OTHER

HEADLINE

LUNA SEA・河村隆一の妻が神とネットで評判も…「洗脳されてる?」「元々SLAVE!?」の声

ロックバンド「LUNA SEA」のボーカルでプロデューサーの河村隆一さん(45)の妻、公美さん(35)がテレビ番組に出演し、夫の隆一さんを「神亭主」だと讃えた。

ところが、ネットでは「神」は公美さんの方なのではないか、という声が挙がっている。

元ミス日本グランプリの公美さんがテレビ出演するのは結婚して初めてで、隆一さんの謎のベールに包まれていたトンデモ私生活が明らかにされた。

o20150723-2

公美さんが出演したのは2015年7月21日放送の日本テレビ系バラエティー「解決ナイナイアンサー」。後輩の元ミス日本の紹介で付き合うことになったが、プロポーズの言葉はなく、公美さんの実家に来た隆一さんがいきなり、

「結婚することにしたんで、宜しくお願いします」

と父親に宣言し結婚が決まった。

私生活ではテレビの印象そのまま。優しく穏やかで「仏様」みたいだが、急にスイッチが入って激怒する時がある。例えば糠漬けを洗って食卓に出す際に手がカブレないように意識していたら、

「ダンナの好きなものを、汚いものを扱うみたいなやり方は許せない!」

と叱られたそうだ。隆一さんは繊細だから反論を直接ぶつけてしまえば傷付いてしまう。で、「隆様メモ」を作り食事や行動、発言を書きメモを基に抑え気味に説明することにした。それも通用せず、隆一さんの怒りのオーラが膨み、

「お前の言っていることと真実には、100万光年の隔たりがある!」

と怒鳴られたこともある。八つ当たりされるのは隆一さんが曲を作っていて頭の中が曲でいっぱいになっている時だと気が付いた。

「『つわり』なんだなと思えるようになってきて、(隆一さんは)頭の中で曲を妊娠していて、時期が来た時にパーッと産み出す。するとせいせいして、優しい隆一さんが戻ってくる」

公美さんは自分を修行中の身だとして、

「河村神社の門前を、箒で掃いている、巫女さん」

と表現した。隆一さんは亭主関白ではなく、家事もよく手伝ってくれる。隆一さん自身がNGだと思う行動も家族の願いならやってくれる。そんな隆一さんは「神亭主」。「神」と崇める思いは年々大きくなっている、と持ち上げた。

もっとも、キスは10年くらいしておらず、したのは結婚後1年間に片手の指に足りない回数くらい。細菌が口から入ってしまうと仕事に支障が出るからだ。手も殆どつないだことがない。一緒に歩く時は、

「横を歩かせて頂くこともあります」

o20150723-3

などと戦前の女性のようなエピソードを語った。隆一さんは息子との生活を満喫したいと思っているため、いつも公美さんは2人と離れて寝ている。

こうした夫婦生活に不満はあるが、隆一さんの素晴らしいステージを見ると全てが吹っ飛んでしまう。

隆一さんの職業はアーティストであり、家庭的な雰囲気や、良き夫、良き父親ではない。

「途中で相手が変わらないということを受け入れてから、自分を変えていく方が幸せ」

つまり、徹頭徹尾、隆一さんを妻として隆一さんに自分を合わせるように変えながら支えている、ということだ。

出演者の一人のヒロミさん(50)はこうした公美さんの言葉に激しく賛同した。

妻の松本伊代さん(50)に腹を立て離婚しようと思えばできなくもないが、夫婦が円満にいくためには気持ちの切り替えが大切で、「自分から寄り添う」ことが大切だと語った。

ネットでは、こうしたやり取りから公美さんの好感度が急上昇、

「河村妻そんけーするわwww」
「河村隆一はこの妻じゃなきゃ合わなかっただろうし、この妻すごい」
「あれがマジだとしたら河村隆一の奥さんはスゴい。女神だ。あんな人と結婚できた男は幸せだ」

