OTHER

HEADLINE

石原プロが解散!?元常務が恨み節「渡哲也さん、一生お恨み申し上げます」

「今、語っておかないと、これまで40年間、石原プロで勤め上げてきた僕の人生に悔いが残ってしまう」

と語るのは、「石原プロモーション」元常務の仲川幸夫氏(77)である。


仲川幸夫氏

仲川氏が、設立者・石原裕次郎の未亡人であるまき子会長(83)から、配達証明郵便で“クビ”を宣告されたのは3月10日のことだった。

同月30日、石原プロは新役員人事を発表し、渡哲也(75)を「相談取締役」とした。これを知った仲川氏は、自身の退任に渡が関わっていたと察し、ショックを受けたという。

「僕の退任劇は昨年11月12日、渡さんの自宅で、会社の今後について話したところから始まったと思います」(仲川氏)

以前から会社を畳みたいと公言していた渡は、この日も“会社をまき子さんに返して自由にやってもらえばいい”とこぼし、石原プロを辞めると言い出したという。

会社を残したい仲川氏は当然慰留したが、これを機に渡との関係が悪化。その後、仲川氏の“失言”もあり、渡・まき子会長側との溝は決定的なものになる。

今回の役員人事は、会社を畳むための布石であると仲川氏は断言する。

「僕から直接話を聞かず、この仕打ちは本当にひどい。僕は渡さんを、一生お恨み申し上げます」(同)

石原プロの統括取締役・浅野謙治郎氏は、「渡さんの頭のなかに、解散という選択肢があるのは事実です」としたうえで、仲川氏の退任と解散との関係は否定するが――。

4月20日発売の「週刊新潮」にて、仲川氏の告発の詳細を掲載する。

[via:「週刊新潮」2017年4月27日号]
http://news.livedoor.com/article/detail/12956950/

渡哲也6年ぶり石原プロ役員に復帰[2017年3月31日]

俳優渡哲也が所属する石原プロモーションの役員に6年ぶりに復帰することが30日、分かった。4月1日付で、相談取締役に就任する。

故石原裕次郎さんの後を継ぎ、24年間務めた社長を2011年5月に退任し、一俳優に戻ったことを発表していた。

その際には「健康面と年齢を考えた結論です」と語っていた。渡が退いて以来、空席となっていた社長の役職は、今回の役員改正でも変わらず、誰も就任しない。

裕次郎さんの妻で、代表取締役会長の石原まき子さんを、渡がサポートしていく体制となる。

[via:スポニチ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/31/kiji/20170330s00041000487000c.html

ネットの反応

・大番頭が天国に行ったんだからそうなるわな
・21世紀の裕次郎とかやってたけど結局一本も映画作れなかったな
・もう金ないんだろ。しょうがないよ。稼ぎ頭がいないんだから。
・稼げるタレント舘ひろしくらいしかいないし先行き厳しいから事務所畳む方が賢明
 >意外に稼ぎ頭だったのは峰竜太 出てくとき微妙に揉めてた気が
・これで渡さんを悪者にして、っていうのは無理があるだろ?
・仲川の失言の内容が気になる
・自業自得じゃねぇか
・むしろ渡さんは石原プロのために身をささげてきただろ
・もう限界だろ自分が死んでから下が苦労する事を考えたんだろう
・だいたい77才なら自ら身を引けよ
・老兵は立ち去るのみ
・むしろ畳むの遅過ぎだろ。
・どんな失言したんだよ
・石原裕次郎が死んだあとも残って何十年も石原プロを支えてくれた渡に一生恨むってw
・潰されちゃったら俺の給料どうすんのって事でしょw
・記事見る限り完全な逆恨みにしか見えないんだけど
・一生恨むと言われても先が短いしなぁ
・今までさんざん良い思いをしてきた80近いジジイがお恨み申しますとか不快すぎて笑える。
・たけし「おいらも解散したいよ」

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/04/21 15:31

    小林さんも無くなられて自分いなくなった後に負の遺産を残して若い者に石原プロモーションに縛られて欲しくないと渡さんか思ってるのなら理解出来るしだからまき子さんも役員への復帰を望んだんでしょ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事