COVERGIRL

HEADLINE

経験人数は二人だけ、未婚のシングルマザーで出産した佐藤寛子

今年1月に『週刊プレイボーイ』でラストグラビアを公開してから、ほぼ活動休止状態だった女優・佐藤寛子。

その間、なんと彼女は出産してシングルマザーになっていた。

彼女に一体、何が? 妊娠&出産に至るまでの経緯を独占告白!

co201501001-1

相手がどうあれ産むつもりでいた

―まず、妊娠がわかったのはいつだったんですか?

佐藤 去年(2014年)の夏です。ドラマの仕事を終えて、なんとなく空いていた時期に妊娠に気づきました。実は週プレさんにラストグラビアを撮っていただいた時は妊娠5ヵ月でした。

―お相手のことから聞いてもいいですか?

佐藤 芸能関係の方です。

―あのー。ご結婚されずシングルマザーになられたということで…まさかお相手は妻子のある方?

佐藤 それは私の性格上、あり得ません(笑)。

―では、どんなお付き合いをして妊娠に至ったんですか?

佐藤 2年ほどお付き合いをして同棲(どうせい)していました。私は子供が欲しかったし、彼も当然そのはずだと思ってました。でも「妊娠した」と告げたら「考えさせてくれ」と。

結局、「現実的に考えてムリ」と言われたので、「それなら私はひとりで産みますから」と別れたんです。

―お互い“子供が欲しいね”といった話をしていたわけではないんですね?

佐藤 はい。きちんと言葉に出して確認し合えてなかったのがいけませんよね。

―お相手に「ムリ」と言われても迷いはなかったんですね。

佐藤 そこはまったく悩みませんでした。結婚して旦那さまと私と子供がいて、という状況になれたら一番よかったとは思います。でも私はそういうパターンではなかったんだなぁ、って。

―妊娠中はどう過ごしていたんですか?

佐藤 母が「好きなようにしなさい。手伝うから」と言ってくれたので、すぐに実家へ帰りました。ありがたかったです。

―お母さんが味方してくれたのは心強かったでしょうね。

佐藤 もちろん母からは「順序が違う」と叱られました。けど、「おまえが好きでしたことだからしょうがないね」とも。母はいつも私の味方でいてくれます。

写真集や映画でヌードになった時だって、最初は反対してても「自分で納得してるのなら応援するからね」って認めてくれて。

―それで、いつご出産を?

佐藤 今年4月に健康な男の子が生まれました。今は妹ふたりも実家に戻ってきてくれて、母も含め女4人の一家総出で子育てをサポートしてくれています。

―ちなみに、お相手とは妊娠期間中や出産後も会わず?

佐藤 はい。彼は産前産後と音信不通です。電話をしても出ないんですよ。私は争うつもりも何もなくて、ちゃんと子供について話したいだけなんですけどね。名前も知らないだろうし。

―なんだかとても冷静ですね。

佐藤 そうですか? 自分自身は全然大変だと思ってなくて。ドロドロしてなくてすみません。

―いえいえ。でもホンネは結婚したかったんじゃないかと考えてしまうわけですが…。

佐藤 結婚願望は特になかったんです。それに、相手の嫌がることはさせたくないんですね。「あなたがいらないのはわかった。私は産みたいのだから関与してくれなくてもいいです」と。

ただ、息子の父親であることには違いないので、いつかどこかでまた向き合って話せる日が来たらいいな、くらいに思っています。

―なんでしょう、この平常心! もう相手に対し、好きとか嫌いの感情はない?

佐藤 今となっては彼を愛してたかより、子供が愛(いと)おしいという気持ちのほうが大切だし、リアルかな。最近は“私はこの子に会うために生きてきた”とさえ思うんです。親バカです(笑)。

衝撃の告白、荒れた時代や過去の経験人数まで明かしたインタビュー全文は、発売中の『週刊プレイボーイ』41号(9月28日発売)で!

