OTHER

HEADLINE

松本人志が芸能ニュースのタブーに警鐘「おまえが言うな」「よくぞ言った」賛否分かれる

特大ブーメランが直撃!

ダウンタウンの松本人志が珍しく(?)正論を述べたと思ったら、案の定「おまえが言うな!」の展開になっている。

松本は1日に放送された『ワイドナショー元旦SP』(フジテレビ系)で、「バラエティ番組のワイドショー化」「テレビが抱えるジレンマ」について議論。

「いまだに事務所の力関係とか、大きい事務所のスキャンダルは扱えなかったりすることが、やっぱりあるんですね。でも、もうそんなん一般の人にバレてるから。この違和感はテレビ業界の人たちも、そろそろ気づいてほしい」

と業界のタブーに踏み込み、「テレビがどんどん時代遅れになっていくし、『芸能界ってやっぱり変な世界やなぁ』って思われてしまう」と警鐘を鳴らした。

“大きい事務所”の名指しこそ控えたものの、業界人ならば“芸能界の実力者”が鎮座するバーニングプロダクションや田辺エージェンシー、ケイダッシュ、ジャニーズ事務所、アミューズなどを、すぐに思い浮かべるだろう。

スポーツ紙記者は「松本さんの言う通り、これらの事務所のスキャンダルを書くときは根性がいる。黙って書くと大変なことになるから、事務所側に『書かせてください』とお願いして、そこから中身を詰めていく。

当初ゲスだった話が、表に出たときには美談になっていたこともある。芸能界をおかしくしたのは、大手プロダクションよりも御用マスコミの責任のほうが大きい」と話す。

一方で、松本もまた“お笑い界の巨人”である吉本興業の所属だ。同社のトップは、ダウンタウンの元マネジャー。別の記者が証言する。

「吉本興業の“地雷案件”はダウンタウンと中田カウス。この2組のスキャンダルを書くときは、以後の取材NGまで想定しなければならない。

以前は、そこに島田紳助氏も入っていた。講談社は紳助氏と暴力団の親密ぶりを書いて裁判となり、判決が下った現在も、吉本とは冷戦を繰り広げている」

松本もまた、吉本に“守られている”立場なのだ。

「例えば、大みそかに日本テレビで放送されている『笑ってはいけない』シリーズ。その裏番組に、吉本は所属芸人を積極的に出演させない。

それどころか、他局に『ダウンタウンがやるの、わかってるよな?』とプレッシャーをかけることもあった。松本さんの知らないところで、社員がいろいろ動いているんです」(同)

結果、『ワイドナショー』での発言はブーメランとなり、松本を直撃。現場では「おまえが言うな」の大合唱となっているわけだ。

[via:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-91836/]

ウエンツ「ジレンマはある」

同じコメンテーターであるウエンツ瑛士(31)は「良い面と悪い面両方あると思う。テレビを楽しみやすくしてる部分もあると思うし、すごく難しい…」と吐露。

ただ、自身のスタンスとしては「マジで言うと、死んでもいいと思ってしゃべってる」と語り、ワイドショーに臨む覚悟を明かした。

「絶対自分だって(芸能人として)守られてる身の方、というジレンマはある」と話すウエンツに、松本は「ウェンツはすごいちゃんとしていると思うよ」と姿勢を評価していた。

[via:http://www.oricon.co.jp/news/2084034/full/]

芸能メディアに変革の予感!?

