OTHER

HEADLINE

任天堂がスマホを開発中?リーク画像がネット流出で「絶対に買いたい!」の声も真相は…

任天堂が開発中とされるスマートフォンの完成画像がネット上に「流出」していると話題になっている。

任天堂広報は「ネット上の個別の話題についてはお答えしていない」と無視しているが、スマホ用ゲーム大手のDeNAとの業務提携など任天堂には「ひょっとしたら」と思わせる要素がいくつもあり、この「ゲームボーイ」に似たデザインのスマホを「絶対に買いたい!」などと盛り上がっている。

20150722-2-2

「流出」が騒がれているスマホの名称は「Nintendo Smart Boy Concept」というそうだ。

2015年7月20日頃からアメリカ、ヨーロッパ、そして日本で話題になった。一見普通のスマホのようだがデザインは1989年4月21日に発売された初代の携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」を彷彿とさせる。

20150722-2-1

ゲーム用のコントローラやゲームデーターを保存するメモリなど付属品の写真もある。検索窓にグーグルの文字があることからOSはアンドロイドと思われる。

画面にはスーパーマリオや故岩田聡社長のキャラが写っている。

20150722-2-3

そうした写真が10枚ほどあり、ネットでは、

「なにこのデザインすてき」
「ずっと前から任天堂が出したら買おーと思ってた」
「マジでこんなん出たら売れるだろうな。バルーンファイト、初代マリオ、アイスクライマーなんかをネットでプレイしてみたい」

といった声が飛び交い、大人気になっている。

「任天堂がハードを継続するのならこっち方面しかないような気がするんだ」

などと期待する人が多いのだ。

ニンテンドーDSシリーズは発売から4年3か月で累計販売台数が世界で1億台を突破し、現在は1億5000万台を超えている。電話機能を持たせていれれば、世界の通信やゲームの勢力図が大きく変わった可能性はある。

そして日本のゲームの主流はスマホに傾いていて、これまで任天堂やソニーに供給してきたゲームメーカはスマホ用ゲームに力をシフトするようになってきた。

実際、任天堂も従来の姿勢を大きく転換させる動きを示している。

《中略》

任天堂広報に「Smart Boy」の写真流出騒ぎについて問い合わせてみたが、

「ネット上の個別の話題についてはお答えしてはおりません」

という答えで、真相ははっきりしなかった。

[引用/参照:http://www.j-cast.com/2015/07/21240756.html]

実際は海外デザイナーのコンセプトアートだった

ネット上で“任天堂が発売するスマホのデザインが公開された”という形で「Smart Boy」の画像が話題になっています。しかし実はこれ、海外デザイナーが作品例(ポートフォリオ)として公開しているものなのです。

この画像を手がけたのは、Pierre Cerveau氏という人物。

この方は3Dモデリングによるコンセプトデザインなどを手がけており、その作品例を自身のサイトで公開しています。今回話題になっている「Smart Boy」は、そこで公開されているもののひとつというわけです。

よって、これは任天堂が発売するスマートフォンというわけではないのですが、それでもこのゲームボーイ風のデザインはなかなか面白いもの。

接続可能なコントローラーや、メモリーやカメラなどをカートリッジで差し替えられるようなイメージも公開されており、ゲーマーの心をくすぐるデザインになっているでしょう。

20150722-2-4

該当サイトではこのほかにも、ATARIデザインのスマートフォンや、レトロなマッキントッシュ風デザインのコンセプトアートなども公開中。

こんな遊び心のあるスマートフォンが本当に出たら楽しそうですね。

[引用/参照:http://www.inside-games.jp/article/2015/07/21/89588.html]

【関連リンク】

Pierre Cerveau: Design by Pierre

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事