ADULT

HEADLINE

【ヤバい実態】コロナ禍で夜の街はどうなってる?ソープ嬢「お客様は来ました」増え続ける客足

「休業した店を誇りに思います」。緊急事態宣言の対象となった7都府県に該当する千葉県のソープランドでは、4月14日の休業要請よりも早くから営業をストップしていた。

苦境にありながら、風俗嬢はなぜそう考えるのかーー。

10年以上前に仕事で知り合ったSさんと再び連絡を取り出したのは昨年末だった。新型コロナウイルスをめぐる風俗業界の動向が気になっていたところ、Sさんが4月に入って仕事を休んだことを知った。

「風俗嬢のほとんどは首が回らなくて取材を受ける余裕もないと思う。たまたま運が良くて、私は自分で休むことを選べました。時間もある。業界のために取材を受けます」

新型コロナウイルスに翻弄されている業界は多いが、その象徴とも言えるのが風俗業界だ。その中でどっぷり生きてきた彼女がこの数カ月見てきたものを聞いた。

風俗で20年生き抜いてきた

彼女が働く系列グループ店は緊急事態宣言が発出された翌日の4月8日から一斉営業自粛を決めた。期間は4月末まで。同エリアの特殊浴場組合からもその後、加盟店に対して4月19日までの全店休業要請が出されたという(4月9日時点)。

その後、千葉県からは14日から5月6日までの期間、多くの人が集まる施設に対して休業要請が出された。対象となる施設にはソープランドなどの「遊興施設」も含まれている。

Sさんは大学在学中の18歳から風俗の仕事を始めた。21歳で切り替えてからはソープ嬢ひと筋。バイト経験なし。「面接さえ受ければ、その日からプロを名乗れる仕事ですよ」と謙遜するが、風俗業だけで20年間生活してきたプロだ。

3月に入ってからは「緊急事態宣言が予告されたら休む」とあらかじめ勤務先に伝えていた。宣言が出る2日前、彼女は自ら店を休むことを決めた。

それまでは週に3日出勤。無理をしない。独身で子どもは持たない。そう決めて、人生設計を組み立ててきた。

たまたま、生活を質素に変えようと、昨年末から家賃を下げ、知人とのルームシェアを始めていたところだ。「お金があるわけじゃなくて、家賃、生活費、個人年金を入れても月に10万円で済む生活に抑えています」

「ゲームして、オンラインで英会話の勉強。友達とZoom飲みもやります。出勤しない日とそんなに変わりません」

「風俗嬢は個人事業主です。自分で休みを選べるなんて私はラッキー。運がよかった。ほとんどの風俗嬢はそれができません。店が休業したら、別の店で働くか、他の道を選ばなければいけません」

風俗業界は崖っぷち

新型コロナを原因とする子どもの休校助成金対象から風俗産業が外される(後に支給対象に変更)など、最近は何かと注目されることが多い。風俗という仕事をテーマにした報道が各メディアでこれだけされたこともなかったのではないか。

Sさんは冷静で落ち着いているが、業界はピリピリしている。同じく休業を決めた都内のソープランドに決定までの経緯を聞こうと電話したところ、「取材のお願いをさせていただけないか」という言葉を遮られ、怒鳴られることもあった。

都内の別の風俗店経営者も「悩んでいる。でも明るくしておかないと」と力ないLINEを送ってきた。店を閉めるという選択は死活問題だ。飲食でも風俗でもどんな業態でも変わらない。怒鳴りたくなる気持ちも理解できる。

客足、3月半ばに回復していた

Sさんの店でも2月に入ってから客足は落ち込んだ。「年末年始に遊んだ人の財布が締まるので、風俗業界の2~3月は冷え込むものなんですけど、例年の2月にくらべてお客様は半分になりました。私は月40本(客数)だったのが20本」

真っ先に消えた客は家庭のある男性だった。「お子さんのいる既婚者のかたは特に来なくなりました。3月1日から10日まではさらに減って、初めてお茶を引きそう(出勤したのに1人も客が取れないこと)になりました」