スキャンダル対象者であり「吉本興業」という力もある大きな事務所に所属する松本が自ら発言したことは驚きだった。
この松本発言の呼び水だったのではないだろうが、昨年暮れの番組にゲスト出演した小倉智昭(69)の言葉も興味深いものだった。

SMAP解散問題に触れ、「『ここまで話していいけど、こっから先はやめて下さい』とかっていう縛りがある」と、自ら司会をする情報番組の舞台裏を明かしていた。

新年を挟んで飛び出したテレビ界に影響力を持つ両人の言葉。メディアにとっても考えさせるものになった。同じスキャンダルでも所属する事務所の“力”、“大”によって一切、扱わない不自然さは一般人もすでにお見通し。

結果、力もなく小さな事務所のタレントに取材が集中する。昨年、騒がれたベッキー(32)と川谷絵音(28)の不倫がその典型的な例。

「ベッキーが会見をしたのだから、川谷も謝罪会見をしろ」という妙な大義名分のもと、テレビは必要以上に川谷を追いかけ回した。もしも、川谷の事務所に“力”も“大”もあったら果たして、追い掛け回したろうか――。

近年、目立っている弱い者イジメにしか見えない。

逆に扱えないケースの典型が「文春」の新年号で報じた嵐の松本潤(33)の女性スキャンダル。毎週のように「文春砲」と記事を紹介していたテレビなどは沈黙。松本の言を借りれば、「なんであのニュース扱わないの」ということになる。

取材の基本はニュートラル。相手がだれでどんな事務所の力関係があろうと、十分な根拠になる取材ができたなら報じる。そんな当たり前のことを「文春」はしているだけ。

他のメディアは「文春」が報じたことをまた報じるのだが、それも相手や事務所によって報じないこともある。ネット社会では誰もが覚える矛盾と違和感。

松本の言葉は芸能界とメディアに対する問題提起だとも思う。芸能メディアに新たな変革の予感漂う年明けになった。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000008-nkgendai-ent]

ネットの反応

・ジャニーズの同姓の方ですね、わかります
・松潤もこのまま順調に収束していきそうだね いやはや
・今さら何言っとんねん
・言ってる事は至極真っ当なんだけど吉本がまさにそれって言うのがなw
・松本人志がご意見番な芸能界に信用が有るとでも?
・ジャニのどっかのグループが乱交妊娠させた事とジャニのどっかのメンバーが女優とAV女優を二股してた件ですか?
・もう手遅れだろ まだ信用失ってないとでも思ってんのか
・じゃあハゲが昔爆笑問題にしたと噂されてる仕打ちについて聞いてみようぜ
・ブーメラン言ってるバカいるけど、吉本のスキャンダルは大抵扱ってるだろ
・まあ、有吉夏目問題は、いまだ取り上げられてない。
 >スルーっぷりは恐怖すら感じたわ
・レコード大賞1億は結局どこもダンマリ
・その後のウエンツ 大島優子が見え隠れして苦しそうだったな。
 >大島優子と鬼怒川温泉のホテルにお泊まりの件は守られてるー!
・テレビは週刊誌と違ってモラルで一線引いてもいいと思うけどモラルじゃなくて事務所の力関係で規制してるだけだもんな
・ネットも弱いものいじめしかしてないからな どっちもクズだろ
・松本も大したこと言ってるわけじゃなくて「僕らだってテレビに出てる人間だから、メチャクチャ言いませんよ」っていってたからな
・いじっていい感じに笑いにするのに触れさせもしないのはどうなんだ って提案やね
・前はこんな事テレビで言えなかったもんな それが『収録放送』にも関わらず放送されたってのが革命だよね
・この種の発言を松本クラスの芸能人がするのは貴重だし とりあえずよくぞ言ったと
・まっちゃんはちょっとネットの声を気にしすぎよね
・今こそ中居くんをコメンテーターに呼んでくれ

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/01/13 1:16

    こんな偉そうに記事にしてる週刊誌だってタブーは存在する。JRのキヨスクに週刊誌を置いて貰えない事にビビってJR批判が出来ない訳だ。芸能界をとやかく言うなってのは週刊誌も同様なんだよ。
    ネットだってこの前のまとめサイト事件を積極的に扱わないし、ネットで芸能ネタを書いてるライターがテレビ視聴のみの“印象”で物を書いてるだけって触れない。
    どこの業界にもタブーがあって、自浄作用は働かない。
    にもかかわらず松本人志の発言を叩いてるのは愚かしい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事