ADULT

HEADLINE

1万2600人買春事件「絶倫」だけじゃない!」元校長が身につけていた特殊テクが判明

26年にわたってフィリピンの女性を買春し、児童買春・ポルノ禁止法違反の罪で実刑判決を受けた元横浜市立中学校長、高島雄平被告(65)の「告白」記事がネット上を賑わせている。

a20160128-1

3年間の日本人学校勤務と、帰国後の複数回にわたる渡航でおよそ1万2000人もの現地女性を「買った」とされる高島被告。

逮捕時からその「絶倫ぶり」に注目が集まっていたが、今回明かしたのは買春を重ねるうちに身に付けた「射精しないでも十分に快感を得られる」という特殊な「テクニック」だ。

買春に費やしたカネは「ODAとほぼ同額」
a20160128-2
高島被告は2015年4月、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で神奈川県警に逮捕。同年12月に横浜地裁で懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)の有罪判決を言い渡されている。

16年1月18日発売の月刊総合誌「新潮45」(2月号)に掲載された「告白」記事によると、その豪快な「女遊び」は1988年、フィリピン・マニラの日本人学校に赴任したことがきっかけで始まった。

市中心部の繁華街にあった、売春婦がステージ上で妖艶な踊りを披露する「ゴーゴーバー」に週3、4回は通った。

1991年に帰国して以後もゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇ごとにフィリピンへ飛び、現地のブローカーから売春婦を斡旋してもらった。10代の児童を相手にした経験もあるようだ。

売春婦への支払額は一律1000ペソ(約2600円)で、「買った」女性の数は買春目的の渡航をやめる14年1月までに1万2660人。日本政府がODA(政府開発援助)の小規模な事業に注ぎ込む資金とほぼ同額の約3300万円を買春に使った計算となる。

また、同誌の取材によると、赴任時は「学校スタッフのスポーツ交流会に参加したり、スタッフと食事したり」と多忙な毎日を送っており、帰国後も副校長や校長など大きな責任が伴うポストに就いている。遊ぶ時間は少なかった、とも見られる。

相手は10代から70代まで見境なく
a20160128-3
少ない時間で可能な限り多くの売春婦を相手する。それを可能にしたのが、「射精せずに快感を得る」という特殊な「テクニック」だった。

「射精の脈動感はありますが、射精しないでも十分に快感を得ることができる。その体質というかテクニックを身に付けてからは、何回でも挿入できます」

「(1日で30人挿入するのは)当たり前の話ですね。50人もありますよ」

「射精していなければ何人とでもできます」

宿泊していたホテルに何人もの女性を1回で「持ち帰り」、それを毎日3回から5回繰り返す。相手にした女性も下は10代から、上は70代までいたという。

自身は「ロリコンでもペドファイル(小児性愛者)でもない」と明かすように、見境なく性行為に及んでいた。1日で多くの女性を相手にするためには、高島被告いわく「射精はしませんがオルガスムスはある」という状態を維持し続ける必要があるのだろうか。

a20160128-5

ついに明らかとなった「絶倫ぶり」の真相。ツイッター上では

「モラルの問題があるだけで、達人だ」
「ある意味スゴい」

と驚きの声が読者から寄せられている。

実は、射精なしで快感を得る方法は「ドライオーガズム」とも呼ばれ、ネット上にさまざまな解説サイトが存在する。ただ、到達の難しさを訴えるものも多く、実践方法については不明な点が多い。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/2016/01/27256837.html]

ドライオーガズムとは?

