようなライブを見たい、と思うんじゃないでしょうか。

ドームでは憲法9条の大切さをうたった『我が窮状』みたいなメッセージソングまで披露されていて、本人のやりたいことはわかりますが、正直引いてしまいました。求めているのはこれじゃない、と」

沢田は一般的な意味での「ファンサービス」にはあまり関心がないのか、これまでにもファンに対して「嫌なら帰れ」と暴言を吐いたことなどが話題になってきた。ある意味で「ロック的」と言えなくもないのだが……。

「たしかに昔のロックバンドでは、あえてヒット曲を外してライブをやる、ほとんど新曲でやる、というようなやり方もありました。でも今は大物になればなるほどベストヒット的なライブになっています。

ローリング・ストーンズでもポール・マッカートニーでもライブではきちんとファンが聴きたい曲を並べたセットリスト。そこに数曲、新曲やレアな曲を混ぜるというのが普通でしょう。

以前、ポールは代表曲『イエスタデイ』をセットリストから外さない理由について『だってローリング・ストーンズ見に行って、“サティスファクション”が聴けなかったらカネ返せと思うだろ』と言っていました」(音楽ライター)

来年1月には日本武道館での3日連続公演が予定されているという。今どき珍しい予測不可能性があるあたりもまたジュリーの魅力、というファンが集うということか。

[via:デイリー新潮]
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00550405-shincho-ent

ネットの反応

・カーネル?
 >にしか見えないw
 >狙ってるだろこれw
・結局不人気が理由かよw
・えぇ…我儘過ぎるだろ
・ひっでえなこれ(´・ω・`)
・客置いて帰ったのかよw
・これが本当なら無駄なプライドだなぁ
・キャパでかすぎやろ
・SSAアリーナモードで埋まらない?横アリは埋まったんじゃないの
 >それで12000くらいだろ 5000空席ってのはデカいよ
・7000人も集まったのならやりなさいよ
 >武道館ならほぼ満員
・実際は7000の半分くらいだったんじゃなかろうか。
・そもそもアリーナでやろうとすんなよ
・イベンターがふかしまくったんだろね
・原発どうこう言ってたやつらw
・署名うんぬん信じてた馬鹿どもは反省しろ
>事務所、イベンター会社から予定通り開催するように懇願
・事務所はなんで懇願してんねん 沢田を守る側やろ
・つまり契約上の問題は嘘?
 >箱を埋められないならやらないってのが契約でしょ
・これはイベンターが悪いわ
・中止したその損害って誰がかぶるのよ。
・その7000人のためにやるのがプロだろ 嘘くさいわぁ
・動員の見通しが甘かった+沢田研二自身のプライドの問題という事だな…

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/10/19 19:24

    7000もいるのにスカスカなんだ…

  2. 1
    名無しさん 2018/10/19 13:18

    遠方から来ている人の事は考えてないんだね

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事