店内にはアルコール消毒が置かれた。店からスタッフと客にマスクが配られ、出勤時も検温をしていた。ただ、ソープの個室内ですることはそれまでと変わらない。

「歯磨きもするし、すぐお風呂に入って体を洗う。換気扇も回っていて、湿度も50~60%に保たれている。そういう環境です」

ひとつ変わったのは、「こんなご時世ですけど、キスします?」と事前に確認し始めたことだ。尻込みする客はいない。「濃厚接触しに来るお店ですけど、それでもみんなが全員『します』と答えたのは驚きました」

「写メ日記」に「来てください」とは書けなかった

意外なことに、3月半ばからは数字が回復した。1日1~2人の接客数が4~5人に増えた。

「自粛にもダレてきた時期です。元の指名客も帰ってきてくれて、初めて指名をしてくれるお客様も出てきました。お店の女の子の部屋は平日も土日も埋まっていましたね」

4月に入っても、外出自粛の声もどこふく風で客足は増え続けた。「まだ来るの?と私のほうが心配するくらいでした」

Sさんは「写メ日記」をほぼ毎日書いて発信している。風俗嬢の営業ツールのひとつだ。しかし、「営業」と言うものの、コロナ禍にあっては「来てください」とは書かなかった。

「言えませんよそんなこと。私が責任を負えるものではありませんから。『家に引きこもってゲームしましょう』と書いたくらいです」

それでも客は足を運ぶ。ソープに来るメインの客層は高齢者だ。「おじいちゃんとも呼べません。私たちを一番支えてくれる65歳以上の紳士は元気ですよ」

ちなみに、外出自粛では「夜の繁華街」「夜の街」を名指しされることもあるが、Sさんが働くソープ街のピークタイムは夜ではなく日中だ。午前中に開店し、閉店は深夜0時だが、人気嬢は早々と午後4時には仕事を上がる。

「夜のお店」という呼ばれ方も嘘ではないが、違和感もある。「結婚して、お子さんのいるお姉さんもいます。ここ10年、夜はお客様が来なくなって、早番に人気の子の出勤が集中している傾向があります」

営業自粛した店を誇りに思う

政府が緊急事態宣言を出す予定だーー。そんな報道が出た日、Sさんは出勤後に「明日から店に出ません」と告げた。「私が感染したら、お店やお客様に大変な迷惑がかかる。お店の名前が出てしまうのは本当にイヤなんです」

結局のところ、Sさんの後を追うようにして店も自主休業を決めた。他の多くの店にも同じ動きがみられる。性風俗店が自主的に長期休業するのは珍しいという。

「私が経験する限り、事前に休むことを店側が発表していたのは、2019年9月の大型台風のとき。地震でお店が壊れたという理由以外で、店の長期休業を経験するのは初めてです。お店の人は『戦後初めてじゃないか』と言っていました」

「女の子は完全歩合なので、出勤しなくても人件費は発生しません。でも、多くの店舗型の店は賃料やスタッフの固定給を払い続けなければいけないので、本当はお客さんが来なくても店を動かす必要があります」

「ここで休めた店は『安全なお店』として評判は上がると思います。私は休業を決めた店の決断を誇らしく思っています。風俗店はいつだって閉まらないと思っている人たちにも、本当に緊急事態だと伝えられたのではないでしょうか」

その後、4月14日に千葉県から5月6日までの正式な休業要請が出された。

働く場所を失った風俗嬢の行く末

「『どうしよう』『家賃が払えない』と嘆いているお姉さんはたくさんいます。私たちは歩合制だから、1人接客していくらなので、働く場所がなければ収入はゼロになります。貯蓄していたり、家族と同居したり、昼職と掛け持ちの子でもなければつらいですよ。

休業していない店や、デリヘルに移る子もいます。店ではお客さんが減ったころから、店内でパパを探す人が増えています。これは『裏っ引き』と言って、店を通さない個人間売春なので、バレたら首になります。

働く場所を失った子は、まだ営業している他の店舗や、デリヘルに腰掛けで移ると思います。あとは昼職。コンビニやスーパーのバイトの求人はまだあるでしょう。

中にはチャットレディーを始める子もいます。スマホさえあれば始められるので、こうやって(取材はZoomのオンラインで行った)やりとりできますよね。すでにチャトレをやっている子の話では、稼ぐにはコツが必要だそうです。