ドライオーガズム(Dry orgasm)とは、男性における射精を伴わない性的興奮の絶頂(オーガズム)のことである。

ドライオルガズムあるいはドライオルガスムス、或いはメスイキとも言う。これに対して射精を伴うオーガズムを「ウェット(濡れた)オーガズム」ということもある。

健常男性が前立腺刺激などによって、射精を伴わないドライオーガズムに達することができる。これはパートナーに刺激されてもあるいは自慰によっても達することができる。

a20160128-7

射精を伴わない結果として何度もオーガズムに達することができることや(マルチプルオーガズム)、ペニスだけではなくより広範囲の性感帯を、時には全身を快感が襲うことから、女性が経験するオーガズムに類似の生理現象と考えられている。

多くの男性は少年期から自らペニスを刺激して射精に至ることで快感を得るという、いわゆるペニスオナニーの経験を積んでいること、また通常の性行為においては射精することで性行為を終えるという慣習が広く行き渡っている為に、男性が性的刺激を受け続けると通常は射精に至ってオーガズムを迎えるが、前立腺刺激などによって、健常男性が射精を伴わないドライオーガズムに達することができる。

前立腺は現代医学においてはその機能が未だよく理解されていない器官であるが、タントラ哲学においては前立腺は「聖なる場所」としてセックスの感情中枢であると考えられ、前立腺をマッサージすることにより心理的および肉体的ストレスを開放できると言われている。

自分の指で長時間に渡って前立腺を刺激することは、かなり身体の柔らかい人でないと難しいので、Gスポット刺激用のディルドなどを用いると、簡単に楽な体勢で前立腺を刺激することができる。

a20160128-8

また肛門括約筋の収縮により前立腺を刺激する前立腺刺激具が市販されており、これらを使うと手で触れずに前立腺刺激を行うことができる。弱い電流を前立腺に流してドライオーガズムを誘発する器具も何種類か市販されている。

[引用/参照/全文:https://ja.wikipedia.org/wiki/ドライオーガズム]

ドライオーガズムってどんな快感?

ドライオーガズムは具体的にどんな快感かと言うと・・・

チンコしごいておなにぃしていると射精の直前に強い快感に達するけどそれにかなり近い。

射精したくてしたくてガマンできないって感じ。

でもPはちっちゃくなっているから出すに出せなくてガマン汁をじくじくと垂れ流しているし快感の場所がPではないので「あれ?、どうしたらいいの??」と思うかも。

快感の強さは何倍も強くて範囲もずっと広い。

会陰の辺りに女性器(膣)ができて何か挿入されているような感覚さえある。

弱い快感を感じながら、快感を追い求めないで身体の感度が高まるのを待ち続けていると少しずつ燃え上がるようにやがて快感でいっぱいになる。

そのヒクヒクとかジンジンとしている快感から、強い快感がぎゅぃーんと発生して身体の中心を貫いて頭まで届いてぐわっと絶頂してオーガズムが始まる。

オーガズムが発生する前に力を入れてしまうと快感は逃げて痛いだけになる。

強さは射精直前の何十倍もあるとおもう。それほどに強い快感だからオーガズムになる。

快感の強さに耐えられなくて「うわっうわっ」とか「ううっううっ」と悲鳴のような声が出る。

絶頂している時はピクピクして何も考えられないし意識が遠のくこともあるし目の前は真っ暗になって満天の星になったり、または真っ白になって天使や羽衣天女を見る。

ピーク時にピクピクしているときは身体がぎゅーっと収縮して硬直して四肢の筋肉はひっぱられているというか圧迫されている感じになる。

または宙に浮いてるような気がして全身の感覚が消える。

a20160128-6

現象はさまざま。絶頂したときに乳首をいじるとそのままぐわっと気絶しそうになる。

ピークが過ぎるとふわっと軟着陸するように身体と意識が解放されて、場合によっては解放された反動で全身がガックンガックンと痙攣する。

鼓動は激しく呼吸も荒く汗がいっぱい出る。

はあはあして深呼吸してヤレヤレと思っていても次の快感は矢継ぎ早になってきてまた絶頂へ至る。

何度も何度も、何分でも何十分でも続く。

[引用/参照/全文:http://sagiayu.blog58.fc2.com/blog-entry-89.html]

コメント

  1. 2
    名無しさん 2016/01/29 22:57

  2. 1
    2016/01/29 11:25

    ながい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事