[引用/参照/全文:http://wpb.shueisha.co.jp/2015/09/29/54122/]

週プレ本誌より

「ハタチまでキスや処女を守ってきました」

「ハタチのときに初めて男性とお付き合いをしました。でもカレとは5、6年一緒にいるうちに、いつの間にか尊敬できなくなっているのに気づいたんですね。1年間フリーだった後、子供の父親となる方と出会ったので、経験人数はふたりだけです」

シングルマザーの佐藤寛子を「男を見る目がないバカ女」と罵る男たち

co201501001-2

2002年から芸能活動を始め、グラビア時代は「中学高校と生徒会長をしていた」「男性経験がない」という真面目清純キャラがウリであった佐藤の突然の告白に、ネットでは驚きの声が多く上がっている。

「相手の男は最低」と怒り、佐藤に同情を寄せる声と、「だらしない」「男見る目ない」といった佐藤を侮蔑する意見のまっぷたつだ。

仮に佐藤が男性の「子供が産まれるなんて無理」という答えに「私もそう思う」と納得して堕胎していたとしたら、それはそれで批判されていたのではないか、と思わされる。

安藤美姫(27)が未婚の母となったことを明かしてから2年が過ぎたが、未だに世の中の反応はこんなものだ。

もちろん、交際中の男女間で「妊娠」というイベントが発生することには、男性側、女性側の双方に責任がある。だから「佐藤寛子は悪くない!」などとヒステリックに彼女を擁護するつもりはない。

ただ、予定外・計画外の妊娠自体は「誰にでも起こり得ること」である点を、強調しておきたい。男女が交際すればその大半は性行為をするだろう。その行為は、たとえ避妊具をつけていたとしても、妊娠につながるものだ。

誰もがそんなことくらいわかっていて、それでもしているのだ。互いに「子供を作ろう」と合意の上で行為に及ぶのであれば別だが、いざ妊娠してみなければ、自分が産みたいと思うか、相手が中絶を望むか、それだってわからない。

ゆえに、佐藤に対して「男を見る目がない」などと上から物を言うのは愚かなことだ。

予期せぬ妊娠をした場合、産むにしても産まないにしても、女性への身体的負担は避けられない。そのうえ、どちらの選択をしても「変な男を選ぶからだ」「子供がかわいそう」などと責められる。

では一体、女性はどうしたらいいのか。妊娠可能性のあるすべての未婚女性が、「セックスをしない」あるいは「ピル服用によって妊娠を避ける」といった選択をとる必要があるとでも言うのか?

特に佐藤寛子のファン層は男性たちメインであり、今回の告白に言及しているのも彼女のグラビア時代をよく知っている男性たちが多いようである。

彼らが佐藤のことをこき下ろし、一方で、「女性が妊娠・出産すること」をまったくの他人事視している様子に背筋が凍った。

さらに言えば、芸能人女性が妊娠報告をするたびに、「生でしたのか」「旦那うらやましい」などのろくでもないコメントがネット上に乱立するが、そうした観点、つまり「自分にとって気持ちいいモノ」としてしかセックスを捉えられない人々の想像力の貧しさには、ますます寒気がする。

[引用/参照/全文:http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0930/mes_150930_1939314662.html]

関連キーワード

コメント

  1. 10
    名無しさん 2015/12/15 12:47

    糞女!

  2. 9
    名無しさん 2015/12/15 12:47

    メンヘラ女!
    気持ち悪い!

  3. 8
    マリオ 2015/10/03 19:11

    安藤美姫を妊娠させた男、出てこいや〜!!

  4. 7
    うん? 2015/10/02 11:38

    普通に考えて「だらしない」と思われるんじゃね!?
    子供可哀想…

  5. 6
    名無しさん 2015/10/01 17:43

    ごめん、さっぱりわからん・・・

  6. 5
    名無しさん 2015/10/01 15:16

    3人目に立候補!俺がやるよ(^-^)/
    じゃあ、俺がやるよ(^-^)/
    しょうがない…俺がやるよ(^-^)/
    どーぞ!どーぞ!どーぞ(^-^)/

  7. 4
    名無しさん 2015/10/01 14:46

    あのお乳から母乳が出ると思うと凄く興奮する。

  8. 3
    名無しさん 2015/10/01 13:31

    この人知らない…

  9. 2
    名無しさん 2015/10/01 12:42

    男は何が不満だったんだろと思ったわ

  10. 1
    コータロー 2015/10/01 12:15

    妊娠させた男を絶対に許せない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事