今から始めてもご飯代くらいはもらえるのではないでしょうか。ただ、インターネットを使うということは、自分の動画や画像がほぼほぼ一生残ることを覚悟する必要があります。私はやりません」

業界への冷たい目線

風俗産業がコロナ関連の助成金対象となりにくい問題についてどう考えているのか。返ってきたのは意外な答えだった。

「この世界で働く以上、補償なんて受けられないと知ったうえで業界入りしました。風俗が助成金対象外でも仕方ありません。でも、私みたいに『仕方ない』と言えるのはほんの一部です。

風俗嬢は1日出勤してお客様がつけば、必ずその日にはお金をもらえます。当面はなんとなく生きていけます。ただ、そのお金をホストや買い物やスマホゲームの課金で溶かしてしまう3年後のビジョンがない子もいます。

こういう事態になってみても、苦しければ支払い猶予ができることも知らない。進んで情報弱者になっているんじゃなくて、生活に疲れていて視野が狭いだけなんですよ。

私もそうですが、最低限の労力で最大限楽して生活したい女性が少なくない業界です。障害者手帳を持っている子も普通にいます。現金支給や、補助金など仕組みがあっても、申請が煩雑であれば、興味を示すことができないでしょう」

ここまで息つく間もなく一気にしゃべり終えると、少し落ち着いてSさんは続けた。

「私たちは自分の仕事を役所に伝えられません。誰にもバレたくないからです。職業の枠を取っ払って、国民一律に補償がもらえるように助けてあげてほしいです。

今は風俗嬢をサポートしてくれる『風テラス』もあって、弁護士やソーシャルワーカーが助けてくれると聞いてます。なんとかそういう助けにたどりついてほしいと思います」

質素な生活にシフトしていなければ、彼女だって「風俗嬢が助成金対象外でも仕方ない」とは言えていなかったもしれない。取材中に何度も「ラッキーだった」「運が良かっただけ」と繰り返していた。

「税金を納めていないから」という批判に対する考え

「ヤフーニュースのコメントを読むと、『納税している風俗嬢なら助けてもらっていい』という意見も目にします。これは体感ですが、納税している風俗嬢は1割程度いるかどうかではないでしょうか」

Sさんは税金を納めているんですか? 失礼な質問を投げてみた。

「私は千葉県に移る前は、職業をマッサージにして自分で確定申告をしていました。

今の職場では特殊浴場協会がまとめて加盟店の子の確定申告を手伝ってくれるんです。こういう取り組みは全国的に見ても珍しくて、もっと広がればいいと思います。

吉原の高級店の売れっ子さんは月に300万円稼ぐと思われます。相当稼いでいる子に関しては税理士を利用することもあるようですが、『風俗嬢だと足元を見られて高額になる』という話もあるので、ぜひとも税理士さんの業界は『そんなことないよ』と言ってほしいところです。

私は納税していますし、補償は欲しいですよ。ただ、先ほどから言っているように、国から保護が受けられない立場だと肚を据えて生きていかなければいけないとも思っています。

今回のことで注目が集まっていることですし、セックスワーカーの権利が早く確立されたら良いと思います」

切羽詰まっているなら、いっそ風俗嬢を辞めてもいい

清濁併せ吞む世界で生きてきたSさん。優しい言葉だけでなく、厳しい言葉も口にする。

「同業の子たちを助けてと思うのは本心です。しかし、残酷ですが、今回のことで風俗嬢と風俗店には大きな淘汰が起きます。稼げず潰れてしまう子は昼職に戻ったほうが平和に暮らせると思います。

その子が風俗に必要とされていないと言いたいのではありません。違う道を誰かが教えてあげてほしいんです。

こんな状況でも休めず、低いお給料で過激なことをやらされて壊れる子が増加している。それが加速するのは目に見えています。『稼げる業界』。風俗がそう言われていた時代は何年も前のことです。

発達障害やメンタルの問題で風俗に流れてきた人たちが、それでも生きていける環境を作ってほしい。ここで国の助けが一番必要となります」

性風俗の役割

東日本大震災の前後で、風俗に来る客が求めるものが大きく変わったという。

「震災前は老いも若きもただただ欲を満たすために来ていました。震災後はハグや添い寝、メンタルケアを求めて来る人が増えました。

私は今、60分1万円代の大衆店で働いています。90分4万円の中級店で働いていたときよりも、大衆店のほうが癒されにくる人が多いです」

彼女の長年の体験から、今の性風俗の「役割」というものが浮かんできた。

「定期的に来てくれる私のお客さんには、医療従事者や介護施設で働くかたがいます。みなさん、今大変です。1カ月で休みが1~2日しかありません。仕事明けの夜に来てくれます。