などといった書き込みがネット上で出ている。

[引用/参照:http://www.j-cast.com/2015/07/22240853.html]

結婚して10年近く経っても河村に対して敬語を使うという公美さん。河村のことは「主人」と呼び、じゃんじゃん家族エピソードを披露してくれた。

「主人は自分と子供の時間を漫喫したいタイプなので、夜は主人と息子が2人で寝て、自分は別の部屋で一人で寝る」

「旅行も主人と息子が2人で行く、その間自分はゆっくりさせていただいている」

「主人の収入は知らない、毎月まとまった額を手渡される」

「出産に立ち会った主人が、息子が生まれた瞬間に自分の曲をかけて息子に聴かせた」

「(喉を気遣う職業なので)これまで片手で余るほどしかキスはしていない」

「主人に腹が立つことはあるが、彼のライブ動画を見るとストレス解消できる」

といった河村家の独特な家庭生活について語り、スタジオを驚愕させた。

視聴者からは「洗脳されてるんじゃ……」「子供に悪影響なのでは」とドン引きの声がある一方で、LUNA SEAファンからは「RYUICHIならあり得る」との意見も。

o20150723-4

結婚相手であり生活を共にしている河村を“神”と崇めているところから、「奥さんは元々SLAVEだったのでは?」との推測も出ている。

SLAVE(日本語で奴隷の意)とはLUNA SEAファンの呼び名で、彼らのファンクラブの名称でもある。結婚後も公美さんは“ファン”、夫は“アーティスト”の関係性のままだからこそ、一般家庭では考えられないような生活習慣も当たり前に受け入れられるのかもしれない……。

ちなみに、夫妻が結婚した当初、一部週刊誌では河村が婿養子として公美さんの家に入ったという話もあったが、今回の番組上で公美さんは河村姓を名乗っていた。

そこも含め、今回披露したエピソードの数々は河村のパブリックイメージを守るために“盛って”いる可能性もあるだろう。

ちなみにLUNA SEAは今年結成25周年の節目の年で、大規模なライブも開催している。家庭でも自身を神と崇めてくれる公美さんがいるからこそ、河村はいつまでも“RYUICHI”でいられるのであろう。

[引用/参照:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150722-00010001-messy]

「『解決!ナイナイアンサー』のほか、『私の何がイケないの?』(TBS系)、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)など、暴露系バラエティ番組がひしめく中、テレビ業界は“変な夫婦”や“変な夫”を血眼で探している。

また、新たな仕事につなげるために芸能事務所からの売り込みも多く、タレント側にとってもオイシイ話。今回は、公美夫人のみの出演でしたが、今後は夫婦セットでのオファーも殺到しそう。

河村自身も、以前からタレント志向が強く、俗っぽいイメージのある“パチンコ営業”にも手を出したりと、手軽に稼げる仕事に積極的。自身をネタにした妻のバラエティ出演は、願ったりといったところでしょう」(番組制作会社関係者)

今回の公美夫人のテレビ出演について、一部では「夫の収入減が深刻な状況なのでは?」といった困窮説もささやかれているが、河村隆一・公美夫妻は今後、“夫婦タレント”のニューカマーとして活躍をみせるだろうか?

[引用/参照:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150723/Cyzo_201507_luna_sea_2.html]

関連キーワード

コメント

  1. 4
    名無しさん 2015/09/26 10:20

    立派で賢い女だ。
    キーキーヒステリックに騒いで思いどおりにしようとする女より、こういう女が愛されて大切にされることを理解してるんだろう

  2. 3
    名無しさん 2015/09/02 2:34

    まぁ、こういう話をTVでする許可をしてる時点で
    河村も事務所も緩いだろ。

  3. 2
    2015/07/24 10:25

    おかしいて 嫁これからもやってけるの?

  4. 1
    名無しさん 2015/07/24 4:34

    そんなに歌うまい?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事