OTHER

HEADLINE

小林麻央 放送後初のブログ更新に「死期を悟ったような台詞」医療関係者「予断を許さない状況」

9日放送の日本テレビ「市川海老蔵に、ござりまする。」に出演した歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)の妻で、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)。がん公表後、初のテレビ出演で語られたのは感謝の言葉だった。

今月4日、麻央が入院する病室で行われたという収録。黒いショートヘアのかつらにうっすらメークも施した麻央は「病気になって誰とも共有できない思いを経験する中、歌舞伎役者、市川海老蔵の持つ“孤独”が少し理解できるようになった。病気をして得たもののひとつ」と涙ぐんだ。

そして「主人と結婚したからこそ、こうして生きていられる。そうでなければ心が死んでいたかもしれない。感謝しています。神様、市川海老蔵を支えるチャンスをくださいって」と語った。

がん公表から約半年。7日には、ブログで再び放射線治療を始めることを明かしている。〈これから、痛みのある部位だけに放射線をあて、痛みの軽減も期待します〉とつづった麻央。

医療関係者「予断を許さない状況」

これまでにも、ステージ4であることを明かし(16年10月3日)、体力回復のための入院(同年12月20日)や、骨への転移(同月22日)を公表してきた。容体は一進一退の状況とみられている。

しかし、9日には〈人生で初めて「食べる」ということの壁を経験しています〉と食事がのどを通らない状況であることも告白した。

「昨年12月初旬に終えたばかりの放射線治療を再開するということは、その痛みなどが想像以上に激烈なものであるということ。予断を許さない状況ではあるでしょう」と医療関係者。これほど強い女性だったとは。

[via:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170111/enn1701110830002-n1.htm]

海老蔵「今年の夏は絶対無理だと思った」

海老蔵は昨年6月の会見で「深刻」と発表した麻央の病状について、昨年10月のインタビュー時点で

「絶対に治らないレベルの病気だったんです。本当に。言っちゃえば。本当に。まさか手術ができると思わなかった」と告白。

「早かったら3、4、5月で、多分、ダメだった。今年の夏は絶対無理だと思った。今10月でしょ、もうすでにこの時点ですごいことが起こってる」

と“奇跡”が起こっていることを真剣な表情で伝えた。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000112-dal-ent ]

2人の医師をFLASHが直撃[2016/10]

麻央は、骨や肺に転移のあるステージ4のガンであることを公表している。

「最初に診た医師がしっかりしていれば、ここまで深刻にならなかった」

そう語るのは、ガンの専門医だ。

2014年2月、麻央は夫の市川海老蔵と一緒に人間ドックを受診したとき、乳ガンの疑いを持たれる。すぐに港区にある大病院で再検査。担当したのは、乳腺外科のA部長だ。

「当時、同科には部長が2人いた。もう一人の部長だったX医師は臨床経験が豊富な名医で、現在は赤坂で開業している。X医師が診ていれば、このとき発見できたはずだ」(同前)

結果、A部長はガンを見落とした。

「8カ月後、乳房に違和感を持ち、検査を受ける。ここでやっと乳ガンが発見された。告知したのはA部長だ」(同前)

すでにリンパ腺にガンが転移した状態だった。通常、このようなガンの場合、抗ガン剤によってガンを小さくし、手術で切除するのが「標準治療」だ。

「当然、A部長は標準治療を提案した。だが、麻央さんは乳房の温存を望んでおり、提案に難色を示した」(同前)

 東大医学部出身のA部長は「使う用語が難しく、患者への説明がうまいタイプではない」(元患者)という。

「麻央さんの説得には、A部長の部下のB医師も加わった。だが、B医師は『それもひとつの選択肢』と非標準治療に理解を示し、説得を諦める。結局、麻央さんは病院を去った」(前出・ガンの専門医)

1年半後の今春、中央区の病院を麻央が訪れたとき、ガンは骨と肺に転移したステージ4。ガンが皮膚から飛び出すほど、悪化した状態だったという。

「もし、最初の診察でガンが発見できていたら。標準治療の有用性をもっと真摯に説明していたら、状況は変わっていたはず。悔やまれてならない」(同前)

A部長とB医師はどう答えるのか。

本誌の直撃に、

A部長は「小林麻央さんの担当だったことについてはお答えしていません」。

B医師は「私は関係ない。診ていません」とのことだった。

港区の病院は「患者さんのプライバシーに関することはお答えできません」(総務課長)。

[via:週刊FLASH 2016年11月1日号]
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00010004-jisin-ent

ネットの反応

・ガンはセカンドオピニオンがマストやね
・そりゃ医師のレベルはピンキリよ それは最初から理解しておかなきゃ
・医者ほど、学歴と実力差が違う、職業は他にないだろう 臨床例を積んだ、経験がものをいう技術の世界
・AI診断がもっと普及したらこんな見落としもなくなるだろう
・それより怪しい宗教にはまって1年半も無駄にしたってのがもう…
・癌を見落とす=誤診じゃないから 癌が早期発見出来るかってもう運の問題

インタビュー放送後初のブログ更新

歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻で、がんで闘病中の小林麻央さんが10日夜、「ありがとうございました」とのタイトルでブログを更新した。

9日に日本テレビ系「市川海老蔵に、ござりまする。」(後10時)で、がん公表後初のインタビューが放送されてからは初のブログ更新となった。

「何度も睡眠を繰り返し、ブログの更新が遅くなってしまいました。昨夜、番組を御覧下さったみなさま、ありがとうございました。」

と感謝の言葉をつづった。番組の感想については

「今は今しかないので、記録として残すことができてよかった、と後悔なく放送をみることができました。」

と記した。

さらに「2017年」の家族を想像し「今年は、家族で一緒に桜をみたいです。」と目標を掲げ、

「勸玄を稽古に連れて行きたいです」

「麗禾は、現在バレエがお気に入りのようですが、着物や色々な所作の真似事も好きなので、日本舞踊も紅梅先生やぼたんさんに習って欲しいな、と母親としては思っています」

とやりたいを列挙。

「ぅわぁー 次々思いついて、危険です。」と自分を戒めていた。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000295-sph-ent]

ネットの反応

・回復の奇跡を祈るよ
・死を意識した口調になってるな
・本人はXデーを知ってるみたいだな
・心の準備ができたのか
・いやホント死期を悟ったような台詞だね
・睡眠が長くなってきたらいよいよだ。うーーーん、悲しいね
・強い痛み止めを使うと眠ってばかりになるときいたが
・病室にはバイタルの機械はなかったね なんか違和感あった 仰々しいのは撮影のために一時的に片付けたんだろうね
・俳優の今井雅之も川島なお美も最期のテレビ出演してからあっという間だったよね それだけ、なんでもない
・食べ物が食べられるうちはまだ大丈夫。
 >それも困難になってきたってブログしてたやん
・海老蔵はいい旦那でいい父親だよ 見直した
・可能性は低くても0%ではないはずである!

【関連リンク】

小林麻央が港区の病院で誤診されたのは虎ノ門の乳腺外科だった?
小林麻央を誤診した医師は誰なのか?2chでは特定されていた!
小林麻央 聖路加国際病院から慶應義塾大学病院へ転院の根拠を解析!

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/01/12 7:36

    麻央さん 頑張って としかいえませんが 奇跡を 願ってます

  2. 1
    ざきやま テルオ 2017/01/11 22:14

    小林麻央さん、テレビで元気そうな姿見ていましたけど、どんな気持ちでいるのかなぁと思うと涙がとまりません
    激しい痛みに耐えているのでしょうね病気に負けないでください。旦那さんも体を大切に頑張ってください。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事