『すごい世の中になっちゃったね』とは話すものの、会話はほとんど普段通り。店が閉まれば、風俗を好きでいてくれた人はさびしくなると思いますよ」

「離婚は増えると思うんです。私たちのところに来ているから、離婚せずに済んでいる家がたくさんある。

家で居場所がなくて、こき使われて、奥さんとも夫婦としてもはや成立していないむなしさを、私たちで満たしている男性がたくさんいます」

「世の中の奥様たちから怒られてしまうかもしれませんが。。」とバツの悪そうな表情を浮かべたが、すぐ真剣な顔に戻って「風俗はもはや性欲処理場じゃないんです。心の穴を埋めるための施設です。居酒屋に行けなくなるのも同じことです」と話した。

「風俗業は稼げる仕事じゃありません。今はマッチングアプリもあって、既婚男性が独身と偽って素人の女の子と安く遊べます。相対的に『女を武器にする』風俗の価値が下がっているようにも思えます。

ただ、風俗嬢の前では何一つ嘘をつかなくてもいい。素の自分を解放して、受け入れてくれる。それが風俗の最大の価値ではないでしょうか。

ランキングでナンバーワンになる子は派手な美人ではなく、ほんわかした癒し系の人が多いんです。お客さんのニーズは安心感です」

コロナ後の風俗はどうなっている

Sさんは過去に海外留学で1年間、仕事を離れたことがある。それでも、戻ると客が「おかえり」と言って会いに来たそうだ。だから、今回休んでも大丈夫だと考えている。

「海外の生活で太るわ運動不足だわで、仕事復帰したときは上手に動けなくて、1週間は太ももが筋肉痛でした。将棋やピアノと同じで、離れると技を忘れちゃうんです。

今回はそんなことがないように、自宅でも変わらない暮らしを送って、スクワットをして過ごします。人を癒すプロフェッショナルですから」

さて、どの業種を新型コロナ補償の対象にしようかーー。国や自治体がそれを決めたときに「性風俗の役割」について思いを馳せてくれる人はいなかったのだろう。

新型コロナの前後で生活は大きく変わることを誰もが感じている。風俗に対する目線も変わるのだろうか。

感染拡大に歯止めがかかることを祈る日々だという。

[via:弁護士ドットコム]
https://news.livedoor.com/article/detail/18133551/

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2020/04/21 7:43

    こんなしっかりした人は1割くらいなんだろうな

  2. 4
    名無しさん 2020/04/20 13:53

    国会議員,しかも悪口言うばかりの党のあの人も,結局は普通の人だから案外辛いわけで癒しのためにきてたかもね。時期が悪いにせよ。
    悪口を平気で言える国会議員はまあ2名しかいないわけで,彼らは祖国の方が日本よりか大事だからね。それがツートップやってんだから周りは大変よ。

  3. 3
    名無しさん 2020/04/20 8:48

    ②、お前読解力無いだろう?
    そんな奴につべこべ言われたく無いだろうに•••
    このインタビュー受けている人は納税をしているっとしっかりと言っているだろうに•••

  4. 2
    名無しさん 2020/04/20 3:40

    性風俗の社会的役割を説く前に、ただただ言いたい。
    「納税しろ」と。話はそれからだ。

  5. 1
    名無しさん 2020/04/19 13:03

    sさんの言葉、染み入ります。
    風俗の果たしてくれていた役割の大切さを感じます。私も嬢さんのお陰で離婚せずに済んでいる一人かもしれません。また、辛い仕事も辞めずに頑張れてこれたのも確かに嬢さんが癒してくれていたからです。
    この癒しが途絶えてしまうことに不安と恐れを抱いていますが、彼女達や業界の方々に何か恩返しをしたい気持ちです。
    こうした記事を書いてsさんの言葉を通じ、風俗も大切な役割ある仕事であることを広く紹介してくださった記者の方にも感謝します。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事